2018年04月23日

逮捕に備えて、ペットの世話を依頼することはできるか?

 逮捕の時期さえ分かれば、親族や友人・知人、業者にペットの世話を依頼することができる。問題は、実際の刑事事件では、逮捕の時期がよく分からないケースがほとんどだという点だ。
 逮捕前に、もしもの場合に備えてペットの世話の準備ができれば、逮捕後もペットのことで心配する必要がなくなる。あらかじめ自宅の貴重品等を整理し、ペットの世話をしてくれる人とのトラブルを防いでおくこともできる。ペットの世話は、家事代行サービスや、ペットシッター業等の業者に頼む方法があるが、事前に準備できるのであれば、サービスの内容や価格についてしっかり検討することもできる。
 逮捕の時期に関しては、私選の弁護士を立て、弁護士が警察と話し合いを重ねる中で、おおよその逮捕の時期を知ることができるケースもある。本当に犯罪を行ったのであれば、弁護士がご相談者と一緒に警察署に出向くなどして突然逮捕されることを防ぎ、スムーズにペットの世話を誰かに引き継ぐことができる。
 仮に突然逮捕されたとしても、事前に私選の弁護士を選任し、ペットの世話や留置場面会について方向性を固めておけば、逮捕直後に面会に来た弁護士にすぐに鍵を手渡せるので、逮捕期間中のペットの世話を充実させることができる。
 釈放された後に元気な姿のペットに会えるというのは、逮捕・勾留を乗りきるにあたって大きな心の支えになるものだ。
posted by IT難民 at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

飼主が1人暮らしの場合、誰がペットの世話をすることになるのか?

 1人暮らしの場合は、飼主が誰かに頼まない限り、誰もペットの世話をしてくれない。逮捕される心当たりがある人は、親族や友人・知人、業者に頼んで代わりにペットの世話をしてもらうことだ。
 この点、突然逮捕・勾留されてしまった場合でも、接見禁止(面会禁止)にならない限り、面会者に鍵を宅下げして、ペットの世話を依頼することができる。接見禁止(面会禁止)になった場合でも、弁護士に対してであれば鍵を渡せるので、弁護士を通じて家族や友人らに鍵を手渡すことが可能。
 ペットの世話で他人がご相談者の自宅に入る場合、自宅の鍵の受け渡しが必要となる。鍵は、留置場面会の際に宅下げ(たくさげ)という手続によって渡すことになる。ただし、自宅内の貴重品の紛失などについてトラブルとなることがないよう、信頼できる人・業者を選び、また、親族に自宅の貴重品を保管してもらうなどの対応をされたほうがいいだろう。
posted by IT難民 at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼主が1人暮らしの場合、誰がペットの世話をすることになるのか?

 1人暮らしの場合は、飼主が誰かに頼まない限り、誰もペットの世話をしてくれない。逮捕される心当たりがある人は、親族や友人・知人、業者に頼んで代わりにペットの世話をしてもらうことだ。
 この点、突然逮捕・勾留されてしまった場合でも、接見禁止(面会禁止)にならない限り、面会者に鍵を宅下げして、ペットの世話を依頼することができる。接見禁止(面会禁止)になった場合でも、弁護士に対してであれば鍵を渡せるので、弁護士を通じて家族や友人らに鍵を手渡すことが可能。
 ペットの世話で他人がご相談者の自宅に入る場合、自宅の鍵の受け渡しが必要となる。鍵は、留置場面会の際に宅下げ(たくさげ)という手続によって渡すことになる。ただし、自宅内の貴重品の紛失などについてトラブルとなることがないよう、信頼できる人・業者を選び、また、親族に自宅の貴重品を保管してもらうなどの対応をされたほうがいいだろう。
posted by IT難民 at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼主が1人暮らしの場合、誰がペットの世話をすることになるのか?

 1人暮らしの場合は、飼主が誰かに頼まない限り、誰もペットの世話をしてくれない。逮捕される心当たりがある人は、親族や友人・知人、業者に頼んで代わりにペットの世話をしてもらうことだ。
 この点、突然逮捕・勾留されてしまった場合でも、接見禁止(面会禁止)にならない限り、面会者に鍵を宅下げして、ペットの世話を依頼することができる。接見禁止(面会禁止)になった場合でも、弁護士に対してであれば鍵を渡せるので、弁護士を通じて家族や友人らに鍵を手渡すことが可能。
 ペットの世話で他人がご相談者の自宅に入る場合、自宅の鍵の受け渡しが必要となる。鍵は、留置場面会の際に宅下げ(たくさげ)という手続によって渡すことになる。ただし、自宅内の貴重品の紛失などについてトラブルとなることがないよう、信頼できる人・業者を選び、また、親族に自宅の貴重品を保管してもらうなどの対応をされたほうがいいだろう。
posted by IT難民 at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼主が1人暮らしの場合、誰がペットの世話をすることになるのか?

 1人暮らしの場合は、飼主が誰かに頼まない限り、誰もペットの世話をしてくれない。逮捕される心当たりがある人は、親族や友人・知人、業者に頼んで代わりにペットの世話をしてもらうことだ。
 この点、突然逮捕・勾留されてしまった場合でも、接見禁止(面会禁止)にならない限り、面会者に鍵を宅下げして、ペットの世話を依頼することができる。接見禁止(面会禁止)になった場合でも、弁護士に対してであれば鍵を渡せるので、弁護士を通じて家族や友人らに鍵を手渡すことが可能。
 ペットの世話で他人がご相談者の自宅に入る場合、自宅の鍵の受け渡しが必要となる。鍵は、留置場面会の際に宅下げ(たくさげ)という手続によって渡すことになる。ただし、自宅内の貴重品の紛失などについてトラブルとなることがないよう、信頼できる人・業者を選び、また、親族に自宅の貴重品を保管してもらうなどの対応をされたほうがいいだろう。
posted by IT難民 at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼主が1人暮らしの場合、誰がペットの世話をすることになるのか?

 1人暮らしの場合は、飼主が誰かに頼まない限り、誰もペットの世話をしてくれない。逮捕される心当たりがある人は、親族や友人・知人、業者に頼んで代わりにペットの世話をしてもらうことだ。
 この点、突然逮捕・勾留されてしまった場合でも、接見禁止(面会禁止)にならない限り、面会者に鍵を宅下げして、ペットの世話を依頼することができる。接見禁止(面会禁止)になった場合でも、弁護士に対してであれば鍵を渡せるので、弁護士を通じて家族や友人らに鍵を手渡すことが可能。
 ペットの世話で他人がご相談者の自宅に入る場合、自宅の鍵の受け渡しが必要となる。鍵は、留置場面会の際に宅下げ(たくさげ)という手続によって渡すことになる。ただし、自宅内の貴重品の紛失などについてトラブルとなることがないよう、信頼できる人・業者を選び、また、親族に自宅の貴重品を保管してもらうなどの対応をされたほうがいいだろう。
posted by IT難民 at 07:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院の待合室で他の犬と出会いがしらに噛まれたケース

 自分のペットが他のペットに襲われて怪我をした場合、原則として、怪我をさせたペットの飼主に対し、不法行為に基づき損害賠償を請求することができる(民法718条)。この賠償責任は、飼主が相当の注意義務を尽した場合には免除されるが、噛みついた犬の飼主は、待合室には他のペットがたくさんいたことは認識していたといえるので、他のペットに噛みつかないよう細心の注意を払うべきであり、賠償責任が免除されることはないといえる。ただ、噛まれた犬の飼主も、待合室が混雑していたとはいえ待合室にいたわけなので、診察室から出てきたペットと出会い頭の事故が発生することも予見できたといえるから、多少の落ち度があるといえ、過失相殺により損害賠償額は減額されるといえる。
 最後に、この場合、病院も管理者としての責任を問われる可能性がある。
 この点、コンビニエンスストアにおいて顧客が濡れた床に滑って転倒し怪我をしたケースについて、店舗は不特定多数の者に対して、商品を購入させて利益を上げる場所である以上、「不特定多数の者を呼び寄せて社会的接触に入った当事者間の信義則」に基づく安全管理上の義務としてコンビニエンスストアは床が滑らないような状態を保つ義務を負っていたにもかかわらず、この義務に違反したとして、損害賠償義務を認めた判決がある(大阪高裁平成13年7月31日判決)。
 このような考え方に基づけば、病院としても、自ら開院した病院に多数のペットが集まることは理解していたのだから、待合室が混雑して事故が予見できる場合は、臨時待合室を設置したり、事故発生防止のための張り紙をするなど、ある程度安全管理に必要な対策を立てる義務があると考える余地もある。
 このような義務が認められれば、怪我をしたペットの飼主は、病院が安全管理の義務を怠ったものとして、病院に対しても損害賠償を請求することが認められる可能性がある。
posted by IT難民 at 07:09| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

病院の待合室で他の犬と出会いがしらに噛まれたケース

 自分のペットが他のペットに襲われて怪我をした場合、原則として、怪我をさせたペットの飼主に対し、不法行為に基づき損害賠償を請求することができる(民法718条)。この賠償責任は、飼主が相当の注意義務を尽した場合には免除されるが、噛みついた犬の飼主は、待合室には他のペットがたくさんいたことは認識していたといえるので、他のペットに噛みつかないよう細心の注意を払うべきであり、賠償責任が免除されることはないといえる。ただ、噛まれた犬の飼主も、待合室が混雑していたとはいえ待合室にいたわけなので、診察室から出てきたペットと出会い頭の事故が発生することも予見できたといえるから、多少の落ち度があるといえ、過失相殺により損害賠償額は減額されるといえる。
 最後に、この場合、病院も管理者としての責任を問われる可能性がある。
 この点、コンビニエンスストアにおいて顧客が濡れた床に滑って転倒し怪我をしたケースについて、店舗は不特定多数の者に対して、商品を購入させて利益を上げる場所である以上、「不特定多数の者を呼び寄せて社会的接触に入った当事者間の信義則」に基づく安全管理上の義務としてコンビニエンスストアは床が滑らないような状態を保つ義務を負っていたにもかかわらず、この義務に違反したとして、損害賠償義務を認めた判決がある(大阪高裁平成13年7月31日判決)。
 このような考え方に基づけば、病院としても、自ら開院した病院に多数のペットが集まることは理解していたのだから、待合室が混雑して事故が予見できる場合は、臨時待合室を設置したり、事故発生防止のための張り紙をするなど、ある程度安全管理に必要な対策を立てる義務があると考える余地もある。
 このような義務が認められれば、怪我をしたペットの飼主は、病院が安全管理の義務を怠ったものとして、病院に対しても損害賠償を請求することが認められる可能性がある。
posted by IT難民 at 06:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

2人が大切に飼ったペットは、愛情が深いだけに話し合いも長引く

 2人で力を合わせてペットを飼育し、一緒に散歩に行ったり、ご飯をあげたり。家族同然に暮らしてきたペットなら、2人とも「ずっと一緒にいたい」と思うのが当然。こういうケースが、離婚の際にペットの問題で最もトラブルになりやすく、愛情が深いだけに話し合いも長引く。「私が引き取る」「いや、絶対に俺が引き取る」と、押し問答のような状態になってしまう夫婦も少なくない。
 それとは逆に、「夫は仕事に夢中で、ペットのことには無関心。仕方なく私が面倒をみていた」という場合は、妻が「自分が飼う」と言えば、すんなり受け入れられる可能性が大である。
 子供の親権もペットの所有権とよく似ているが、親権の場合は「子供を育てるには母親の存在が必要」ということで、母親に軍配が上がるケースがほとんど。ところがペットの場合は、飼主であれば父親でも母親でもかまわないので、所有できる可能性は半々。それだけに調停や裁判に進むと、激しいバトルになってしまう可能性が高いのだ。
 ペットをどちらが引き取るかを話し合う際、自分の感情だけで判断せずに、「ペットにとってどちらが幸せか」を考えてあげることが大切。
 たとえば、夫婦の間に4歳・2歳の子どもとペットがいて離婚をする場合、子供二人を母親が預かって育てるとなると、母親は育児と仕事で手一杯の状態になる。保育園の送り迎えもあり、当然朝から夜まで忙しく動き回らなければならないだろう。
 そこにさらに犬の飼育が加わると、非常に厳しい状況になることが予想できる。子供が病気にかかってしまうと、散歩もままならないだろう。かたや夫は残業のない勤務で、収入も安定し、土日祝日は休み。朝夕の散歩も欠かさずできるとなると、「夫側が引き取ったほうが良い」という判断もできる。
 逆に、夫が毎日残業で散歩もできないような状態であれば、妻が引き取ったほうが良いケースもある。お互いの事情を踏まえ、ペットの幸せを一番に考えて冷静な判断をすることが、話し合いをスムーズに進めるコツである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2人が大切に飼ったペットは、愛情が深いだけに話し合いも長引く

 2人で力を合わせてペットを飼育し、一緒に散歩に行ったり、ご飯をあげたり。家族同然に暮らしてきたペットなら、2人とも「ずっと一緒にいたい」と思うのが当然。こういうケースが、離婚の際にペットの問題で最もトラブルになりやすく、愛情が深いだけに話し合いも長引く。「私が引き取る」「いや、絶対に俺が引き取る」と、押し問答のような状態になってしまう夫婦も少なくない。
 それとは逆に、「夫は仕事に夢中で、ペットのことには無関心。仕方なく私が面倒をみていた」という場合は、妻が「自分が飼う」と言えば、すんなり受け入れられる可能性が大である。
 子供の親権もペットの所有権とよく似ているが、親権の場合は「子供を育てるには母親の存在が必要」ということで、母親に軍配が上がるケースがほとんど。ところがペットの場合は、飼主であれば父親でも母親でもかまわないので、所有できる可能性は半々。それだけに調停や裁判に進むと、激しいバトルになってしまう可能性が高いのだ。
 ペットをどちらが引き取るかを話し合う際、自分の感情だけで判断せずに、「ペットにとってどちらが幸せか」を考えてあげることが大切。
 たとえば、夫婦の間に4歳・2歳の子どもとペットがいて離婚をする場合、子供二人を母親が預かって育てるとなると、母親は育児と仕事で手一杯の状態になる。保育園の送り迎えもあり、当然朝から夜まで忙しく動き回らなければならないだろう。
 そこにさらに犬の飼育が加わると、非常に厳しい状況になることが予想できる。子供が病気にかかってしまうと、散歩もままならないだろう。かたや夫は残業のない勤務で、収入も安定し、土日祝日は休み。朝夕の散歩も欠かさずできるとなると、「夫側が引き取ったほうが良い」という判断もできる。
 逆に、夫が毎日残業で散歩もできないような状態であれば、妻が引き取ったほうが良いケースもある。お互いの事情を踏まえ、ペットの幸せを一番に考えて冷静な判断をすることが、話し合いをスムーズに進めるコツである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする