2018年04月01日

知人から子犬をもらったら法的に問題はあるか?

 何ら法に抵触するということはない。お金を払って物を所有する売買契約に対し、お金や対価を払わないで物を所有することを贈与契約という(民法549条)。知人から子犬をもらい受ける行為は贈与契約に当たり法的な問題はないが、以下のような制約があるので確認することだ。
 環境省の告示「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」では、犬の所有者が子犬を譲渡する際はできるだけ離乳後にするよう努めること、および社会化期に関する情報を提供することと規定されている。だから子犬を譲り受ける側も、社会化期が終わった生後14週齢以降にするよう努めなければならない。
 もらった子犬に先天的な病気があり、高額の医療費がかかったとしても、もらった側はあげた側にその医療費を請求することや、「やっぱり返すわ」といって突き返すことはできないのだ(民法551条)。金銭のやりとりがある売買契約の場合は、売主側に欠陥を保証する責任があるが(瑕疵担保責任)、金銭のやり取りを伴わない贈与契約の場合は贈与側にそこまでの責任がないのだ。ただし欠陥を知っていてわざと贈与した場合はその限りではない。
 贈与する際、「毎日散歩させる」とか「きちんと育てる」といった約束している場合は「負担付き贈与」となり、譲り受けた側がしっかりと約束(負担)を果たさなければならない。もし約束を破っていいかげんな育て方をしてしまうと、贈与した側が債務不履行を理由に贈与契約を解除し、返還を求めることができる(民法553条)。
posted by IT難民 at 07:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物病院のミスで犬が死んだ経緯をネット上さらしてもいいか?

 民事上と刑事上の責任が発生する。
【民事上の責任】
 民事上は不法行為責任が発生する。わざと(故意)やうっかりミス(過失)によって他人の権利や法律上保護されるべき利益を侵害した場合、加害者は生じた損害を賠償する責任を負う(民法709条/不法行為責任)。たとえばネット上の書き込みが原因で動物病院の信頼が落ち、売上が低下した場合は、たとえ記載している内容が事実だったとしても、不法行為責任として損害賠償を請求される可能性がある。
【刑事上の責任】
 刑事上は侮辱罪や名誉毀損罪に問われる可能性がある。侮辱罪とは事実を指摘しない状態で相手に対する評価を示して社会的な評価を下げる行為のこと、名誉毀損罪とは事実を指摘した上で相手に対する評価を示して社会的な評価を下げる行為のこと。前者の例は「○○病院の医師はヤブ」、後者の例は「医療過誤でかわいいペットを殺した○○医師に天罰を!」といった感じである。「事実」の内容は真実だろうと妄想だろうと構わない。
 読んだ本の感想をレビューとして投稿するのとは違い、ネット掲示板、Twitter、ホームページなどを通して不特定多数の人に特定個人や団体の誹謗中傷をさらすと、それなりの責任とリスクが発生するということである。
posted by IT難民 at 07:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

動物病院のミスで犬が死んだ経緯をネット上さらしてもいいか?

 民事上と刑事上の責任が発生する。
【民事上の責任】
 民事上は不法行為責任が発生する。わざと(故意)やうっかりミス(過失)によって他人の権利や法律上保護されるべき利益を侵害した場合、加害者は生じた損害を賠償する責任を負う(民法709条/不法行為責任)。たとえばネット上の書き込みが原因で動物病院の信頼が落ち、売上が低下した場合は、たとえ記載している内容が事実だったとしても、不法行為責任として損害賠償を請求される可能性がある。
【刑事上の責任】
 刑事上は侮辱罪や名誉毀損罪に問われる可能性がある。侮辱罪とは事実を指摘しない状態で相手に対する評価を示して社会的な評価を下げる行為のこと、名誉毀損罪とは事実を指摘した上で相手に対する評価を示して社会的な評価を下げる行為のこと。前者の例は「○○病院の医師はヤブ」、後者の例は「医療過誤でかわいいペットを殺した○○医師に天罰を!」といった感じである。「事実」の内容は真実だろうと妄想だろうと構わない。
 読んだ本の感想をレビューとして投稿するのとは違い、ネット掲示板、Twitter、ホームページなどを通して不特定多数の人に特定個人や団体の誹謗中傷をさらすと、それなりの責任とリスクが発生するということである。
posted by IT難民 at 07:05| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当に飼える?

 犬は、古来から人間のパートナーとして生活してきた。犬と人間は互いに考えていることを理解し合い、一生家族としていっしょに過ごす関係を築くことができる。犬がいる生活は、豊かで活気があり、とてもすばらしいもの。
 しかし、犬とのすばらしい生活を送るためには、相応の時間や手間、お金がかかる。社会的には飼主として、犬から見ればリーダーとしての責任が出てくるます。
 社会に迷惑をかけないようにするために犬をしつけたり、犬の食事や健康をしっかり管理したりしなければならない。あなたの飼った犬が、思いもよらないトラブルを起こすこともあるし、突然無駄吠えをしたり、攻撃的になることもある。
 たいていの人は、犬を飼う前には、犬が家族の一員として平和に暮らしている生活を想像すると思う。しかし、それを実現するためには、犬に関する正しい知識や、根気強い心、それなりの費用や手間がかかるのである。
・犬を飼うための費用
 犬を飼うために必要な費用は、犬を購入する費用だけではないせん。飼育のためのグッズを揃えるのに2〜4万円。毎月の食費は2000〜8000円程度。シャンプーなどの消耗品で1000〜2000円程度。病気や怪我をしたとき、犬は人間と違って保険がきかない。予防接種や健康診断などで2〜4万円程度。避妊の手術をする場合は2〜4万円など、思ったより費用がかかるものなのだ。
・犬を飼うための手間
 毎日犬といっしょに散歩や運動をする時間の余裕があるか。しつけを根気強く行えるか。またどのようにしつけをすればいいのか。犬の食事の時間や内容に気を配れるか。尿や便の処理をしたり、ブラッシングしたり、定期的にシャンプーしたり、爪や歯や耳を掃除したり、必要に応じてプロにトリミングを行ったり、犬を飼うには相当な労力が必要だ。
・犬を飼うための制約
 また犬を飼うということは、生活に制約が付きまとうということにもなる。外出や旅行は自由にはできないし、子犬を飼う場合、しばらくは子犬中心の生活になる。犬の生活のリズムを崩さないために、食事や散歩は決められた時間に行うことが望ましい。飼主となる人が、これらの知識や覚悟がないままだと、犬と家族のように暮らしていくのは難しい。
 しかし裏を返せば、正しい知識を学び、愛情と根気を持って接していけば、誰でも犬と楽しく生活することができるということだ。ペットショップでかわいい子犬を見かけて、勢いで飼ったものの、なかなか言うことを聞かないと犬に文句を言うのではなく、まず飼主となるあなたが優秀な飼主になることが大切なのである。
posted by IT難民 at 07:06| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

本当に飼える?

 犬は、古来から人間のパートナーとして生活してきた。犬と人間は互いに考えていることを理解し合い、一生家族としていっしょに過ごす関係を築くことができる。犬がいる生活は、豊かで活気があり、とてもすばらしいもの。
 しかし、犬とのすばらしい生活を送るためには、相応の時間や手間、お金がかかる。社会的には飼主として、犬から見ればリーダーとしての責任が出てくるます。
 社会に迷惑をかけないようにするために犬をしつけたり、犬の食事や健康をしっかり管理したりしなければならない。あなたの飼った犬が、思いもよらないトラブルを起こすこともあるし、突然無駄吠えをしたり、攻撃的になることもある。
 たいていの人は、犬を飼う前には、犬が家族の一員として平和に暮らしている生活を想像すると思う。しかし、それを実現するためには、犬に関する正しい知識や、根気強い心、それなりの費用や手間がかかるのである。
・犬を飼うための費用
 犬を飼うために必要な費用は、犬を購入する費用だけではないせん。飼育のためのグッズを揃えるのに2〜4万円。毎月の食費は2000〜8000円程度。シャンプーなどの消耗品で1000〜2000円程度。病気や怪我をしたとき、犬は人間と違って保険がきかない。予防接種や健康診断などで2〜4万円程度。避妊の手術をする場合は2〜4万円など、思ったより費用がかかるものなのだ。
・犬を飼うための手間
 毎日犬といっしょに散歩や運動をする時間の余裕があるか。しつけを根気強く行えるか。またどのようにしつけをすればいいのか。犬の食事の時間や内容に気を配れるか。尿や便の処理をしたり、ブラッシングしたり、定期的にシャンプーしたり、爪や歯や耳を掃除したり、必要に応じてプロにトリミングを行ったり、犬を飼うには相当な労力が必要だ。
・犬を飼うための制約
 また犬を飼うということは、生活に制約が付きまとうということにもなる。外出や旅行は自由にはできないし、子犬を飼う場合、しばらくは子犬中心の生活になる。犬の生活のリズムを崩さないために、食事や散歩は決められた時間に行うことが望ましい。飼主となる人が、これらの知識や覚悟がないままだと、犬と家族のように暮らしていくのは難しい。
 しかし裏を返せば、正しい知識を学び、愛情と根気を持って接していけば、誰でも犬と楽しく生活することができるということだ。ペットショップでかわいい子犬を見かけて、勢いで飼ったものの、なかなか言うことを聞かないと犬に文句を言うのではなく、まず飼主となるあなたが優秀な飼主になることが大切なのである。
posted by IT難民 at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「薬機法の世界に入り込む」と薬機法違反

 ペットフードやペット用雑貨というものは、動物用のものとして薬機法で規定されている「医薬品」「医薬部外品」「医療機器」ではない。なので、
 ・医薬品や医療機器のような効能を標ぼうする
 ・医薬品専用成分を配合する
 等、いわゆる“薬機法の世界に入り込むこと(効果効能の標ぼうなど)”をすると薬機法違反になると考えられる。
 ペットフードも動物用雑貨も、人間の健康食品や雑貨と同様、直接薬機法の規制は受けず、医薬品もしくは医療機器的効能効果を標ぼうする等、無許可で医薬品あるいは医療機器であるかのように振る舞うことそのものが禁止となる。
posted by IT難民 at 07:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

「薬機法の世界に入り込む」と薬機法違反

 ペットフードやペット用雑貨というものは、動物用のものとして薬機法で規定されている「医薬品」「医薬部外品」「医療機器」ではない。なので、
 ・医薬品や医療機器のような効能を標ぼうする
 ・医薬品専用成分を配合する
 等、いわゆる“薬機法の世界に入り込むこと(効果効能の標ぼうなど)”をすると薬機法違反になると考えられる。
 ペットフードも動物用雑貨も、人間の健康食品や雑貨と同様、直接薬機法の規制は受けず、医薬品もしくは医療機器的効能効果を標ぼうする等、無許可で医薬品あるいは医療機器であるかのように振る舞うことそのものが禁止となる。
posted by IT難民 at 07:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットフードは「食品」ではない

 薬機法で規定されるペット用の商品には「医薬品」「医薬部外品」「医療機器」はあっても、「化粧品」はない。例えば、ペット用シャンプーという商品があるが、人間のような「化粧品」というカテゴリはないので、おのずと「雑貨」か「医薬部外品」「医薬品」になる。
 ・一般品(動物用雑貨のこと)…… 清潔にすることだけを目的にした通常の成分で構成されたもの。
 ・医薬部外品や医薬……ノミ取りを効果として謳ったり、湿疹の治療や外部寄生虫の駆除等、薬効のある成分が入っていたりするもの。
 ここは人間のものと大きく違うポイント。そしてもう1つ異なる点は、同じ薬機法でも人間の場合は「厚生労働省」が管轄だが、動物の場合は「農林水産省」となる。
 またもう1つの特徴として、ペットフードはいわゆる「食品」ではないということだ。人間の食品関連の法令(食品衛生法、JAS法、食品表示法、健康増進法等)による規制は原則、受けないとされている(ただし食品衛生法の中の「食品、添加物等の規格基準」は適用)。
posted by IT難民 at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットフードは「食品」ではない

 薬機法で規定されるペット用の商品には「医薬品」「医薬部外品」「医療機器」はあっても、「化粧品」はない。例えば、ペット用シャンプーという商品があるが、人間のような「化粧品」というカテゴリはないので、おのずと「雑貨」か「医薬部外品」「医薬品」になる。
 ・一般品(動物用雑貨のこと)…… 清潔にすることだけを目的にした通常の成分で構成されたもの。
 ・医薬部外品や医薬……ノミ取りを効果として謳ったり、湿疹の治療や外部寄生虫の駆除等、薬効のある成分が入っていたりするもの。
 ここは人間のものと大きく違うポイント。そしてもう1つ異なる点は、同じ薬機法でも人間の場合は「厚生労働省」が管轄だが、動物の場合は「農林水産省」となる。
 またもう1つの特徴として、ペットフードはいわゆる「食品」ではないということだ。人間の食品関連の法令(食品衛生法、JAS法、食品表示法、健康増進法等)による規制は原則、受けないとされている(ただし食品衛生法の中の「食品、添加物等の規格基準」は適用)。
posted by IT難民 at 07:30| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

栄養に関するものは「ペットフード安全法」の対象

 2008年6月18日に「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が、環境省及び農林水産省が共管する法律として制定され、2009年6月1日から施行(義務化は2010年12月)されている。
 「愛がん動物」とは犬または猫のことで、「愛がん動物用飼料」とは愛がん動物の栄養に供することを目的として使用される物を指す。
 栄養に供することを目的として使用される場合は、ミネラルウォーター、生肉、スナック、ガム、サプリメント等も、この法律の対象となる「愛がん用動物飼料」に含まれる。
 一方で、愛がん動物が口にする可能性があっても、おもちゃや食器などは、栄養に供するものではないことから、この法律の対象とならない。また、犬・猫以外の動物の飼料もこの法律の対象外ということになりるす。
 例えば、猫用にマタタビ製品があるが、
 ・マタタビの他にビタミン、ミネラルなどの微量栄養成分を配合し、これらの微量成分を摂取することを目的としたもの →ペットフード安全法の対象内
 ・香り付けや遊具として使用することを目的としたもの →ペットフード安全法の対象外
 という考え方になる。
 この省令により、ドッグフードやキャットフードは、パッケージに「名称」「賞味期限」「原材料名」「原産国名」「製造業者、輸入業者または販売業者の名称と住所」を表示することが義務付けられた。
 ペットフード安全法に基づく表示…@名称 A賞味期限 B原材料名 C原産国名 D事業者名・住所 ペットフード安全法以外の表示…用途、与え方、内容量、成分。用途、与え方、内容量、成分の項目も「ペットフードの表示に関する公正競争規約」により表示されている。
 ペットフード安全法で義務付けられている5項目以外にも、ペットフード公正取引協議会の会員社は、目的・用途、給与方法、内容量、成分を表示することになっている。
 そして、もちろんペットフードや動物用雑貨の表示においても、商品の品質や規格などが実際のものよりも著しく優良であると消費者が誤認するような表示等は不当表示として「景品表示法」で禁止される。
 また、ネット通販やカタログ通販の場合は、通信販売等の広告規制等が含まれる「特定商取引法」の対象となる。この部分は人間のものと同様。
posted by IT難民 at 07:05| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

栄養に関するものは「ペットフード安全法」の対象

 2008年6月18日に「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)が、環境省及び農林水産省が共管する法律として制定され、2009年6月1日から施行(義務化は2010年12月)されている。
 「愛がん動物」とは犬または猫のことで、「愛がん動物用飼料」とは愛がん動物の栄養に供することを目的として使用される物を指す。
 栄養に供することを目的として使用される場合は、ミネラルウォーター、生肉、スナック、ガム、サプリメント等も、この法律の対象となる「愛がん用動物飼料」に含まれる。
 一方で、愛がん動物が口にする可能性があっても、おもちゃや食器などは、栄養に供するものではないことから、この法律の対象とならない。また、犬・猫以外の動物の飼料もこの法律の対象外ということになりるす。
 例えば、猫用にマタタビ製品があるが、
 ・マタタビの他にビタミン、ミネラルなどの微量栄養成分を配合し、これらの微量成分を摂取することを目的としたもの →ペットフード安全法の対象内
 ・香り付けや遊具として使用することを目的としたもの →ペットフード安全法の対象外
 という考え方になる。
 この省令により、ドッグフードやキャットフードは、パッケージに「名称」「賞味期限」「原材料名」「原産国名」「製造業者、輸入業者または販売業者の名称と住所」を表示することが義務付けられた。
 ペットフード安全法に基づく表示…@名称 A賞味期限 B原材料名 C原産国名 D事業者名・住所 ペットフード安全法以外の表示…用途、与え方、内容量、成分。用途、与え方、内容量、成分の項目も「ペットフードの表示に関する公正競争規約」により表示されている。
 ペットフード安全法で義務付けられている5項目以外にも、ペットフード公正取引協議会の会員社は、目的・用途、給与方法、内容量、成分を表示することになっている。
 そして、もちろんペットフードや動物用雑貨の表示においても、商品の品質や規格などが実際のものよりも著しく優良であると消費者が誤認するような表示等は不当表示として「景品表示法」で禁止される。
 また、ネット通販やカタログ通販の場合は、通信販売等の広告規制等が含まれる「特定商取引法」の対象となる。この部分は人間のものと同様。
posted by IT難民 at 06:48| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告表現でNGになる6つのポイント

 人間の食品と同様、ペットフードと医薬品を判別するポイントは、成分本質、形状、用法用量、効能効果の4つのファクターになる。
 ペットフードである以上、この4つのファクターについて医薬品と区別を付けていないと、無承認無許可医薬品であると見なされ、薬機法違反と判断されてしまう可能性が生じる。
 特に問題とされるのがペットフードによる「医薬品的効能効果」です。医薬品的な効能効果と判断されるポイントを、例とともに6つにまとめる。
 @ 「○○病の治療に」「○○病の改善に」「○○病に」「症状に応じて、使用してください」→主に動物の疾病の治療に使用されることが目的と判断される表示と言えるため、使用できない。
 A 「病気・老化予防に」「疾病予防に効果があるといわれている○○が豊富に含まれています」→主に動物の疾病の予防に使用されることが目的と判断される表示と言えるため、使用できない。
 B 「その著しい効果は、動物の関節強化、保護に、十分に発揮されます」→主に動物の身体の構造に影響を及ぼすことが目的と判断される表示と言えるため、使用できない。
 C 「歯・歯周の消臭に効果のあるサプリメントです」「犬独特の体臭が和らぎます」「胃腸が丈夫になります」→主に動物の身体の機能に影響を及ぼすことが目的と判断される表示と言えるため、使用できない。
 D 「○○の漢方薬剤をベースに開発されました」「動物医療用」→医薬品であることを暗示させる表示と言えるため、使用できない。
 E 飼育者の経験談:「○○を与えたところ、体調も良くなり今も元気です」→新聞、雑誌等の記事、獣医師、学者等の談話、学説、経験談等を引用または掲載することにより、医薬品であることを暗示させる表示は使用できない。
posted by IT難民 at 06:49| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

医薬品的効能効果とそれ以外の表現を区別するポイントとは?

 ペットフードにおける医薬品的効能効果とそれ以外の表現を区別する注意点を、ジャンルに分けてそれぞれ解説してみよう。
 @ 栄養補給
 特定部位への「栄養補給」は標ぼう可能。
 「○○(特定部位名)の健康維持のために○○(成分名)を配合」等、特定部位の改善、増強等を標ぼうしない場合には、直ちに医薬品的な効能効果とは判断されない。
 人間が食する健康食品の場合、特定部位への栄養補給を標ぼうすることは、医薬品的効能効果と解釈され、不可となるので混同しないように…。
 A 療法食
 ペットフードと認識される物は疾病名が使える場合がある。栄養成分の量や比率などを調節することによって、特定の疾病等に対し、いわゆる食事療法として使用されることを意図して作られたものについては、栄養成分の量や比率などがどのように調節されているのかを具体的に明示した上で、疾病名や動物の身体の構造または機能について表示することは、直ちに医薬品的な効能効果とは判断されない。
 ただし、当該製品が一般に犬用・猫用のペットフードとして認識されるものであることが明確な場合に限る。
 例えば「ペット用サプリメント」と呼ばれるもののように、錠剤や粉末状など、その製品自体がフードとして認識されがたい形態・使用方法のものについては、医薬品との誤認を招く可能性があることから不可とされている。
 「減量・ダイエットを必要とする犬、猫のために、カロリーを低く抑えて調整した療法食です」という表現であれば、直ちに医薬品的な効能効果とは判断されない。
 B 糞や尿の臭い
 着香や臭いの吸着等、フードや腸内容物への作用の場合は標ぼう可能。口臭または体臭の防止や殺菌作用を持つ成分を含有するものによる消臭効果は、医薬部外品の効能効果と解釈されるが、「配合されている○○(成分名)が糞の臭いを軽減します」といった、着香や臭いの吸着等の、フードや腸内容物への作用によるもの等の場合は、医薬品的な効能効果とは判断されない。
 C 免疫
 健康維持の範囲内で本来備わっている「免疫」は標ぼう可能。「健康を維持することにより動物が本来持っている免疫力を保ちます」等、全体的な健康維持の範囲内で本来備わっている「免疫」「抵抗力」または「体力」を維持する範囲の表現については、直ちに医薬品的な効能効果とは判断されない。
 しかし、「抵抗力のある身体を作る」といった表現を用いることにより、それらを増強・改善するものは医薬品的な効能効果と判断される。
 D 毛玉
 食物繊維由来で、物理的に毛玉の形成を抑えたり除去したりする場合は可能。「毛玉の除去」については医薬部外品として承認されている製品があるため、医薬品的な効能効果に該当すると判断されるが、「本製品は食物繊維が豊富なため、毛玉の形成を抑えます」等、食物繊維が豊富に含まれることにより、物理的に毛玉の形成を抑えたり除去することについて、その旨明示している場合には、直ちに医薬品的な効能効果とは判断されない。
 E 歯垢・歯石
 物理的に歯垢・歯石の沈着を抑えることは標ぼう可能。製品の物理的特性として、「口腔内で消化されやすい旨」および「噛むことが促される旨」を明記した上で、「歯垢もしくは歯石の沈着を抑える」または「歯垢が付きにくくなる」ということを標ぼうすることは、直ちに医薬品的な効能効果とは判断されない。
 例:「かめばかむほど配合の植物パルプが歯垢ポケットにブラッシング効果をもたらし、愛犬の歯垢の蓄積を抑える手助けをします」
 F 口臭
 噛むことで物理的に歯垢や歯石がつきにくくなった結果の「口臭」は可能。口臭の防止は医薬品的な効能効果と判断されるが、「噛むことで歯垢の沈着を押さえることにより口臭を軽減します」等、噛むことで物理的に歯垢または歯石が沈着しにくくなることにより口臭を軽減するという表現は、その旨を明示していることを条件に、直ちに医薬品的な表現とは判断されない。
 G アレルギー
 アレルゲンとなる物質を含まないことからの標ぼうは可能。アレルゲンとなる物質を含まないことにより、アレルギーを持った動物に対して与えることができるという場合に、含まない物質等を明記した上で「アレルギーに配慮」「アレルギーに悩む動物のために」のような表現を行うことは、直ちに医薬品的な表現とは判断されない。
 H サポート
 健康維持の範囲は標ぼう可能。「サポート」という表現は、健康維持の範囲で使用されるのであれば、直ちに医薬品的な効能効果とは判断されない。一方で、「疾病名や身体の機能を直接的にサポートする」という表現は、動物の身体または機能の改善または増強を暗示していると解釈されることから医薬品的な効能効果と判断される。
posted by IT難民 at 07:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

犬のマイクロチップ ── いくらくらいかかるの? 法律で決まっているの?

 動物好きは、ときおりペットショップをのぞく。 あるときは、ちょっと大きくなりすぎた犬の値札が「値下げしました。3万円」となっていた。しかし、値札のすみのほうに書かれた小さな文字をよくよく見ると、この犬には3万円のほかにパック料金が4万7,000円かかると記載されている。
 「3万円の商品を手に入れるのに、加えて4万7,000円の費用って…。これっておかしくない」
 早速、4万7,000円の内訳をみていこう。このペットショップでは内訳を明らかにしていないが、どうやら以下のようなものが含まれているらしい。
 ・ 獣医師による健康診断・混合ワクチン(1回目のみ)
 ・ マイクロチップ本体代金+装着代+登録料
 ・ 寄生虫予防
 ・ 3ヵ月の生命保障
 ・ ◯◯ペットクリニックの会員登録料、割引券各種など
直感的にこの価格を「高い!」と感じた。
 ワクチン代は種類にもよるだろうが、1万円はしない。マイクロチップは、登録料まで含めても5,000円ほど。さらに生命保障なんて、飼主からしたら、万一亡くなってしまったときに代わりをもらっても仕方がないし、そのための掛け金なんてわずかなものだろう。
 何より、ほかの項目もほとんど「原価」とは認められないような代物。そして、「このパック料金を受け入れない限り、犬は売りません」と言うのであれば、独占禁止法の「抱き合わせ商法」に該当するような気すらしてくる。
 ここで、もう少しマイクロチップについて掘り下げてみよう。
 検索してみるとすぐに、環境省の「犬猫のマイクロチップの義務化について」というサイトに行きあたる。表題からして、環境省としては努力義務から義務化の方向にもっていきたい意図を持っていることがわかる。現在の法律と、そこに示されている解説は以下の通り。
 動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105(以下「動愛法」という)では、第7条第3項に所有明示の努力規定がある。この規定に基づく「動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置(平成 18年環境省告示第 23 号)」では、家庭動物に装着・施術する識別器具等として、首輪、名札、マイクロチップ、入れ墨、脚環等が示されている。
 上記の一文を読んでわかることは、「所有者がわかるようにする努力義務がある」ということだけだ。どこにも「マイクロチップでなければならない」とは書いていないし、あくまで「努力義務」なのである。
 なるほど、業界団体や獣医師会は東日本大震災のかわいそうな犬たちの例を出すなどして、さかんにペットへのマイクロチップの埋め込みを推奨している。さもマイクロチップさえ装着していれば、迷子になったとしても、すぐに愛犬が出てくる(発見できる)よう記述しているサイトも見受けられる。だがどうなのか。義務づけすべきなのか、はなはだ疑問だ。法律で義務化するというのなら仕方がないが、そんな法律は今のところない。
posted by IT難民 at 07:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

犬のマイクロチップ ── いくらくらいかかるの? 法律で決まっているの?

 動物好きは、ときおりペットショップをのぞく。 あるときは、ちょっと大きくなりすぎた犬の値札が「値下げしました。3万円」となっていた。しかし、値札のすみのほうに書かれた小さな文字をよくよく見ると、この犬には3万円のほかにパック料金が4万7,000円かかると記載されている。
 「3万円の商品を手に入れるのに、加えて4万7,000円の費用って…。これっておかしくない」
 早速、4万7,000円の内訳をみていこう。このペットショップでは内訳を明らかにしていないが、どうやら以下のようなものが含まれているらしい。
 ・ 獣医師による健康診断・混合ワクチン(1回目のみ)
 ・ マイクロチップ本体代金+装着代+登録料
 ・ 寄生虫予防
 ・ 3ヵ月の生命保障
 ・ ◯◯ペットクリニックの会員登録料、割引券各種など
直感的にこの価格を「高い!」と感じた。
 ワクチン代は種類にもよるだろうが、1万円はしない。マイクロチップは、登録料まで含めても5,000円ほど。さらに生命保障なんて、飼主からしたら、万一亡くなってしまったときに代わりをもらっても仕方がないし、そのための掛け金なんてわずかなものだろう。
 何より、ほかの項目もほとんど「原価」とは認められないような代物。そして、「このパック料金を受け入れない限り、犬は売りません」と言うのであれば、独占禁止法の「抱き合わせ商法」に該当するような気すらしてくる。
 ここで、もう少しマイクロチップについて掘り下げてみよう。
 検索してみるとすぐに、環境省の「犬猫のマイクロチップの義務化について」というサイトに行きあたる。表題からして、環境省としては努力義務から義務化の方向にもっていきたい意図を持っていることがわかる。現在の法律と、そこに示されている解説は以下の通り。
 動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105(以下「動愛法」という)では、第7条第3項に所有明示の努力規定がある。この規定に基づく「動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置(平成 18年環境省告示第 23 号)」では、家庭動物に装着・施術する識別器具等として、首輪、名札、マイクロチップ、入れ墨、脚環等が示されている。
 上記の一文を読んでわかることは、「所有者がわかるようにする努力義務がある」ということだけだ。どこにも「マイクロチップでなければならない」とは書いていないし、あくまで「努力義務」なのである。
 なるほど、業界団体や獣医師会は東日本大震災のかわいそうな犬たちの例を出すなどして、さかんにペットへのマイクロチップの埋め込みを推奨している。さもマイクロチップさえ装着していれば、迷子になったとしても、すぐに愛犬が出てくる(発見できる)よう記述しているサイトも見受けられる。だがどうなのか。義務づけすべきなのか、はなはだ疑問だ。法律で義務化するというのなら仕方がないが、そんな法律は今のところない。
posted by IT難民 at 07:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットのトラブル対処法

 地震の被災地では、ペットを飼育する被災者が、そのペットの扱いをめぐってトラブルとなり避難所を追われるケースがすくなくないという。「うちの子はイヌだけど家族同然なんだ」という人の切実な感情はとってもよく分かるし、一方で「人が生きていくだけで精一杯な中、ペットまではちょっと・・」という気持もやはり理解に難くない。どちらか一方が正しいとか正しくないとかではなく、さまざまな人が持っているそれぞれの価値観が狭い避難所でぶつかり合う以上、大小問わず衝突はどうしても避けられないもの。これを何とか解決に導く現場知やノウハウ、いわゆるメディエーションが被災地で求められる状況にあるだろうと推察する。
 ペットに関してはある程度寛容なつもりの人も、いざ自ら被災して避難所に行ったところ隣の避難者がヘビとかカメレオンを放し飼いにしていたら、平然と過ごせる自信はあるだろうか。
 このような極限状態における問題はさておくとしても、ペットをめぐる法的なトラブルは、意外と日常茶飯的に存在するもの。特に多いのは、マンションでのペットトラブル。賃貸借契約が終了して入居者が退去した後に室内をチェックしたら、禁止しているはずのペットのニオイがした・・とか、夜中に隣家からペットの鳴き声が響いてうるさいから止めさせて欲しい・・など、その内容はまさに千差だ。特に、分譲マンションにおいて、管理規約でペット飼育を禁止しているにもかかわらず区分所有者が飼育をやめようとしない、といったケースでは、入居者間で対立が激化し、訴訟化してしまうような案件も少なくない。
 このように、ペット禁止の管理規約が定められている分譲マンションで入居者がペット飼育をしていることが判明した場合、飼育をやめさせるよう法的な請求をすることができるのか。
この点、過去の裁判例を調べてみると、当初から管理規約においてペット飼育が禁じられているケースでは「飼育をしてはならない」という判決が下されているものが散見される一方で、入居者間のトラブルが発展して事後的にペットに関する規約を設けたような事案では、ペット飼育の差し止めは認められない傾向にあるようだ。
 他方、賃貸マンションでペット飼育が許可されていない場合には、上記と同様、飼育の差し止めが認められる可能性があるほか、重大な契約違反として賃貸借契約の解除ができるケースが多い。賃貸借契約は賃貸人の許容する範囲でのみ使用収益が許されるものである以上、用法違反があれば契約自体を破棄することもやむを得ないとの価値判断がなされるためである。
 集合住宅をめぐるペットトラブル以外にも、最近ペットにまつわる法律相談が増えてきている。弁護士事務所にペットの医療過誤に関する相談のために来所されるひともいる。交通事故によりペットがひかれて亡くなった、という話もよく聞く。
 不法行為によってペットの命が失われたとしても、多くの場合、裁判上認められる損害賠償額は極めて少額にとどまる。いかにペットが家族として大切な存在であったとしても、残念ながら法律上は「物」としての扱いしか受けられないのが訴訟実務の現状なのである。
posted by IT難民 at 07:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

ペットの損害賠償請求に関する法律相談

 ペットを散歩に連れていったところ、目を離したすきに人に噛みついて怪我をさせてしまったというケースや、ペットが病気なので動物病院に連れていったけれども適切な治療をされず、後遺障害が残ったというような話しを耳にする。
 人に怪我をさせてしまったというケースは、大した怪我でなければ、昔だったらさして大事にはならなかったと思うのだが、今では警察に被害届けを出されたり(刑事事件として過失傷害罪などの処罰を受ける)、損害賠償請求を請求されるなどといったことが起こっている。
 刑事事件では過失傷害罪には罰金刑があり(法律上は30万円が上限)、警察の取り調べを受けることとなる。
 損害賠償請求もかまれた怪我の治療費のほか、被害者がそれが原因でウツになったという場合は、そのウツの治療費や慰謝料等も請求されることがあり、なかなか大変な世の中になってきたものだとの感を深くする。
 ペットに関する法律問題の本というと、「ペットの法律問題」などという書物が出版されているが、ペットの法律問題全般を対象としているためか、ペットの事故関係の論述は比較的多くはなく、ペットが医療過誤にあって後遺障害が残った場合にどのような請求ができるかという点については、参考となる論述を見つけることができない。
世の中のほうが先に進み、法律家の世界ではそれが後追いとなるということはよくあることなのだが、この分野でも同様のようだ。
posted by IT難民 at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

ペットの損害賠償請求に関する法律相談

 ペットを散歩に連れていったところ、目を離したすきに人に噛みついて怪我をさせてしまったというケースや、ペットが病気なので動物病院に連れていったけれども適切な治療をされず、後遺障害が残ったというような話しを耳にする。
 人に怪我をさせてしまったというケースは、大した怪我でなければ、昔だったらさして大事にはならなかったと思うのだが、今では警察に被害届けを出されたり(刑事事件として過失傷害罪などの処罰を受ける)、損害賠償請求を請求されるなどといったことが起こっている。
 刑事事件では過失傷害罪には罰金刑があり(法律上は30万円が上限)、警察の取り調べを受けることとなる。
 損害賠償請求もかまれた怪我の治療費のほか、被害者がそれが原因でウツになったという場合は、そのウツの治療費や慰謝料等も請求されることがあり、なかなか大変な世の中になってきたものだとの感を深くする。
 ペットに関する法律問題の本というと、「ペットの法律問題」などという書物が出版されているが、ペットの法律問題全般を対象としているためか、ペットの事故関係の論述は比較的多くはなく、ペットが医療過誤にあって後遺障害が残った場合にどのような請求ができるかという点については、参考となる論述を見つけることができない。
世の中のほうが先に進み、法律家の世界ではそれが後追いとなるということはよくあることなのだが、この分野でも同様のようだ。
posted by IT難民 at 07:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣医師が負う法律上の責任

 獣医師にペットの診療を受けさせる場合は、獣医師と飼主との間に診療契約が結ばれる。診療契約の法的性質は、獣医師が獣医学的な知識や技術による医療を提供し、飼主が提供された医療の対価として診療報酬を支払うことを約束する事務処理委任契約(民法656条)とされている。
 したがって獣医師は、委任契約の受任者として、善良なる管理者の注意義務(善管注意義務)をもって診療を行わなければならない(民法644条)。
 獣医師が故意または過失によってこの義務に違反した場合には債務不履行責任(損害賠償、契約解除)を負う。問題は具体的にどのような場合に獣医師の故意または過失(善管注意義務違反)が認められるかなのだ。
 善管注意義務は、獣医師が悪い結果に対して全責任を負うという結果責任の規定ではない。善管注意義務の内容、程度は、診療行為の時点の具体的状況下における具体的注意義務を問題とする。
 獣医師が具体的注意義務違反を問われる場合は、まず平均的な獣医学のレベルにある獣医師の診療行為を想定し、その平均的な診療行為を下回るような低レベルの診療行為がなされた場合ということになる。だから、獣医師の具体的診療行為の内容や平均的なレベルにある獣医師の平均的な診療行為の内容が問題となり、相当な能力を有する弁護士や獣医師による専門的知見が必要となる。
 裁判例上獣医師の過失が認められた事例として、獣医師による帝王切開が失敗して母犬が死亡した事件(東地判昭43.5.13判時528-58)が良く知られている。この場合には獣医師が母犬の胎内にガーゼを遺留する等の過失によって過失が認定された。
 ところで、獣医師が善管注意義務を負うところから、獣医師としては、飼主に対し、飼い犬の病状や傷害の原因・内容・予後、診療方針や内容、診療報酬等の費用等について十分に説明をして理解・納得してもらうことが重要となる。
 特に、診療行為の危険性やそれに要する費用についてきちんと説明することがポイントである。獣医師が十分な説明をし、それを理解・納得した飼主が診療や治療を依頼することがトラブル回避のための一番の予防策なのだ。
posted by IT難民 at 07:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

獣医師が負う法律上の責任

 獣医師にペットの診療を受けさせる場合は、獣医師と飼主との間に診療契約が結ばれる。診療契約の法的性質は、獣医師が獣医学的な知識や技術による医療を提供し、飼主が提供された医療の対価として診療報酬を支払うことを約束する事務処理委任契約(民法656条)とされている。
 したがって獣医師は、委任契約の受任者として、善良なる管理者の注意義務(善管注意義務)をもって診療を行わなければならない(民法644条)。
 獣医師が故意または過失によってこの義務に違反した場合には債務不履行責任(損害賠償、契約解除)を負う。問題は具体的にどのような場合に獣医師の故意または過失(善管注意義務違反)が認められるかなのだ。
 善管注意義務は、獣医師が悪い結果に対して全責任を負うという結果責任の規定ではない。善管注意義務の内容、程度は、診療行為の時点の具体的状況下における具体的注意義務を問題とする。
 獣医師が具体的注意義務違反を問われる場合は、まず平均的な獣医学のレベルにある獣医師の診療行為を想定し、その平均的な診療行為を下回るような低レベルの診療行為がなされた場合ということになる。だから、獣医師の具体的診療行為の内容や平均的なレベルにある獣医師の平均的な診療行為の内容が問題となり、相当な能力を有する弁護士や獣医師による専門的知見が必要となる。
 裁判例上獣医師の過失が認められた事例として、獣医師による帝王切開が失敗して母犬が死亡した事件(東地判昭43.5.13判時528-58)が良く知られている。この場合には獣医師が母犬の胎内にガーゼを遺留する等の過失によって過失が認定された。
 ところで、獣医師が善管注意義務を負うところから、獣医師としては、飼主に対し、飼い犬の病状や傷害の原因・内容・予後、診療方針や内容、診療報酬等の費用等について十分に説明をして理解・納得してもらうことが重要となる。
 特に、診療行為の危険性やそれに要する費用についてきちんと説明することがポイントである。獣医師が十分な説明をし、それを理解・納得した飼主が診療や治療を依頼することがトラブル回避のための一番の予防策なのだ。
posted by IT難民 at 06:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外の動物事情から分かる日本の問題点

 欧米諸国に比べ日本という国は、動物愛護や動物の保護という点で遅れていると言われている。どのように違うのか、ほかの国そして日本での動物事情を知ると日本の課題が浮かび上がってくる。
 まずは欧米諸国を代表して3つの国のさまざまな動物事情を紹介する。
 アメリカには「アニマルポリス」という動物専門の警察官がいる。アニマルポリスには通常の警察官と同じ権限があり、虐待を受けている動物を強制的に保護したり、虐待をする飼い主を逮捕したりすることができる。また、一般市民の間でも、虐待などが疑われる動物を見たら通報するという意識が広く浸透している。
法律や刑罰などに関しては州による違いはあるが、動物保護に取り組む意欲が強くうかがえる。
 ドイツでは犬を飼うとなった場合、ペットショップからではなく「ティアハイム」といわれる保護施設から迎える。
 迎える場合も、本当に犬を飼える環境であるのか、家族構成や仕事の時間、過去にも動物を飼っていたかどうか、その時の状態はどうだったかなどを調査し厳しく審査され、安易な気持では決して迎え入れることができない仕組みになっている。そしてティアハイムでは保護施設といっても日本と違い、殺処分までの期限はない。「犬を殺さない」という当たり前のことが、当たり前に考えられている。
 オーストリアにも動物の殺処分施設はない。保護施設で新しい家族を待ちますが、ドイツ同様、殺処分までの期限はない。また、オーストリアの動物法はペットだけでなく、たとえば野生動物をサーカスで使ってはならないなど、動物全般に適用される法律となっている。
 一方の日本はどうだろうか。オーストリア出身で、現在日本において動物の保護活動をしているマルコ・ブルーノさんがご自身の著書の中で「日本の犬にだけは生まれ変わりたくない」と言っている。このショッキングな言葉は何を意味するのでだろうか。ここからは日本の現状を見ていく。耳をふさぎたくなるような現状なのだ。
 日本では年間20万頭以上の動物が殺処分されている。これまで、年間20万頭以上もの動物が殺処分されている詳しい事情、そして殺処分といえば安楽死であると思ってきた。 ところがそうではないのだ。よく考えてみればこれだけの数の動物を「手厚く」とはいかないのが分かる。
 結果として「二酸化炭素による窒息死」が処分方法。決して安楽死、すなわち苦しまずに死んでいくというわけではない。狭い部屋に押し込められ、二酸化炭素ガスが充満してくる様子を想像してみてほしい。だんだん息ができなくなり、苦しみもがいて死んでいかなければならないだ。
 もう1つ、知らなかったことがある。保護施設には迷子になるなどして、飼主が分からないなどの動物たちが送られてくるが、それ以上に「飼主によって」持ち込まれる動物が圧倒的に多いのである。事情が変わって飼えなくなったというのが彼らの言い分なのだ。大好きな飼主と出かけた先が保護施設。そこに置いていかれ、もう二度と飼主が戻ってくることはない。その背中をどんな気持で見ているのだろうか…。
 また地域によっては、不要になった犬や猫を連れて収集場所に集まり、回収車に載せるというシステムもある。そして飼主によって持ち込まれた動物は、法律的にはその日のうちに殺処分が可能ということなる。これらは目を背けてはいけない現実であると同時に、直視するのが辛すぎる現実でもある。絶対に許されることではないはずだ。
 今、動物を取り巻く日本の現状を少しでも良くするために、去勢・避妊手術の周知、マイクロチップ挿入の推進、法律の整備などさまざまな取り組みがなされている。ペットショップで犬を「買う」のではなく、保護施設から譲り受ける方法もかなり認知されてきた。 1つでも2つでも多くの命が救われるように、社会全体にその動きがさらに広がるように、たとえ小さくてもできることはたくさんある。
 「インド独立の父」といわれるマハトマ・ガンディーは、「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」という言葉を残している。本当の意味で豊かな国、発展している国というのは、人間さえよければいいという考えを持たないものだ。
 しかし、の日本はどうでしょうか。先ほど述べたマルコ・ブルーノさんの言葉を私たちは重く受け止めなければならない。命に種類はない。軽いも重いもないのだ。 人間も動物も「日本に生まれて良かった」と思える社会を作ることは、簡単なことではないかもしれないが、それでも、やらなければならないのだ。日本が本当に豊かな国になるために、そして日本に住むみんなが幸せである国になるために…。
posted by IT難民 at 06:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外の動物事情から分かる日本の問題点

 欧米諸国に比べ日本という国は、動物愛護や動物の保護という点で遅れていると言われている。どのように違うのか、ほかの国そして日本での動物事情を知ると日本の課題が浮かび上がってくる。
 まずは欧米諸国を代表して3つの国のさまざまな動物事情を紹介する。
 アメリカには「アニマルポリス」という動物専門の警察官がいる。アニマルポリスには通常の警察官と同じ権限があり、虐待を受けている動物を強制的に保護したり、虐待をする飼い主を逮捕したりすることができる。また、一般市民の間でも、虐待などが疑われる動物を見たら通報するという意識が広く浸透している。
法律や刑罰などに関しては州による違いはあるが、動物保護に取り組む意欲が強くうかがえる。
 ドイツでは犬を飼うとなった場合、ペットショップからではなく「ティアハイム」といわれる保護施設から迎える。
 迎える場合も、本当に犬を飼える環境であるのか、家族構成や仕事の時間、過去にも動物を飼っていたかどうか、その時の状態はどうだったかなどを調査し厳しく審査され、安易な気持では決して迎え入れることができない仕組みになっている。そしてティアハイムでは保護施設といっても日本と違い、殺処分までの期限はない。「犬を殺さない」という当たり前のことが、当たり前に考えられている。
 オーストリアにも動物の殺処分施設はない。保護施設で新しい家族を待ちますが、ドイツ同様、殺処分までの期限はない。また、オーストリアの動物法はペットだけでなく、たとえば野生動物をサーカスで使ってはならないなど、動物全般に適用される法律となっている。
 一方の日本はどうだろうか。オーストリア出身で、現在日本において動物の保護活動をしているマルコ・ブルーノさんがご自身の著書の中で「日本の犬にだけは生まれ変わりたくない」と言っている。このショッキングな言葉は何を意味するのでだろうか。ここからは日本の現状を見ていく。耳をふさぎたくなるような現状なのだ。
 日本では年間20万頭以上の動物が殺処分されている。これまで、年間20万頭以上もの動物が殺処分されている詳しい事情、そして殺処分といえば安楽死であると思ってきた。 ところがそうではないのだ。よく考えてみればこれだけの数の動物を「手厚く」とはいかないのが分かる。
 結果として「二酸化炭素による窒息死」が処分方法。決して安楽死、すなわち苦しまずに死んでいくというわけではない。狭い部屋に押し込められ、二酸化炭素ガスが充満してくる様子を想像してみてほしい。だんだん息ができなくなり、苦しみもがいて死んでいかなければならないだ。
 もう1つ、知らなかったことがある。保護施設には迷子になるなどして、飼主が分からないなどの動物たちが送られてくるが、それ以上に「飼主によって」持ち込まれる動物が圧倒的に多いのである。事情が変わって飼えなくなったというのが彼らの言い分なのだ。大好きな飼主と出かけた先が保護施設。そこに置いていかれ、もう二度と飼主が戻ってくることはない。その背中をどんな気持で見ているのだろうか…。
 また地域によっては、不要になった犬や猫を連れて収集場所に集まり、回収車に載せるというシステムもある。そして飼主によって持ち込まれた動物は、法律的にはその日のうちに殺処分が可能ということなる。これらは目を背けてはいけない現実であると同時に、直視するのが辛すぎる現実でもある。絶対に許されることではないはずだ。
 今、動物を取り巻く日本の現状を少しでも良くするために、去勢・避妊手術の周知、マイクロチップ挿入の推進、法律の整備などさまざまな取り組みがなされている。ペットショップで犬を「買う」のではなく、保護施設から譲り受ける方法もかなり認知されてきた。 1つでも2つでも多くの命が救われるように、社会全体にその動きがさらに広がるように、たとえ小さくてもできることはたくさんある。
 「インド独立の父」といわれるマハトマ・ガンディーは、「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」という言葉を残している。本当の意味で豊かな国、発展している国というのは、人間さえよければいいという考えを持たないものだ。
 しかし、の日本はどうでしょうか。先ほど述べたマルコ・ブルーノさんの言葉を私たちは重く受け止めなければならない。命に種類はない。軽いも重いもないのだ。 人間も動物も「日本に生まれて良かった」と思える社会を作ることは、簡単なことではないかもしれないが、それでも、やらなければならないのだ。日本が本当に豊かな国になるために、そして日本に住むみんなが幸せである国になるために…。
posted by IT難民 at 06:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

ペットを飼育する場合は?

 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)、文化財保護法等、いくつかの法律は特定の動物の飼育について規制をしている。
 特定外来生物法は、特定の外来生物による生態系、人の生命・身体、農林漁業への被害を防止することを目的としている。特定外来生物に指定された生物を、飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外に放つこと等を原則として禁止している(特定外来生物法4条等)。
 もっとも、特定外来生物として規制される前から愛がん(ペット)・観賞目的で飼養等している場合は、規制されてから6ヵ月以内に申請を提出することにより、許可を得られれば、その個体に限り飼養等し続けることができる。同法では、販売又は頒布をする目的で飼養した場合は、3年以下懲役のもしくは300万円以下の罰金または併科とされており(32条)、飼育をした場合は、1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金又は併科(33条)とされている。
 ペットを飼育していたら知らないうちに違法となっていたという可能性もあるので、注意する必要がある。
posted by IT難民 at 07:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

食事の与え方で気をつけること

 食事の与え方について具体的に注意する例をいくつか挙げてみよう。
特にパウチや缶詰の中には総合栄養食ではないものが多く、気づかずに主食として与えてしまっているケースが意外と多いかもしれない。これらは「その他目的食」に当たり、「一般食」や「おかずタイプ」「副食」等と記載されていることもある。メーカーによって表記の仕方は異なるが、パッケージに表記されているすのでぜひ確認してみよう。
 また、「間食」と「総合栄養食」を勘違いして与えてしまうケースもあるかもしれない。例えば、一見「間食」のように見えるジャーキーやビスケットの中にも総合栄養食があるが、こういった製品の給与量表記には、それのみを与える場合の量が表記されていることが多い。この表記をオヤツとして与える量と勘違いしてしまうと、普段の食事に加えて与え過ぎということになってしまう。このようにペットフードもその形状や見た目が変化してきており外見では判断が難しくなってきているため、総合栄養食かどうかを確認することはとても大切である。
 「総合栄養食」を主食とするとともに、オヤツの与え方にも注意が必要。総合栄養食以外の間食、ヒトの食材、おかずタイプの一般食などは1日の摂取カロリーの20%以内、望ましくは10%以内に抑えよう。与える物にもよるが、多く与えすぎると塩分やリンの摂取の過多になる可能性があるだけでなく、主食の栄養バランスを崩してしまう。
 また普段の主食の量を減らさずにオヤツを追加するとカロリー過多となってしまうため、主食の量は与えたオヤツのカロリーの分だけ減らそう。総合栄養食の基準もさまざまな研究データを基にして、ある程度余力を持って作られているため、1日の摂取カロリー20%以内であれば大きな欠乏症が起こる可能性は低いと考えられる。
 しかし、個体差などもあるしペットの必須栄養素もまだ不明点があるのも事実なので、10%以内がより好ましいだろう。
posted by IT難民 at 08:13| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

食事の与え方で気をつけること

 食事の与え方について具体的に注意する例をいくつか挙げてみよう。
特にパウチや缶詰の中には総合栄養食ではないものが多く、気づかずに主食として与えてしまっているケースが意外と多いかもしれない。これらは「その他目的食」に当たり、「一般食」や「おかずタイプ」「副食」等と記載されていることもある。メーカーによって表記の仕方は異なるが、パッケージに表記されているすのでぜひ確認してみよう。
 また、「間食」と「総合栄養食」を勘違いして与えてしまうケースもあるかもしれない。例えば、一見「間食」のように見えるジャーキーやビスケットの中にも総合栄養食があるが、こういった製品の給与量表記には、それのみを与える場合の量が表記されていることが多い。この表記をオヤツとして与える量と勘違いしてしまうと、普段の食事に加えて与え過ぎということになってしまう。このようにペットフードもその形状や見た目が変化してきており外見では判断が難しくなってきているため、総合栄養食かどうかを確認することはとても大切である。
 「総合栄養食」を主食とするとともに、オヤツの与え方にも注意が必要。総合栄養食以外の間食、ヒトの食材、おかずタイプの一般食などは1日の摂取カロリーの20%以内、望ましくは10%以内に抑えよう。与える物にもよるが、多く与えすぎると塩分やリンの摂取の過多になる可能性があるだけでなく、主食の栄養バランスを崩してしまう。
 また普段の主食の量を減らさずにオヤツを追加するとカロリー過多となってしまうため、主食の量は与えたオヤツのカロリーの分だけ減らそう。総合栄養食の基準もさまざまな研究データを基にして、ある程度余力を持って作られているため、1日の摂取カロリー20%以内であれば大きな欠乏症が起こる可能性は低いと考えられる。
 しかし、個体差などもあるしペットの必須栄養素もまだ不明点があるのも事実なので、10%以内がより好ましいだろう。
posted by IT難民 at 07:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フードを与える量の目安とは?

 与える量はパッケージの側面や裏面に記載されている給与量表記が参考になる。また給与量表記を見ることはとても良いことだが、特にカロリー摂取がうまくいっているかどうかは犬や猫の状態を確認しながら与えることも大切。ぜひボディコンディションスコアという指標があるので参考にしてみることだ。
何か褒美をあげたいけれど、カロリーバランスが気になる方は、トッピングが入ったグルメタイプの総合栄養食を選択するのも良いかもしれない。このようなフードは、例えばニボシのようなトッピングも含めて栄養バランスの設計がされており、カロリー以外にナトリウムの量などもトッピング込みで記載されている。
 また療法食は、一般的な店でも入手できてしまう現状があるのだが、これらは病気のときなど特定の状態に使われるフードでその栄養設計も特殊なものが多いため、自己判断で使用するのではなく、必ず獣医師の指導のもとで与えるようにしよう。
posted by IT難民 at 07:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:52| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:52| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

posted by IT難民 at 06:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛するペットだからこそコミュニケーションをとって食事管理を!

 飼主側のコミュニケーションの問題も挙げておく。パッケージ表記や給与量にも気をつけて、運動もしっかりしているはずなのに太ってきているということはないだろうか。
意外と多いのが、家族内で複数の方がオヤツを少しずつ与えてしまい、その量を実は把握できていないというケースである。ご飯、オヤツをあげる係を決めるのも1つの手段だが、家族みんなが犬や猫と接することも良いことだと思うので、この場合は人間同士できちんとコミュニケーションをとって食事管理の内容を共有することも大切である。
また、食生活に気をつけることも大事だが、犬や猫の健康維持や生活の充実のためにはよく遊び、よく眠ることも大切なのである。
posted by IT難民 at 06:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする