2017年12月22日

犬の平均寿命

 日本国内でも人気のある、ミニチュアダックスやトイプードル、チワワといった小型犬は、12歳〜15歳程度が平均寿命とされているのに対し、グレードデーンは6〜8歳、ゴールデン・レトリバーは10〜13歳と、大型犬・超大型犬のほうが、寿命は短い。
 大型犬は小型犬・中型犬に比べて平均寿命が短いのは、老いるスピードが早いことや、身体の大きさと内臓機能のバランスが悪く、疾患が起こりやすいという説が有力なのだが、長生きする大型犬もたくさんいれば、短命の小型犬だってたくさんいるので、一口にまとめられる話ではない。特に、昨今では食餌環境の改善や予防医学的な考えも浸透し、犬の寿命は延びてきていると言える。
posted by IT難民 at 06:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盲導犬の一生

・繁殖
 盲導犬の育成には、まず、盲導犬に向いた性格の繁殖犬を確保することから始まる。繁殖犬は、繁殖犬ボランティアのもとで普段は生活している。
・仔犬時代
 子犬は、生後2ヵ月まで母犬や兄弟達と暮らし、その後、パピー・ファミリーと呼ばれるボランティアのもとで1歳になるまでの約10ヵ月間育てられる。愛情をいっぱい受けて育つことで人に対する信頼感を育み、そして人の社会で生活するマナーを身に付ける。
・候補犬になるまで
 1歳になると訓練センターへ戻ってくるが、人でいえば17歳程になっている。体も成犬と同じぐらいに成長している。訓練センターではまず最初に、盲導犬に向いているかどうかの適性評価を3週間かけて行う。住宅街や商店街を歩き、他の犬や猫に気を取られすぎないか、新しい場所で落ち着いていられるか、極端に恐がったり、興奮したりしないか等を見る。この適性評価で盲導犬に向くと判断され候補犬になるのは約4割程度。盲導犬に向かなかった犬は、一般の家庭でペットとして暮らす。
・訓練
 候補犬は、座れ、伏せ、待てなどの基本訓練や、交差点や段差で止まったり障害物をよけて歩く誘導訓練を約10ヵ月間勉強する。
・共同訓練
 基本訓練や誘導訓練が終了した候補犬は、いよいよ将来の主人となる目の不自由な方との1ヵ月に渡る共同訓練に入る。この共同訓練期間中に目の不自由な方は、犬との信頼関係の基礎を築きながら、犬の飼育方法(食事・トイレ・手入れの世話等)や、歩行の基本を勉強する。
・卒業後
 共同訓練が終わり、目の不自由な方に渡って初めて盲導犬が誕生する。そして、卒業してからの1年間が、ユーザーと盲導犬にとって、とても大切な期間になる。ユーザーも盲導犬も初めてのことばかりで戸惑うことがたくさんある。いろいろなことを経験しながら少しずつ時間をかけお互いの信頼関係を築いていく。この期間協会職員は、定期的に自宅を訪問し、よりスムーズに新しい生活が送れるようサポートする。盲導犬として活動できる期間は、2歳から10歳までの約8年間。犬の年齢で10歳は、人に換算すると約60歳ぐらいだ。
・引退とその後
 10歳を過ぎた盲導犬は引退し、引退犬ボランティアのもとで余生を送る。引退犬ボランティアには、一般の家庭のほか、ユーザーが引き続き飼育する場合や、仔犬の頃育ててもらった元パピー・ファミリーの家庭で余生を送る場合もある。盲導犬として多く使われているラブラドールの寿命は、13歳から15歳程だが、引退した盲導犬も寿命は変わらない。
posted by IT難民 at 06:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする