2018年01月01日

犬が生きがいにしていることは何か?

人間のように目標もなく、普通に暮らすだけで、生きがいを感じているのか。
 生きがいというのは、何かの目標を充足して満足感を得られることであろう。 残念ながら、犬の目標は「生命を保ち続ける」ということであり、生きがいを感じる対象ではない。
 もちろん、「飼主(or群れのリーダー、年長者)にほめられるとうれしいという感情は持っているが、それのみの単体の存在であり、ほめられることを目標に生きているとは考えられない。
 したがって、犬には目標を充足して生きがいを得ようというスタンスはない…はずだ。
 ただし、だからといって犬の生活が無味乾燥なわけではない。飼主との信頼関係の中で暮らし、飼主から褒めてもらうことができれば、その都度、喜びとなって犬の精神を満たしてくれるだろう。犬を褒めてあげよう。
posted by IT難民 at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お宅の子は何歳?ペットの年齢換算表1 犬猫と人間の年齢は違う

 人間の年齢は1年に1歳という数え方をする。これは、カレンダーや年表といった月日を確認するものさえあれば誰でも同じく歳を重ねていることが確認できる。
人間にとって、1年に1つ歳をとるということは当たり前のことなのでつい忘れてしまいがちだが、動物の加齢のしかたは人間のそれとは大きく異なるす。
 人間と犬猫は種族が違うので年齢も違ってくるというのはわかりやすいが、驚くべきことに同じ犬であっても大型犬と中〜小型犬では数え方がまた違ってくる。
 猫という生き物は基本的にどんな種類であっても同じような体をしているのに対し、犬にはさまざまな大きさ、形などがあってバラバラだ。これを犬といってひとくくりにするのは無理があるのかもしれない。
posted by IT難民 at 07:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

お宅の子は何歳?ペットの年齢換算表1 犬猫と人間の年齢は違う

 人間の年齢は1年に1歳という数え方をする。これは、カレンダーや年表といった月日を確認するものさえあれば誰でも同じく歳を重ねていることが確認できる。
人間にとって、1年に1つ歳をとるということは当たり前のことなのでつい忘れてしまいがちだが、動物の加齢のしかたは人間のそれとは大きく異なるす。
 人間と犬猫は種族が違うので年齢も違ってくるというのはわかりやすいが、驚くべきことに同じ犬であっても大型犬と中〜小型犬では数え方がまた違ってくる。
 猫という生き物は基本的にどんな種類であっても同じような体をしているのに対し、犬にはさまざまな大きさ、形などがあってバラバラだ。これを犬といってひとくくりにするのは無理があるのかもしれない。
posted by IT難民 at 10:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お宅の子は何歳?ペットの年齢換算表2 大型犬と人間の年齢

 大型犬の年齢はどうなっているのか。見てみよう。
犬 −人間
20日=1歳
1年 =12歳
2年 =19歳
大型犬は、2年とちょっとで大人になる。ペットショップなどでかわいいと思ったあどけない姿はすぐに精悍な姿へと変わる。
子犬のかわいさだけでなく、大きくなってからの姿も思い浮かべた上で飼う決断をしたい。
3年 =26歳
4年 =33歳
 大型犬の若さは5年以内が最高潮になる。大変かもしれないが思い切り遊んであげよう。
5年 =40歳
6年 =47歳
7年 =54歳
8年 =61歳
生まれてすぐから8年も一緒にいると、もうだんだんと老齢の域に入ってくる。だんだん衰えが見えてくるので、きちんとケアしよう。
9年 =68歳
10年=75歳
だんだん「お迎え」を想定しておいたほうがよい年頃になる。
11年=82歳
12年=89歳
13年=96歳
14年=103歳
15年=110歳
16年=117歳
17年=124歳
18年=131歳
19年=138歳
20年=145歳
 ちなみに平均寿命は10年程度で、人間でいうなら75歳。犬のほうがずっと加齢のしかたが急速だが、年齢を観ると人間と大体同じだ。
posted by IT難民 at 10:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

お宅の子は何歳?ペットの年齢換算表2 大型犬と人間の年齢

 大型犬の年齢はどうなっているのか。見てみよう。
犬 −人間
20日=1歳
1年 =12歳
2年 =19歳
大型犬は、2年とちょっとで大人になる。ペットショップなどでかわいいと思ったあどけない姿はすぐに精悍な姿へと変わる。
子犬のかわいさだけでなく、大きくなってからの姿も思い浮かべた上で飼う決断をしたい。
3年 =26歳
4年 =33歳
 大型犬の若さは5年以内が最高潮になる。大変かもしれないが思い切り遊んであげよう。
5年 =40歳
6年 =47歳
7年 =54歳
8年 =61歳
生まれてすぐから8年も一緒にいると、もうだんだんと老齢の域に入ってくる。だんだん衰えが見えてくるので、きちんとケアしよう。
9年 =68歳
10年=75歳
だんだん「お迎え」を想定しておいたほうがよい年頃になる。
11年=82歳
12年=89歳
13年=96歳
14年=103歳
15年=110歳
16年=117歳
17年=124歳
18年=131歳
19年=138歳
20年=145歳
 ちなみに平均寿命は10年程度で、人間でいうなら75歳。犬のほうがずっと加齢のしかたが急速だが、年齢を観ると人間と大体同じだ。
posted by IT難民 at 09:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お宅の子は何歳?ペットの年齢換算表3 小型犬・猫と人間の年齢

小型犬や猫の年齢はどのようになっているのか。
 20日=1歳
小型犬や犬も、生まれて20日目頃に1歳になる。これから加齢のしかたに差が出てくる。
 100日=5歳
 200日=9歳
 300日=13歳
 1年 =18歳
  大型犬が12歳になるころ、小型犬は18歳になる。。体が小さいので成長も早くなっている。
 2年 =24歳
 3年 =28歳
 4年 =32歳
 5年 =36歳
 6年 =40歳
大型犬は5年で40歳になるが、小型のものは6年で40歳になる。小型のほうが早くおとなになるが、早く歳をとるというわけではないようだ。若い時期が長いのだ。
 7年 =44歳
 8年 =48歳
 9年 =52歳
 10年=56歳
 11年=60歳
 11年目で還暦を迎える小型犬と猫。大型犬は8年目で61歳になるので、やはり体が小さいと加齢はゆっくりになるようだ。だんだんと体のおとろえが目立ってくるころだ。
 12年=64歳
 13年=68歳
 14年=72歳
 15年=76歳
 16年=80歳
 大型犬は11年目で82歳、小型犬・猫は16年で80歳。
 小型犬や猫の寿命は大まかに言って10〜16年程度であとは種類や個体差、生活習慣や医療によって異なる。
 犬猫ともに、このぐらいの年齢になるとお迎えがくることを想定してよいだろう。
 17年=84歳
 18年=88歳
 19年=92歳
 20年=96歳
 犬や猫の最高齢記録はいろいろなデータがあるし世界各地にいて変動があるが、この表では足りないぐらい長寿なものもいるようだ。
posted by IT難民 at 09:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

人間よりは短命、でも20年ぐらいは想定して

 犬や猫といったペットたちは家族の一員のように過ごす存在ではあるが、人間よりずっと短命な生き物たちである。
 と同時に、20年前後は生きる可能性があることも事実。世の中には、途中で飼育を放棄されたペットたちがたくさんいて、保健所で無垢な命が処分されたりしている。
 まず飼うことを決める前に、そのぐらい長期でつきあえるかどうか、面倒を見きるつもりがあるかどうか、一度落ち着いて真剣に考えてみることが大切である。
posted by IT難民 at 07:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

人間よりは短命、でも20年ぐらいは想定して

 犬や猫といったペットたちは家族の一員のように過ごす存在ではあるが、人間よりずっと短命な生き物たちである。
 と同時に、20年前後は生きる可能性があることも事実。世の中には、途中で飼育を放棄されたペットたちがたくさんいて、保健所で無垢な命が処分されたりしている。
 まず飼うことを決める前に、そのぐらい長期でつきあえるかどうか、面倒を見きるつもりがあるかどうか、一度落ち着いて真剣に考えてみることが大切である。
posted by IT難民 at 09:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護動物以外の販売は禁止! カリフォルニア州がペットショップに規制

 アメリカ、カリフォルニア州では2019年1月以降、ペットショップは、アニマルシェルターもしくはレスキューセンターなどの動物保護施設から受け入れた子犬、ウサギ、子猫以外を販売することができなくなる。違反すると、500ドル(約5万6000円)の罰金が課される。
 ニューヨーク・タイムズによると、カリフォルニア州の住民は、その後も個別のブリーダーからペットを購入することは可能だ。
 こうした州単位での法規制が成立したのは、アメリカではカリフォルニア州が初めて。だが、同様の規制は、すでに多くの市や郡単位で実施されていて、今回の法規制もその流れに続くものだ。
 ペットショップの経営者は、これがさらなる経営不振につながるのではないかと恐れている。
 「意図するところは正しいが、長期的な展望に基づくものではない」
 ペットショップを経営するボリス・ジャン(Boris Jang)氏は、ニューヨーク・タイムズに語った。同氏が取り扱う犬のおよそ半分は、すでにシェルターもしくはレスキューセンターから受け入れている。しかし、今回の法律によって、賃料の支払いができなくなるのではないかと懸念している。
 業界団体PIJACの会長マイク・ボバー(Mike Bober)氏も同様の考えで、「意図は良いが、やり方が間違っている」と最近の動画で語っている。同氏はまた、今回の法律が、ペットショップの経営者や従業員たちの雇用を脅かすのではないかと考えている。
 カリフォルニア州のこの法規制は、動物がペットショップに売られるまでの現状に対し、長期にわたって懸念を示してきた活動家の支援を受けたものだ。カリフォルニア州議会の概況報告書は、「多くの場合、犬の繁殖施設は狭く、不衛生で、必要な食べ物や水、コミュニケーション、医療が与えられておらず」、このような環境で育った動物たちは「さまざまな健康問題に直面することが多い」と指摘する。
 これを支持するアメリカ動物虐待防止協会(The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals)は、最近公開されたブログにこう綴っている。
 「この法律は、一般的な動物の福祉を求める動きが、地域レベルから州レベルに発展する可能性を示すものであり、(動物に対する)思いやりに価値を置く文化を作る希望を与えてくれる」
posted by IT難民 at 09:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

行政による犬猫の引き取り

 動物の愛護管理法では、犬や猫の飼主が、何らかの事情で飼育ができなくなり行政に持っていくと、行政はこれを引き取らなければならないとしている(第18条)。
 これは動物を飼えなくなった飼主が動物を捨ててしまうことが多いということの対策として設けられた規定である。特に犬については、捨てられてから行政が捕獲に乗り出すより、むしろ飼主自ら保健所などに持ち込んでもらったほうが労力の削減になるという考えもあったようだ。そのためほとんどの自治体では、犬猫の引き取りを無料で行っており、不用犬猫の回収のための巡回サービスも行われている。
 積極的な引き取りは、確かに犬の捕獲数を減少させるのに役立ってきたのかもしれないが、他方では、飼えなくなったら保健所にただで引き取ってもらえばいいといった安易な風潮を作り出すことにもなった。これからの動物行政は、飼主にその理由を聞いて、飼育放棄の原因をさぐり、対策を取ろるべきではないだろうか。
posted by IT難民 at 09:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

東京都が犬猫譲渡情報サイト開設

 ペットフード協会の調べによると、2017年10月現在で全国20〜70代による犬の飼育数は892万匹、猫は952万6000匹となり、今年初めて猫が犬の数を上回った。日本では長い間、ペットとして人気を保っている動物だ。
 一方で、今も多くの犬や猫が自治体に引き取られ、「殺処分」されている。東京都ではこうした状況に歯止めをかけるため、施設に引き取られた犬猫をウェブサイトで紹介し、飼主を探す取り組みを始めた。
 環境省動物愛護管理室によると、2016年に殺処分となった犬と猫の数は5万5998匹。10年前と比べると6分の1ほどに減ったが、それでも6万匹近くが犠牲となっている。逆に返還・譲渡率は50.4%となり、記録が公開されている1974年以降で最も高い数字となった。これは望ましい傾向といえよう。
 譲渡とは、新たな飼主が、各地の動物愛護センターやボランティア団体が保護している動物を譲り受けること。同センターでは定期的に「譲渡会」を開催している。各自治体のウェブサイトでは、こうした情報を掲載しているケースが多く見受けられる。
 東京都動物愛護相談センターが17年11月22日に開設した「ワンニャンとうきょう」では、動物の譲渡の流れから犬猫と一緒に暮らすためのポイントのほか、ボランティア団体の譲渡会情報をまとめて閲覧できる。10月末時点で東京都に登録されているのは49団体で、それぞれが開催する譲渡会の日程や場所、連絡先の情報が1ページにまとまっており探しやすい。都動物愛護相談センターの情報も別途掲載されている。
 飼主による飼育体験談も紹介されていて、参考になる。一方で譲渡を受けるための条件として、「飼うことを家族全員が賛成している方」「最期まで責任を持って飼い続けることができる方」「動物に不妊去勢手術による繁殖制限措置を確実に実施できる方」など9項目を挙げている。譲渡事前講習会の受講も課している。安易な気持ではなく、きちんと世話ができる人を探しているのだ。
 「ワンニャンとうきょう」では、譲渡可能な犬猫を写真付きで紹介している。名前や現在管理している場所も分かる。12月28日時点で犬は1匹、猫は掲載情報がなかった。
 東京都の小池百合子知事は、2019年度までに犬猫の殺処分ゼロを掲げている。16年度は犬の処分数でゼロを達成したが、猫は94匹いた。「ワンニャンとうきょう」のような取り組みで、殺処分ゼロへの動きを加速したいところだ。

posted by IT難民 at 08:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

動物業者による保護センターへの持ち込み

 近年、ペットショップやブリーダーなどの業者が、犬を行政に持ち込むケースが増えている。テレビでもよく取り上げられる「ペットブームの裏側」で、ただ子犬を産ませるためだけに飼育し、産めなくなったら捨てるという繁殖業者は事実少なくない。これを調べようと、先日大阪市へ情報開示請求をして「飼い犬引取申請書」を入手した。これによると、狂犬病予防法による登録や予防注射もなしに飼育し、安易に何頭も保健所へ引取申請をしている例がいくつもあることがわかる(繁殖業者である可能性が高い)。登録や注射をしていないことは狂犬病予防法違反であるにも関わらず、行政側が何ら咎めもせずに引き取っているとしたら問題ではないか。
 各地の自治体に開示請求をすることを依頼したところ、神奈川県動物保護センターの「動物引取申出書」の情報開示された。
 飼えなくなった理由は、飼主の都合や勝手な理由でセンターに持ち込まれていることが一目瞭然となった。例えば、「凶暴」、「おとなしすぎる」、「犬が病気になった」、「犬が高齢となった」、そして「産まれてしまった」という理由。子犬はまだ一般譲渡の可能性があるが、犬が高齢、病気という場合には、ほとんどが殺処分される。15歳以上、中には19歳の犬もいて、そこまで一緒に生活をしてきて、なぜセンターへ持ち込むことができるのか。それまでの飼育環境がどういうものであったかを考えると、虐待の可能性すらある。以下に、なぜ動物を飼えなくなったのか、主な「飼養できない理由」(飼主が記入)の一部を列挙する。
■飼主の都合
 *世話ができない
 *飼いきれない
 *飼主の死去
*日常生活に支障をきたしている
 *飼主高齢のため
 *離婚
*病人あり
 *老人病気
*母の痴呆がひどい
 *親の面倒をみなくてはならない
 *飼主の老齢化
*子供のアレルギー
*小さい子どもがいる
*孫が喘息になり飼えなくなった
*アパートのため
*一戸建てでなくなる 
*引っ越し先が公団
*引っ越しで飼えない
*飼主が入院
*夫単身赴任、妻喘息入院
*忙しくて面倒見切れない
*家庭の事情
*独り暮らしで不在が多い
*会社勤め
*飼主が老人ホームに入った
*世話をする人がいない
*飼主入退院繰り返し散歩不可能
*年金生活で犬を入院させられない 
■犬の状況
*成犬でもらいなつかず給餌不可能
*育てるのが困難
*家族になじめない 
*夜鳴き
*家族を咬んだ
*雷の時に暴れる
*狂暴
*咬み癖
*暴れる
*家族を咬む
*小さい頃のトラウマがあり咬み癖
*飼主に従わずこれ以上飼えない
*おとなしすぎる
*家の中を汚す
*脱走する 
*皮膚病
*犬が皮膚病で手に負えない
*24時間吠えている
*散歩できない
*老衰
*高齢(ボケ)
*ガン
*ケガ
*子犬産まれる
*多すぎる
*たくさん産まれたため 
*現在2匹いるので多すぎる
*増えすぎた
*多頭飼育
posted by IT難民 at 07:01| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

「引き取り依頼書」のチェックを!

 「動物引取申出書」は、各自治体によって形式が異なる。自治体によっては、引き取りの際、「飼養できない理由」を聞かないところもあるが、これでは殺処分を減らす対策も取れないことになるのだ。一方、平成15年度より、茨城県では地元ボランティアの方の働きかけで以下のように画期的な書式を導入している。他の地域でもこのような形式とするよう、働きかけていただきたい。
<茨城県:引き取りの際の質問項目>
•放棄した犬・ねこは、明日、炭酸ガスにより処分(殺すこと)されることを知っていますか。
•かわいい犬・猫を手放すことを家族で話し合いましたか。
•新しい飼主をさがしてみましたか。
•親犬・親ねこの避妊や去勢手術を行って下さい。
•二度と所有権を放棄するようなことがないように、動物を飼うときは良く考えてください。
•放棄の理由:
 ※引き取った犬・ねこは、県が処分をしますが、所有者のあなたが処分することと同じです。
posted by IT難民 at 05:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

飼育実態調査 犬、猫に逆転許さず

 一般社団法人ペットフード協会の2016年の犬と猫の飼育実態調査の結果では、犬の飼育数が猫をわずかに上回った。猫ブームでそろそろ犬の飼育数を超えるのでは、と期待されたが逆転を許さなかった。
全国の推計飼育数は、犬が約987万8000匹(前年比約3万9000匹減)、猫が約984万7000匹(同約2万7000匹減)。かつては犬が圧倒的に多かったが、差は年々縮まっている。犬は11年に比べると17%も減った。猫はほぼ横ばいのまま推移している。
 ペットフード協会の石山恒会長は「1人暮らし世帯が増える中で、犬は散歩、トイレや鳴き声のしつけといった飼いづらさが猫よりはある。世界的な流れとして、女性の社会進出が進むにつれ猫の飼育数が増える傾向を示す調査もある」と言う。
 調査は、ペットフード協会が昨年9月にインターネットで犬と猫の飼育状況のサンプルを5万人分集め、総務省発表の世帯数から飼育数を推計した。
posted by IT難民 at 06:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

飼育実態調査 犬、猫に逆転許さず

 一般社団法人ペットフード協会の2016年の犬と猫の飼育実態調査の結果では、犬の飼育数が猫をわずかに上回った。猫ブームでそろそろ犬の飼育数を超えるのでは、と期待されたが逆転を許さなかった。
全国の推計飼育数は、犬が約987万8000匹(前年比約3万9000匹減)、猫が約984万7000匹(同約2万7000匹減)。かつては犬が圧倒的に多かったが、差は年々縮まっている。犬は11年に比べると17%も減った。猫はほぼ横ばいのまま推移している。
 ペットフード協会の石山恒会長は「1人暮らし世帯が増える中で、犬は散歩、トイレや鳴き声のしつけといった飼いづらさが猫よりはある。世界的な流れとして、女性の社会進出が進むにつれ猫の飼育数が増える傾向を示す調査もある」と言う。
 調査は、ペットフード協会が昨年9月にインターネットで犬と猫の飼育状況のサンプルを5万人分集め、総務省発表の世帯数から飼育数を推計した。
posted by IT難民 at 07:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの食事について知ろう!

 現在ドッグフードやキャットフードには、たくさんの種類がある。ペットの年齢に合わせて選ぶもの、体重管理を目的にしたもの、形状はウェットもあればドライや半生もある…など、まさにさまざま。大切なペットに最適なフードを与えるためにはどのように選べばいいのか。
上手なペットフードの選び方や正しい食事の与え方など、ペットの食事について知っておこう。
 ペットフードは大きく分けてドライタイプ、ソフトドライタイプ、セミモイストタイプ、ウェットタイプの4種類に分けられる。缶詰などに入ったウェットタイプ(水分量:通常75%程度)は嗜好性が高く、開けなければ保存性が高い商品だ。
 ドライフード(水分量:通常10%程度以下)はウェットフードより日持ちはしないが、軽いため持ち運びしやすい商品。ソフトドライタイプやセミモイストタイプのフード(いずれも水分量25〜35%程度)はウェットフードとドライフードのよいところを取って、軽くて運びやすい上に嗜好性も高めてあるが、保存性はあまり高くなく、短期間で使い切る必要がある。
 どのフードを選ぶにしてもパッケージのどこかに「総合栄養食」という記載があるものを選ぶことだ。総合栄養食とは、それと水を与えるだけで指定された成長段階における健康を維持できるような栄養的にバランスのとれた製品なのだ。
posted by IT難民 at 07:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

ペットの年齢や体重に合わせてペットフードを選ぼう!

 動物医療の進歩に伴い、愛犬や愛猫の寿命は近年、飛躍的に延びているといえる。寿命が延びるということは、体が必要とするカロリーや栄養素なども加齢に伴って変化していくということだ。犬や猫もライフステージに応じて食事を変えていく必要がある。
 また、室内飼いのペットの場合、とくに気をつけたいのが肥満。太りすぎが気になるようなら、体重管理を目的にした低カロリータイプのフードを選んだほうがいいかもしれない。まずは飼主が愛犬や愛猫が、いま何歳であるかを認識し、適正な体重を維持できているのかどうかをきちんと知るべきなのである。
年齢や体調に合ったペットフード
哺乳期・離乳期
 生後0〜30日頃までの母乳を飲んでいる時期を哺乳期と呼ぶ。
 子犬や子猫は「食べて、寝る」という生活をする。必要な栄養素は母親の母乳から取り入れるが、母親の母乳が十分に出なかったり、兄弟が多くて十分な母乳を飲むことができない場合は、子犬・子猫それぞれの栄養量を満たす代用乳を与える。 離乳期には、成長期用のフードをお湯かペット用ミルク(下痢の原因となるラクトースを含まない)で柔らかくふやかすか、専用の離乳食を与えるようにする。
成長期
 生後12ヵ月(大型犬までは1歳半、超小型犬では10ヵ月齢)までは成長期用のペットフードになり、グロース、パピー、キトンなどの名前がついていることが多い。体が成長するために必要なタンパク質、脂肪、ミネラルを多く含み、全ライフステージ中、最も高カロリー・高栄養食だ。また、消化が良いように繊維質や粗灰分は少なめになっている。しっかりとした骨と丈夫な筋肉を作るために適した栄養のバランスになっている。消化機能はまだ未熟で胃も小さいため、一度にたくさんの量が食べられない。生後半年頃までは食事を3〜4回に分けて少しずつ与えよう。
維持期
 猫や小・中型犬では1〜7歳くらいまでを、大型犬では2〜6歳くらいまでの時期を維持期と呼ぶ。1歳を過ぎたら成犬または成猫用食となり、アダルト、メンテナンスなどの名前がついている。一生の半分はこの時期となるため、大切な食生活となる。バランスのとれた良質な食事を取ることが健康に大きくつながる。
高齢期
 個体差があるので高齢期の年齢は一概には言えないが、維持期を過ぎると高齢期になる。フードでは高齢期に適切な栄養成分が入った「高齢用」「シニア」などと書かれたものを与えるようにする。犬も猫も高齢になると運動量が減り、老化とともに身体機能が衰えてくる。よって基礎代謝が低下するのに伴い、必要なエネルギー量も20%ほど低下する。維持期と同じ食事では太る原因となったり、内臓に負担がかかったりしかねない。高齢期に合った栄養バランスを考えて、脂肪分を控え、低カロリーで胃腸に負担がかからず消化吸収のいいフードに替えていく。
posted by IT難民 at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

療法食

 フードに含まれる栄養バランスが予防や悪化防止として重要となる病気が多く存在する。例えば、尿石症と呼ばれる膀胱や尿道、腎臓などに結石ができてしまう病気に対しては、ミネラルバランスを調整し、尿のpHをコントロールする療法食を食べさせることが尿石の溶解や再発防止としてとても重要。他にも腎不全や糖尿病の悪化を防止するためのフードや、皮膚や関節に良い成分を加えたフードなどが療法食として作られているので、持病のあるペットは獣医師と相談しながらフードを選ぶべきではないだろうか。
posted by IT難民 at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

食事は1日に1回でもいいのか?

 維持期では、食事の回数は1日1回の食事でも1日に必要なエネルギー量を消化吸収できる能力があるといえる。 しかし、一度に大量のフードを摂取すると胃腸への負担も大きく、また空腹時間が長いと、体が飢餓状態と判断して吸収率が高まるため太りやすくなる。さらに、胃の空腹時間が長くなると、胃液や胆汁をもどしやすくもなるので、基本的には1日数回に分けて与えるのがいい。
posted by IT難民 at 06:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

食事は1日に1回でもいいのか?

 維持期では、食事の回数は1日1回の食事でも1日に必要なエネルギー量を消化吸収できる能力があるといえる。 しかし、一度に大量のフードを摂取すると胃腸への負担も大きく、また空腹時間が長いと、体が飢餓状態と判断して吸収率が高まるため太りやすくなる。さらに、胃の空腹時間が長くなると、胃液や胆汁をもどしやすくもなるので、基本的には1日数回に分けて与えるのがいい。
posted by IT難民 at 06:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットフード選びは健康維持

 ペットは自分でペットフードを選ぶことができない。飼主がきちんと正しい知識を持ってペットフードを選び、適切な与え方をしなくてはいけない。犬や猫のライフステージによって、必要なカロリーや栄養は違ってくる。今の年齢や体重にあった食事内容を選び、ペットが健康に過ごせるようにしなければいけない。
posted by IT難民 at 06:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

ペットフード選びは健康維持

 ペットは自分でペットフードを選ぶことができない。飼主がきちんと正しい知識を持ってペットフードを選び、適切な与え方をしなくてはいけない。犬や猫のライフステージによって、必要なカロリーや栄養は違ってくる。今の年齢や体重にあった食事内容を選び、ペットが健康に過ごせるようにしなければいけない。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

療法食を購入するときには注意が必要!

 療法食を購入するときには注意が必要である。療法食は薬ではないが、ペットの状態や症状に合わせて栄養バランスを調整したフード。ペットの状態や症状に合わせて栄養素バランスを調整しているということは、言い換えれば健康な犬や猫にとって必要な栄養素が足りなかったりすることでもある。だから、飼主が自分の判断で勝手に選んで与えたり、与えるのをやめたりすると、かえって動物の健康に好ましくない影響を与えるおそれがある。「療法食には病名が書いてあるのだから、ペットの病名がわかれば自分で選べるのではないか」と思われるかもしれない。でも、ひと口に心臓が悪いといっても、その病気の状態や段階によって、必要な栄養素や与えてはいけない栄養素が変わってくるため、専門的な知識がなくては適切な療法食は選べない。
 また、療法食は、総合栄養食と違って健康なペットにとって必要な栄養がまんべんなく配合されているわけではないので、健康な犬や猫に「予防のために」と与えるものではない。療法食は病気の状態に合わせて栄養バランスを調整しているので、病気ではない健康な動物に与えていると、逆に栄養が偏って健康に好ましくない影響が起こりかねない。また、食事を療法食に切り替えても、おやつをたくさん与えていたりすると、せっかく療法食で調整した栄養のバランスが崩れてしまう。おやつは基本的に与えないか、獣医師に相談しよう。
 さらに、ペットの状態に応じて療法食の変更が必要な場合もあるので、続けて使用する場合も必ず定期的にかかりつけの獣医師の診察を受けよう。減量のために療法食を与えている場合には、正しい給与量を守ることはとても大切。ついつい与え過ぎてしまいがちなので、与え過ぎていないか給与量には注意しよう。
posted by IT難民 at 06:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

療法食を購入するときには注意が必要!

 療法食を購入するときには注意が必要である。療法食は薬ではないが、ペットの状態や症状に合わせて栄養バランスを調整したフード。ペットの状態や症状に合わせて栄養素バランスを調整しているということは、言い換えれば健康な犬や猫にとって必要な栄養素が足りなかったりすることでもある。だから、飼主が自分の判断で勝手に選んで与えたり、与えるのをやめたりすると、かえって動物の健康に好ましくない影響を与えるおそれがある。「療法食には病名が書いてあるのだから、ペットの病名がわかれば自分で選べるのではないか」と思われるかもしれない。でも、ひと口に心臓が悪いといっても、その病気の状態や段階によって、必要な栄養素や与えてはいけない栄養素が変わってくるため、専門的な知識がなくては適切な療法食は選べない。
 また、療法食は、総合栄養食と違って健康なペットにとって必要な栄養がまんべんなく配合されているわけではないので、健康な犬や猫に「予防のために」と与えるものではない。療法食は病気の状態に合わせて栄養バランスを調整しているので、病気ではない健康な動物に与えていると、逆に栄養が偏って健康に好ましくない影響が起こりかねない。また、食事を療法食に切り替えても、おやつをたくさん与えていたりすると、せっかく療法食で調整した栄養のバランスが崩れてしまう。おやつは基本的に与えないか、獣医師に相談しよう。
 さらに、ペットの状態に応じて療法食の変更が必要な場合もあるので、続けて使用する場合も必ず定期的にかかりつけの獣医師の診察を受けよう。減量のために療法食を与えている場合には、正しい給与量を守ることはとても大切。ついつい与え過ぎてしまいがちなので、与え過ぎていないか給与量には注意しよう。
posted by IT難民 at 06:02| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

待合室ではペットが落ち着いていられる配慮を!

 動物病院に着いたら、受付を済ませた後、診察まで待合室で待つのが一般的。待合室には、診察を待っている他のペット、または診察が終わったペットがいるかもしれない。お互いのペットが興奮しないような配慮が大切。
 猫を連れて行ったときに待合室に犬を連れた人がいる場合、または犬を連れて行ったときに待合室に猫がいる場合で不安なときは、距離をあけたり外で待つなどの工夫をしてみよう。具合の悪い犬を興奮させるのはよくないし、どちらかが感染症の場合もあるため、犬同士であっても、お互いの接触は避けたいもの。小型犬の場合はなるべくキャリーバッグを利用しよう。キャリーバッグに入れて行った場合は、待合室で外に出さず、診察室で初めてキャリーバッグから出すようにしよう。
 待合室には検査の結果などを待つ不安な気持ちの飼主もいることだろう。もちろんペットたちも慣れない場所で不安なことだろう。待合室にいる飼主たちは、ペットたちみんなが穏やかに過ごせるように、大声で話をしない、携帯電話の使用に気遣う、などの心遣いをしたいもの。お子さんがいる場合は待っているペットたちにストレスを与えないように、待合室で騒いだり走り回ったりせず、静かに順番を待つように促そう。
 もし、待合室でペットがトイレをそそうをしてしまった場合は、消毒などが必要な場合もあるため、スタッフに伝えよう。
posted by IT難民 at 06:03| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

診察室では獣医師や動物看護師の説明をきちんと聞くこともマナー

 獣医師が診察している間は、聞かれたことに簡潔に答えよう。ペットを興奮させたり、診察中の獣医師に話しかけたりしないようにし、保定などの手伝いを依頼されたら、協力するようにしよう。もちろん、携帯電話の電源は切っておくこともマナーである。
獣医師は診察のあと、検査が必要な場合はその検査の説明を、また治療が必要な場合は病状や治療法の説明をしてくれるはずなので、落ち着いて聞くようにしよう。「難しいことはわからないから」とか「治療は先生におまかせだから」と聞き流してしまってはいけない。自分のペットに何が起きているのか、現在どんな状態にあるのか、そして、どういう処置が必要なのかを理解することは、飼主としての大切な責任の1とつである。また、診察室から一度出ているように促される場合もあるが、これも獣医師が診察のために必要と判断した上のことなので、従うようにしよう。
 理解できない部分があるときは、質問してみる。一番よくないのは、気後れして、よくわからないままに「わかりました」と言ってしまうことだ。獣医師も理解してくれることを望んでいるのである。言い方を変えたりイラストを使ったりして説明しなおしてくれるだろう。
 また、インターネットなどで調べたことを信じ込み、ペットを直接診察している獣医師のいうことを信用しないのも困りもの。これでは、獣医師と飼主とのペットの健康を守るための連携プレーに必要な意思疎通ができない。わからないことや不安なことは、ペットを直接診察しているかかりつけの獣医師に質問してみよう。
posted by IT難民 at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

診察室では獣医師や動物看護師の説明をきちんと聞くこともマナー

 獣医師が診察している間は、聞かれたことに簡潔に答えよう。ペットを興奮させたり、診察中の獣医師に話しかけたりしないようにし、保定などの手伝いを依頼されたら、協力するようにしよう。もちろん、携帯電話の電源は切っておくこともマナーである。
獣医師は診察のあと、検査が必要な場合はその検査の説明を、また治療が必要な場合は病状や治療法の説明をしてくれるはずなので、落ち着いて聞くようにしよう。「難しいことはわからないから」とか「治療は先生におまかせだから」と聞き流してしまってはいけない。自分のペットに何が起きているのか、現在どんな状態にあるのか、そして、どういう処置が必要なのかを理解することは、飼主としての大切な責任の1とつである。また、診察室から一度出ているように促される場合もあるが、これも獣医師が診察のために必要と判断した上のことなので、従うようにしよう。
 理解できない部分があるときは、質問してみる。一番よくないのは、気後れして、よくわからないままに「わかりました」と言ってしまうことだ。獣医師も理解してくれることを望んでいるのである。言い方を変えたりイラストを使ったりして説明しなおしてくれるだろう。
 また、インターネットなどで調べたことを信じ込み、ペットを直接診察している獣医師のいうことを信用しないのも困りもの。これでは、獣医師と飼主とのペットの健康を守るための連携プレーに必要な意思疎通ができない。わからないことや不安なことは、ペットを直接診察しているかかりつけの獣医師に質問してみよう。
posted by IT難民 at 08:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリーバッグから出さないのがマナー

 犬、猫にかかわらず、動物病院に連れて行く時にはキャリーバッグに入れて連れて行くケースが多いと思うが、待合室に着くとペットの様子が気なるのか、キャリーバッグから出して抱こうとする飼主をよく見かける。
 しかし、この行為は突然のケンカなど、思わぬ事故につながることもある。
 また、猫の場合、犬よりも場所が変わることによるストレスを受けやすいので、キャリーバッグから出すことは猫にとっても恐ろしい場合もある。
  病院に連れていったら、診察室に入るまで、キャリーバッグから犬や猫を出さないようにすることはマナーでもあるし、安全のためでもあるのだ。
posted by IT難民 at 08:03| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

キャリーバッグから出さないのがマナー

 犬、猫にかかわらず、動物病院に連れて行く時にはキャリーバッグに入れて連れて行くケースが多いと思うが、待合室に着くとペットの様子が気なるのか、キャリーバッグから出して抱こうとする飼主をよく見かける。
 しかし、この行為は突然のケンカなど、思わぬ事故につながることもある。
 また、猫の場合、犬よりも場所が変わることによるストレスを受けやすいので、キャリーバッグから出すことは猫にとっても恐ろしい場合もある。
  病院に連れていったら、診察室に入るまで、キャリーバッグから犬や猫を出さないようにすることはマナーでもあるし、安全のためでもあるのだ。
posted by IT難民 at 07:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に与えても大丈夫な食べ物

 犬に与えても大丈夫な食べ物をご紹介するが、これらはあくまで与えすぎないことが大前提。水分量の多いものを与えすぎると下痢をしたり、野菜と果物ばかり与えていると、腎臓へ負担がかかったり、結石ができやすくなる。どんなものでも食べ過ぎれば体に害を与えてしまうので、「おやつとして少量与えても大丈夫な食べ物」として、認識しておくことだ。基本的に、あくの強い野菜や匂いが強いものは避けよう。
・キャベツ
 生で与えると下痢をする可能性があるので、一度茹でたキャベツを冷まして与えてあげるといい。芯の部分は避けて、やわらかい葉の部分をあげること。
・もやし
 ほとんどが水分でできているもやしは、食物繊維が抱負で低カロリーなのに、カルシウムやビタミンも含んでいるので、ダイエットには最適。一度茹でてから与えること。ただし、あまり消化のいい食べ物ではないということと、腎結石や腎臓への負担になる可能性があるカリウムを含んでいるので、与えすぎは禁物である。
・トマト
 同じく多くの水分を含むトマトもオススメである。生のまま与えても問題はないが、きちんと加熱してあげたほうがお腹には優しいだろう。ただ、トマトを加熱すると非常に熱くなるので、十分に冷ましてから与えるように。
・きゅうり・レタス
 きゅうりとレタスも、与えて大丈夫な食べ物。そのまま食べさせても大丈夫だが、おなかの弱い子には湯通ししてあげれば完璧。加熱した際はきちんと冷ましてからあげること。
・こんにゃく
 あまり消化がいい食べ物ではないので与えすぎはNGだが、カロリーが非常に低いので、ダイエットフードとしてはオススメ。みじん切りにした糸こんにゃくを茹でてからフードに混ぜてあげると、かさましをすることができる。こちらも食道に詰まらせないよう、大きさには気をつけて。
・バナナ・リンゴ・梨・スイカ
 果物はカロリーが高いので、与えすぎには注意が必要だが、ご褒美として少量与えたい場合は、「バナナ」「リンゴ」「梨」「スイカ」などがオススメだ。
・サツマイモ、ジャガイモ、かぼちゃ
 少量与えても問題はないが、おいも類は糖質もカロリーも高いため、与えすぎないように注意しなければならない。
・無糖ヨーグルト
 犬に与えてはいけない食べ物の中に牛乳があるが、牛乳から作られたヨーグルトは与えても問題はない。甘いヨーグルトは肥満の原因になるので、無糖のものを選んであげるといいだろう。
posted by IT難民 at 07:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

犬に与えても大丈夫な食べ物

 犬に与えても大丈夫な食べ物をご紹介するが、これらはあくまで与えすぎないことが大前提。水分量の多いものを与えすぎると下痢をしたり、野菜と果物ばかり与えていると、腎臓へ負担がかかったり、結石ができやすくなる。どんなものでも食べ過ぎれば体に害を与えてしまうので、「おやつとして少量与えても大丈夫な食べ物」として、認識しておくことだ。基本的に、あくの強い野菜や匂いが強いものは避けよう。
・キャベツ
 生で与えると下痢をする可能性があるので、一度茹でたキャベツを冷まして与えてあげるといい。芯の部分は避けて、やわらかい葉の部分をあげること。
・もやし
 ほとんどが水分でできているもやしは、食物繊維が抱負で低カロリーなのに、カルシウムやビタミンも含んでいるので、ダイエットには最適。一度茹でてから与えること。ただし、あまり消化のいい食べ物ではないということと、腎結石や腎臓への負担になる可能性があるカリウムを含んでいるので、与えすぎは禁物である。
・トマト
 同じく多くの水分を含むトマトもオススメである。生のまま与えても問題はないが、きちんと加熱してあげたほうがお腹には優しいだろう。ただ、トマトを加熱すると非常に熱くなるので、十分に冷ましてから与えるように。
・きゅうり・レタス
 きゅうりとレタスも、与えて大丈夫な食べ物。そのまま食べさせても大丈夫だが、おなかの弱い子には湯通ししてあげれば完璧。加熱した際はきちんと冷ましてからあげること。
・こんにゃく
 あまり消化がいい食べ物ではないので与えすぎはNGだが、カロリーが非常に低いので、ダイエットフードとしてはオススメ。みじん切りにした糸こんにゃくを茹でてからフードに混ぜてあげると、かさましをすることができる。こちらも食道に詰まらせないよう、大きさには気をつけて。
・バナナ・リンゴ・梨・スイカ
 果物はカロリーが高いので、与えすぎには注意が必要だが、ご褒美として少量与えたい場合は、「バナナ」「リンゴ」「梨」「スイカ」などがオススメだ。
・サツマイモ、ジャガイモ、かぼちゃ
 少量与えても問題はないが、おいも類は糖質もカロリーも高いため、与えすぎないように注意しなければならない。
・無糖ヨーグルト
 犬に与えてはいけない食べ物の中に牛乳があるが、牛乳から作られたヨーグルトは与えても問題はない。甘いヨーグルトは肥満の原因になるので、無糖のものを選んであげるといいだろう。
posted by IT難民 at 07:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの「流行」の裏で何が行われているか?

 「何と言っても犬はポメ、猫はスコです」
 昨夏、東京都内で繁殖業者を集めて行われた大手ペットショップチェーン主催のシンポジウム。登壇した同チェーン幹部は「テレビCMの効果がすごい」などと解説しながら、これから繁殖を行っていくべきだと考える犬種、猫種をそれぞれ1つずつあげた。
 「ポメ」とは、ソフトバンクのCMで「ギガちゃん」と名付けられたポメラニアンのこと。「スコ」はワイモバイルのCMで「ふてネコ」として有名になったスコティッシュフォールドだ。テレビCMによってポメとスコの人気に火がついており、ペット店の店頭では圧倒的な売れ筋になっているというのだ。だからペット店は、取引のある業者に繁殖をすすめる。
 「過去にチワワやミニチュア・ダックスフント、柴犬が人気になったときと同じです。繁殖計画の参考にされたらいかがでしょう」
 テレビと動物コンテンツの関係を考えるとき、やはりこの「ブーム」という側面についてまず触れていくべきだろう。
 ペット店チェーンの幹部が例示するまでもなく、過去に「流行犬種」は繰り返し作られてきた。たとえば漫画『動物のお医者さん』シリーズによって、1990年代前半にはシベリアンハスキーが爆発的に流行った。2002年にはアイフルのCMにチワワの「くぅ〜ちゃん」が登場し、チワワブームが起きた。これらのブームは、犬の飼育数そのものにも影響を与えたと考えられている。
 特定の犬種や猫種についてブームが起こる――。発端はCMや漫画だったかもしれないが、ブームを大きなものにする主要なプレーヤーはやはりテレビ(番組)だ。流行りの犬種や猫種を情報番組やバラエティ番組に登場させ、ときにはその子犬や子猫をスタジオに連れ出し、「かわいさ」を多角的に印象づける。結果として多くの視聴者が、かわいいと強く思わされ、飼いたい(買いたい)と考えることを肯定された気分になっていく。
 いつも不思議に思う。テレビの番組制作の現場では皆、このことに痛痒を感じていないのだろうか、と。ブームのツケは最終的に、犬や猫たちが払うことになるのに……。ハスキーブームやチワワブームの後には、各自治体の収容施設にこれらの犬種があふれ、また野山に大量に棄てられて野犬化し、社会問題になった。
 そしてその裏側の繁殖現場では、ブームを好機ととらえた過剰繁殖が行われた。高値で売れるうちに、繁殖用の雌犬たちは身体がボロボロになるまで繰り返し交配、出産を強要される。
 無計画な繁殖は、遺伝性疾患の蔓延にもつながる。鹿児島大学共同獣医学部の大和修教授(臨床病理学)は以前、私の取材に対して、プードル、チワワ、ダックスフント、柴犬など特定の犬種に人気が集中する日本独特のペット事情を指摘しつつ、こう話した。
 「特定の犬種がメディア報道で爆発的に流行し、短期間で可能な限り多くの個体を生産する努力が払われる。そんな土壌が遺伝性疾患を顕在化させ、新たに作り出す要因になっていると推測される」
posted by IT難民 at 07:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

ペット業界の活況と無謀な繁殖との因果関係

 猫ブームについては、まさに今、これまでのブームと同じ轍を踏みつつある。
 00年時点の推計飼育数は犬約1000万匹に対し猫は約770万匹だった。ところが、同年代半ば以降に始まった猫ブームにより、16年には犬猫の推計飼育数は拮抗し、ともに1000万匹弱になった。この間、テレビだけでなく猫を題材とした写真集や映画、雑誌が数多く世に出され、ブームは加速した。「ネコノミクス」なる造語も登場し、その経済効果は2兆円を超えるという試算もある。
 当然、ペット店の活況につながる。
 全国で約100店を展開する大手チェーンのAHBでは15年度、犬の販売数が前年度比7%増だったのに対し、猫は同11%増だった。同じく大手チェーンのコジマでも、前年比2割増のペースで猫の販売数が増えているという。「猫は仕入れるとすぐに売れるため、地方都市まで回ってこない」(別の大手チェーン従業員)という状況だ。
 入手ルートにも変化が起きつつある。ペットフード協会の16年の調査では、入手先が「ペット店」だったのは70代では11.9%だが、20代では23.5%。「友人/知人からもらった」(33.8%)や「野良猫を拾った」(23.5%)に迫ってきた。年代が若くなるほど、もらったり拾ったりするのではなく、店で買う人が増える傾向にあるのだ。
 このため猫の仕入れ値は急騰。16年のゴールデンウィーク前後には、仕入れ値は例年の3〜4倍になった。競り市では子犬の落札価格を上回る子猫は珍しくなくなり、20万円を超える落札価格を記録する子猫も出てきているという。
 もう、問題が起き始めている。
ペット業界幹部は「『犬だけでなく猫も』という安易な兼業繁殖業者が増えてきている」と懸念する。犬は普通、年に2回しか繁殖できないが、猫は日照時間が長くなると発情期が来るタイプの季節繁殖動物。大手ペット店チェーン経営者によると「猫は蛍光灯をあて続ければ年に3、4回繁殖できる。犬のように運動させる必要もないから狭いスペースで飼育でき、とにかく効率がいい」という。母猫の健康を考えない繁殖が行われているおそれがあるのだ。
 遺伝性疾患の増加を懸念する声もあがっている。前出の大和教授は「日本国内の繁殖用の猫は、犬に比べるとまだ集団が小さく、犬よりも遺伝性疾患が広がりやすいと考えられる。原因遺伝子が特定できている遺伝性疾患は、繁殖業者の段階でアフェクティッド(発症者)やキャリアー(保因者)の個体を繁殖から徐々に外していけば、確実に減らしていける。しかし犬ではそれがあまり実践されず、猫も同じ轍を踏みつつある」と指摘している。
 人気猫種のスコティッシュフォールドは、骨軟骨形成不全症が優性遺伝する。優性遺伝する場合、原因遺伝子を持っている個体とそうでない個体とを交配させると、2匹に1匹が発症する個体になってしまうため、事態は厄介。スコティッシュフォールドでは、折れ耳の場合はすべてがこの病気を発症するとされている。発症すれば、前脚や後ろ脚の足首に骨瘤ができて脚を引きずって歩くような状態になるなどする、根治が困難な病気だ。
posted by IT難民 at 06:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

ブームのツケを払わされる動物への想像力を持ってほしい!

 テレビが流行らすのは犬猫に限らない。例えば日本テレビ系の「天才!志村どうぶつ園」では、タレントがコツメカワウソを飼育してみせた。犬や猫は長い時間をかけて人間が家畜化してきたペットだが、コツメカワウソは本来、野生動物。寿命は10〜15年ほどといわれており、犬猫と同じくらい長寿だ。一方で、その飼育は容易ではない。にもかかわらず、テレビでその姿を放送し続けたことで、コツメカワウソをペットとして飼おうという人が出てきた。
 余波はすでに、動物園動物にも及んでいる。16年4月に鹿児島市平川動物公園が動物商に渡したコツメカワウソ2頭が転売され、静岡市内のペットショップで販売されているのが発見された。動物愛護団体が問題視し、抗議を行うなどした。自分たちが繁殖させた動物たちの行方を管理できていない動物園も問題だが、そもそもペットとしてのニーズが高まらなければ、こうした「流出」も起きなかったはずだ。コツメカワウソがこれから日本でどんな運命をたどってしまうのか、注視していく必要がある。
 テレビの制作現場で働く方々にはまず、ブームをつくることで動物たちの身の上に何が起きるのか、想像力を持ってほしいと切に願う。
 テレビと動物コンテンツにまつわる問題でもう一つ大きなテーマは、収録現場における動物たちの取り扱いについてだ。以下は13年に『AERA』誌上で言及した内容だが、ここで改めて触れたい。
 猿の首に釣り糸を巻きつけて無線操縦車につなぎ、引っ張り回すことで、追いかけているように見せる――。フジテレビは13年11月1日、そんな「演出」を行ったバラエティ番組「ほこ×たて」の放送終了を発表した。当時の発表内容によると、同社にとっては、演出によって真剣勝負への信頼性を損なったことが致命的だったという。だが番組制作のために、動物への虐待行為を行ったことこそ、より大きな問題ではなかっただろうか。動物愛護法(動物の愛護及び管理に関する法律)ではこう定めている。
 第二条 動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。
 そして、「愛護動物をみだりに傷つけた者」は2年以下の懲役か200万円以下の罰金が科される(第四十四条)。フジテレビによる一連の演出は、動物愛護法違反に問われかねない「事件」だったといえるのではないだろうか。
 振り返ってみれば、テレビ局による動物の取り扱いは、ずさんと言えるものが少なくない。
 例えばNHKは「爆笑問題のニッポンの教養」で、ハムスターを箱に入れて絶叫系マシンから落下させる「実験」を行った。NHK広報局は「専門家の指導のうえで、問題がないことを確認して行った」などという。だが動物実験における国際規範「3R」(苦痛軽減、代替法活用、使用数削減)に照らせば、あえて生きたハムスターを使う必要がある実験とは考えにくい。
 また「天才!志村どうぶつ園」では、前述のとおりタレントが野生動物を屋内で飼育したり、「生まれたばかりの子犬」をスタジオに登場させたりしていた。番組に長く登場していたチンパンジーについても、学術研究か繁殖目的以外の譲渡、飼育を禁じる「種の保存法」の観点などから、05年以降その飼育業者に対して日本動物園水族館協会が改善を求めてきた。10年には、番組におけるチンパンジーの取り扱いに改善が見られないとして、環境大臣の諮問機関である中央環境審議会の動物愛護部会小委員会で問題視されてもいる。日本テレビ総合広報部は「幼齢な犬猫に関しては動物愛護法の改正前、後ともに遵守して撮影、放送を行っている」「野生動物の飼育企画に関しては、視聴者に共感してもらえる内容にするため」「チンパンジーについては、種の保存法に基づいて撮影している」などとしていた。
ほかにも、テレビ朝日の「劇団ひとりの新番組を考える会議」では、期間限定で子犬を飼ってみるという企画を行った。子犬の精神的負担や動物愛護法第七条が定める終生飼養の観点から、この企画に問題はないのだろうか。問い合わせに対して同社広報部は「日ごろから適切な対応を心掛けている」などと回答した。
posted by IT難民 at 06:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

動物の取り扱いについてメディアは自主規制を導入する時期だ!

 動物番組の内情に詳しい業界関係者に取材すると、こんな話も聞こえてきた。
 「動物のありのままを伝えるまじめな内容よりも、犬の赤ちゃんをスタジオに連れてきてタレントがキャーキャー言いながら抱き上げるほうが、ヒット企画としてもてはやされる。撮影の現場では、出演タレントにも見せられないような動物への暴力が振るわれることもありますが、動物を思い通りに動かすためには黙認されてしまう。視聴率至上主義の構図のなかで、動物にしわ寄せがいくのです」
 こうした状況は、なぜ放置されてきたのか。
 米国には、あらゆる映像メディアでの動物の取り扱いを監視するAHA(アメリカ人道協会)という非営利組織がある。ハリウッド映画をエンドロールの最後まで見ていると、動物が少しでも出てきた作品であれば必ず、このAHAが定めた基準を満たしている旨を告げるクレジットが表記されているはずだ。ほかにも英国では、映画やビデオの撮影に動物を使う際の規制法がある。
 日本はどうか。民放連の放送基準やNHKの国内番組基準に動物に関する文言はない。各テレビ局の対応や主張もまちまちだ。
 昨今、動物福祉の観点から、犬や猫などの繁殖業者や販売業者に対して、社会の厳しい目が注がれるようになった。テレビ業界でも、番組制作上の都合で動物を、その生態を無視して好き勝手に扱うことは自粛していくべき時期に来ていると思う。
 最近、日本映画を見ていると、「この映画の製作にあたって動物に危害は加えていません」などの文言がエンドロールに表示されることがある。AHAの取り組みを個別の作品ベースで踏襲しており、歓迎すべきことだ。ただ、客観性を保ち、そもそもメディアに利用される動物たちの福祉を向上させていくためには、やはり業界全体で取り組む必要がある。テレビだけでなく映画、そして新聞や雑誌も含めたメディア業界に提案をしたい。日本でもそろそろ、メディアが動物を利用する際の規則を自主的に取り決めてはどうだろうか。
posted by IT難民 at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

ペットが人を健康にする

 すべては1万5千年ほど前に、人がオオカミから犬を作り出したことから始まった。これは、人が成し遂げてきたことのなかで、最も偉大な業績の1つではないだろうか。猫と人との関係は比較的新しく、今から5千年前くらいから付き合い始めたと考えられる。
 そして、この40年くらいの間に「人と動物の関係学」(anthrozoology)という新しい学問が成立してきた。そこでわかってきたのが「動物(ペット)は人の心身の健康に良い影響を与 える」(WHO)ということなのだ。まず1990年に米国の研究者が、犬を飼っている高齢者のほうが、飼っていない高齢者より、病院に行く回数が少ないということを明らかにした。医療費に換算するとドイツで約7千億円、オーストラリアで約3千億円の節約になるそうだ。
 ではいったい動物の何がいいのか。2006年に日本の研究者が発表したのが、犬と散歩をすると、副交感神経が活性化するというデータだ。犬とのアイコンタクトなどにより、飼主のオキシトシン濃度が上がるということもわかってきた。猫については、猫を触ると人の脳の血流が増えるという研究が行われている。
 このように、動物が人の体に大変いい影響を及ぼしているということが、ほぼ科学的に証明されてきたわけである。ただ、現在の日本において、犬の飼育頭数が減ってきている。これが、日本人の健康にボディーブローのように利いてくるのではないかという懸念が、大きくなっている。
posted by IT難民 at 07:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

ペットは子どもの情操教育になる? 子供とペットの上手な関わり方

 幼少期にペットと暮らす経験が、情操教育につながるという話をよく耳にする。でも、それは本当なのか。
 「一般的に『癒し』の役割として認識されることが多いペットですが、研究によるとペットは癒しにとどまらず、子供の『生きる力』を強めてくれるという結果が証明されています」
 こう教えてくれたのは、動物介在教育やアニマルセラピーに多く携わる獣医師の吉田尚子さん。
「自分より弱い生き物の存在を知ることで、子供にいたわりの心が芽生えます。さらに、生き物の世話をすることは責任感を育くみ、避けられない死別の経験は命のはかなさや大切さを学ぶことにつながります。それらすべての体験を通して、子どもの生命力が強くなると考えられているのです」
  実際に、自閉症の子供や虐待などにより心的外傷を負った子供の治療にも、犬を介在としたアニマルセラピーが有益な結果をもたらしているという。さまざまな動物のなかでも、犬が一番情操教育にふさわしいのだろうか。
 「子供の情操教育に大きく効果を発揮するのは、人に懐く習性のある動物です。なかでも犬は、古代から人間との関わりが深く、子供と上手に付き合ってくれる生き物。行動学・獣医学的にも生態が熟知されているので、安全性が高いという面でもオススメできますね」
  一方で、人に懐かない動物の存在を知ることも情操教育の1つ。動物園や水族館で、触れられない動物や、そっとしておくべき動物を観察することで、生き物の多様性を知る経験にもなるという。ところで、動物を介した情操教育にもっとも効果的な年齢って何歳くらいなのだろうか。
「脳科学的に子供の脳の発達に重要なのは、授乳期から10歳にかけてといわれています。ですから、10歳までになるべく多くの動物を知り、触れ合うことが理想的ですね。ですが、この年齢の間に必ずペットを飼わなければならないというわけではありません。適性に飼育されている家庭のペットと触れ合うだけでも、子供にいい影響を与えることができるはずです」
 ペットを飼ってさえいれば、自動的に子供の情操教育になるというのは安易な考え。親が留守にしがちな家庭で子供の寂しさを紛らわせることを目的にしたり、世話を全面的に子供に強いると逆効果になることもある。あくまで親が模範となり、責任を持ってペットに愛情をかける姿を子供に見せることが、効果的な情操教育につながることを忘れないことだ。
posted by IT難民 at 07:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

ペットは子どもの情操教育になる? 子供とペットの上手な関わり方

 幼少期にペットと暮らす経験が、情操教育につながるという話をよく耳にする。でも、それは本当なのか。
 「一般的に『癒し』の役割として認識されることが多いペットですが、研究によるとペットは癒しにとどまらず、子供の『生きる力』を強めてくれるという結果が証明されています」
 こう教えてくれたのは、動物介在教育やアニマルセラピーに多く携わる獣医師の吉田尚子さん。
「自分より弱い生き物の存在を知ることで、子供にいたわりの心が芽生えます。さらに、生き物の世話をすることは責任感を育くみ、避けられない死別の経験は命のはかなさや大切さを学ぶことにつながります。それらすべての体験を通して、子どもの生命力が強くなると考えられているのです」
  実際に、自閉症の子供や虐待などにより心的外傷を負った子供の治療にも、犬を介在としたアニマルセラピーが有益な結果をもたらしているという。さまざまな動物のなかでも、犬が一番情操教育にふさわしいのだろうか。
 「子供の情操教育に大きく効果を発揮するのは、人に懐く習性のある動物です。なかでも犬は、古代から人間との関わりが深く、子供と上手に付き合ってくれる生き物。行動学・獣医学的にも生態が熟知されているので、安全性が高いという面でもオススメできますね」
  一方で、人に懐かない動物の存在を知ることも情操教育の1つ。動物園や水族館で、触れられない動物や、そっとしておくべき動物を観察することで、生き物の多様性を知る経験にもなるという。ところで、動物を介した情操教育にもっとも効果的な年齢って何歳くらいなのだろうか。
「脳科学的に子供の脳の発達に重要なのは、授乳期から10歳にかけてといわれています。ですから、10歳までになるべく多くの動物を知り、触れ合うことが理想的ですね。ですが、この年齢の間に必ずペットを飼わなければならないというわけではありません。適性に飼育されている家庭のペットと触れ合うだけでも、子供にいい影響を与えることができるはずです」
 ペットを飼ってさえいれば、自動的に子供の情操教育になるというのは安易な考え。親が留守にしがちな家庭で子供の寂しさを紛らわせることを目的にしたり、世話を全面的に子供に強いると逆効果になることもある。あくまで親が模範となり、責任を持ってペットに愛情をかける姿を子供に見せることが、効果的な情操教育につながることを忘れないことだ。
posted by IT難民 at 08:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットを飼うと良いことばかり? ペットを飼うことのメリット

 ペットフード協会が2015年に行った調査によると、日本で飼われている犬は約991万7千匹、猫は約987万4千匹。全体の約4割の家庭がペットと暮らしている。では、なぜ人はペットを飼うのか。ペットを飼うことにはどんなメリット、デメリットがあるのだろうか。
 飼うことのメリット
 @ 癒される
 ペットを飼っている人の多くはペットと一緒にいることで幸せを感じているのではないだろうか。家に帰って来たときに尻尾を振って迎えてくれる姿、体を寄せてきた時の温かい体温、膝の上で寝ているときの無邪気な顔…自分を信頼し甘えてくるペットの存在はストレスを解消するだけでなく、高血圧を正常にしたり、心拍を落ち着かせたりする効用もあると報告されている。
 最近では終末医療や高齢者のケアホーム、障害のある子供の施設などにおけるアニマルセラピーの効果が報告されているが、家でペットを飼うことも立派なアニマルセラピーになる。
 A 子供の教育によい
 ペットを飼うことは子供の教育にもプラスだと言われているす。命の大切さを学ぶこと、継続的にペットの世話をすることは、子供にとって非常に良い情操教育になる。最近では友だちと集まっても無言でゲームをする子供が増えているようだが、ペットはそんな無機質な子供の生活に彩を与えてくれる。
 B 家族の会話が増える
 ペット保険のアニコムが行ったアンケートによれば、ペットを飼っている人の約60%が「家族の会話が増えた」と答えている。ペットの話題は年代、性別を超えて家族の気持を1つにしてくれるのだ。ケンカしてもペットが仲直りを取り持ってくれることも少なくない。
 C ペットを通じて知り合いの輪が広がる
 犬を散歩させたり、ドッグランに行ったりすることがきっかけで飼主同士がママ友、パパ友になり、飼主同士の友達の輪が広がることも。猫の飼主も通院などをきっかけに情報交換を始めることがあるのではないだろうか。ペットをテーマにしたブログにファンが多いのもペットが共通の話題になりやすいことを証明している。
 D 生活が規則正しくなる
 「ペットを飼ってから早めに家に帰るようになった」「帰宅が遅かった家族が早めに家に帰ってくる」…そんな話をよく耳にする。犬を飼う場合、毎朝夕のお散歩が必要なのでそのために早寝早起きの健康的なライフスタイルになるというメリットもあ。ペットの世話をするために自然に健康的なライフスタイルにシフトできるとしたらペットに感謝しなくてはならない。
posted by IT難民 at 08:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

ペットを飼うと良いことばかり? ペットを飼うことのメリット

 ペットフード協会が2015年に行った調査によると、日本で飼われている犬は約991万7千匹、猫は約987万4千匹。全体の約4割の家庭がペットと暮らしている。では、なぜ人はペットを飼うのか。ペットを飼うことにはどんなメリット、デメリットがあるのだろうか。
 飼うことのメリット
 @ 癒される
 ペットを飼っている人の多くはペットと一緒にいることで幸せを感じているのではないだろうか。家に帰って来たときに尻尾を振って迎えてくれる姿、体を寄せてきた時の温かい体温、膝の上で寝ているときの無邪気な顔…自分を信頼し甘えてくるペットの存在はストレスを解消するだけでなく、高血圧を正常にしたり、心拍を落ち着かせたりする効用もあると報告されている。
 最近では終末医療や高齢者のケアホーム、障害のある子供の施設などにおけるアニマルセラピーの効果が報告されているが、家でペットを飼うことも立派なアニマルセラピーになる。
 A 子供の教育によい
 ペットを飼うことは子供の教育にもプラスだと言われているす。命の大切さを学ぶこと、継続的にペットの世話をすることは、子供にとって非常に良い情操教育になる。最近では友だちと集まっても無言でゲームをする子供が増えているようだが、ペットはそんな無機質な子供の生活に彩を与えてくれる。
 B 家族の会話が増える
 ペット保険のアニコムが行ったアンケートによれば、ペットを飼っている人の約60%が「家族の会話が増えた」と答えている。ペットの話題は年代、性別を超えて家族の気持を1つにしてくれるのだ。ケンカしてもペットが仲直りを取り持ってくれることも少なくない。
 C ペットを通じて知り合いの輪が広がる
 犬を散歩させたり、ドッグランに行ったりすることがきっかけで飼主同士がママ友、パパ友になり、飼主同士の友達の輪が広がることも。猫の飼主も通院などをきっかけに情報交換を始めることがあるのではないだろうか。ペットをテーマにしたブログにファンが多いのもペットが共通の話題になりやすいことを証明している。
 D 生活が規則正しくなる
 「ペットを飼ってから早めに家に帰るようになった」「帰宅が遅かった家族が早めに家に帰ってくる」…そんな話をよく耳にする。犬を飼う場合、毎朝夕のお散歩が必要なのでそのために早寝早起きの健康的なライフスタイルになるというメリットもあ。ペットの世話をするために自然に健康的なライフスタイルにシフトできるとしたらペットに感謝しなくてはならない。
posted by IT難民 at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットを飼うと良いことばかり? ペットを飼うことのデメリット

 @ 経済的な負担がある
 デメリットと言えるのかどうか分からないが、ペットを飼うことで負うべき義務や負担は生じる。もっとも大きいのはやはり経済的な負担だろう。ペットを10年15年養育すればその負担は100万円を下らない。ペットにより快適で健康的な毎日を過ごしてもらうためにグルーミングやサプリを利用すれば生涯負担額はもっと大きくなる。ペットを飼うなら経済的な負担を覚悟する必要はある。
A 自由な時間が減る
 ペットを飼えば自由に旅行や外出することが難しくなる場合もある。最近ではペットホテルやペットシッターなどのサービスもあるのでこういったサービスを利用することは可能だが、ペットが高齢になったり病気になったりすれば簡単にホテルに預けるわけにもいかない。自分の自由な時間よりもペットを優先しなければならないこともあるだろう。
 B 必ず来るペットとの別れ
 ペットを飼っていれば避けられないのがペットとの別れだ。長年、愛情を込めて世話をした飼主であればあるほどペットとの別れはつらく、ペットロスにかかる可能性も高いと言える。ペットロスは予防することはできないし、人によっては何年も続くことがある。ペットを飼うもっとも大きなデメリットと言って良いかもしれない。
 ペットを飼うメリデメリットもいろいろあるわけだが、実際のところ愛するペットを目の前にするとデメリットはどうでもよくなってしまうという飼主は多い。一度ペットを飼ってしまうと、そのペットと別れてからもまた同じようにペットを飼ってしまう飼主が多いことも、ペットが与えてくれる幸せの大きさを証明しているのではないだろうか。
posted by IT難民 at 06:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

ペットを飼うと良いことばかり? ペットを飼うことのデメリット

 @ 経済的な負担がある
 デメリットと言えるのかどうか分からないが、ペットを飼うことで負うべき義務や負担は生じる。もっとも大きいのはやはり経済的な負担だろう。ペットを10年15年養育すればその負担は100万円を下らない。ペットにより快適で健康的な毎日を過ごしてもらうためにグルーミングやサプリを利用すれば生涯負担額はもっと大きくなる。ペットを飼うなら経済的な負担を覚悟する必要はある。
A 自由な時間が減る
 ペットを飼えば自由に旅行や外出することが難しくなる場合もある。最近ではペットホテルやペットシッターなどのサービスもあるのでこういったサービスを利用することは可能だが、ペットが高齢になったり病気になったりすれば簡単にホテルに預けるわけにもいかない。自分の自由な時間よりもペットを優先しなければならないこともあるだろう。
 B 必ず来るペットとの別れ
 ペットを飼っていれば避けられないのがペットとの別れだ。長年、愛情を込めて世話をした飼主であればあるほどペットとの別れはつらく、ペットロスにかかる可能性も高いと言える。ペットロスは予防することはできないし、人によっては何年も続くことがある。ペットを飼うもっとも大きなデメリットと言って良いかもしれない。
 ペットを飼うメリデメリットもいろいろあるわけだが、実際のところ愛するペットを目の前にするとデメリットはどうでもよくなってしまうという飼主は多い。一度ペットを飼ってしまうと、そのペットと別れてからもまた同じようにペットを飼ってしまう飼主が多いことも、ペットが与えてくれる幸せの大きさを証明しているのではないだろうか。
posted by IT難民 at 07:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今どきのペットの葬儀事情とその問題点

 日本では、ペットの飼育数が子供の総人口を上回ったというデータもあり、ペットに対するサービスは年々増えている。トリマーやブリーダーというものはオーソドックスなもので、ペット専用のホテルなども登場している。 そして、最近ではペットの葬儀まで充実してきている。ペットを我が子のように可愛がる方にとっては、ペットが亡くなったときに、葬儀をきちんと行えるというのは嬉しいサービスかもしれない。
 しかし、ペット葬儀はまだ歴史の浅いもので、飼い主と業者側とのトラブルもあるす。大切なペットの葬儀をきちんと済ませるためには、どのようなことに気をつければいいのだろうか。
 これまで、ペットが亡くなった場合、焼却場に運んで焼いてもらうというのが一般的だった。小動物であればそのまま土に埋めるということもできたが、中型以上の大きさになると、さすがにそうはできない。衛生的に良くないためだ。 しかし、保健所に依頼すると、他の動物たちとまとめて焼かれてしまい、また焼却場で焼くというのは、処分とも言える扱いであるため、ペットを家族の一員と考えている飼主からするとつらいことなのだ。 そうした想いから生まれたのがペット葬儀であり、火葬はもちろん、納骨まで、人と同じように扱うこともできるため、人気を集めているようだ。
posted by IT難民 at 07:04| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

ペット葬儀の流れと費用の相場 ペット葬儀の流れは?

 実際に業者に依頼する際の流れの一例をご紹介します。
 @ 業者に連絡して葬儀の内容を決める
 個別火葬か集団火葬か、個別埋葬か集団埋葬か、火葬の立ち会いの有無、返骨の有無など
 A 迎えが来るまでペットを安置しておく
 日を置く場合には、ペットの遺体を家で安置しておく必要がある。このとき、夏場であれば頭とお腹を氷、またはドライアイスなどで冷やして、遺体を保全する。
 B 迎えの車にペットを納める
 会場で火葬にする場合と火葬車が来る場合があり、火葬車の場合はその場でお別れになる。
 C 規定日に火葬
 火葬の際には、ペットが使用していたおもちゃや花などを一緒に入れることができる。ただし、金属製・プラスチック製の物は入れることができない。
 D 納骨・永代供養
 返骨をしない場合、遺骨は業者の責任によって納骨室で供養されます。返骨がある場合は遺骨を受け取り、その後納骨する場所を決める。納骨・供養方法が決まらなければ、49日間は預かってくれるという業者もある。
 ペットが亡くなった後は、自治体(清掃局、環境衛生局、衛生局など地域によって異なる)に連絡して引き取ってもらう方法と、民間のペット葬儀業者を利用する方法がある。
 自治体で火葬をしてもらう場合、相場は数千円〜1万円前後である。しかし、自治体での火葬は、費用よりも取り扱いに気をつけたいもので、自治体によっては一般廃棄物として焼却されてしまうこともある。
 民間業者にペット葬儀を依頼する場合、費用相場はペットの種類や大きさ、内容によって変わる。そのため一概には言えないが、小動物で1〜2万円、猫や小型犬で2〜3万円、 中型犬で3〜4万円、大型犬で4〜6万円程度のようだ。
 民間業者では見積もりを出してくれるので、依頼前に複数の業者に見積もりを出してもらい、比較検討するのがいいのではないか。
posted by IT難民 at 06:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする