2018年05月01日

動物飼育と環境問題

・多数の犬・猫の飼育と賃貸契約解除
 借家人が借家に多数の犬や猫を飼い、借家を毀損したり、近所に迷惑を掛けたから、賃貸借契約を解除するという事件は何度もおきている。結局現に犬や猫が多数飼育されていると話し合いで解決せざるを得ないことが多い。
・多数の犬・猫の飼育と周辺被害
 持ち家の人が、犬や猫を多数飼って臭いや騒音等で近隣の人達と紛争を起こすことも多数ある。迷惑の差し止めを求めるのは、社会生活の平穏の維持のため、当然の権利だが、問題の解決には、工夫と時間が必要となる。
・動物を飼う場合の守るべき事柄(動物の愛護及び管理に関する兵庫県条例10条)
 ペットを飼う以上、飼主はペットに対していい加減な扱いをすることは許されない。県条例などでは、ペットにキチンと水やるとか清潔にするとか、施設を作るとか、他人迷惑掛けない等を規定している。マナーの遵守を条例で義務ずけているのだ。
・死亡した犬、猫の処理
 ペットはなくなった場合、近年墓を作って祭るという人もいる。普通は行政に焼却を頼んで骨を回収していることが多いようだ。
 ペットの遺体は、廃棄物だが、焼却せず、そのまま土に返すことが禁止されていない。ところで、中古住宅をかって庭仕事をしていたら、庭に動物の骨や腐乱死体が多数受けられており、中古住宅購入者が動物を埋めた売主に対して損害賠償の訴訟を起こした例がある。売主は法律相談を聞きかじり、「庭へ埋めることの何が悪い」と言っている。禁止されなくても、動物の遺体の埋設も社会的な相当性が必要なのだ。
・野生の鳥獣(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律ー鳥獣保護法)
 鳥獣保護法は、鳥獣やそのタマゴは取ってはならない(同法8条)としている。ただ例外として、学術目的、許可された狩猟、農業等のためやむを得ない場合は、許される。雀やドバト、烏、ひよどりといえ、ほしいままに捕獲したり、傷つけたりしては、いけないのだ。
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物飼育と環境問題

・多数の犬・猫の飼育と賃貸契約解除
 借家人が借家に多数の犬や猫を飼い、借家を毀損したり、近所に迷惑を掛けたから、賃貸借契約を解除するという事件は何度もおきている。結局現に犬や猫が多数飼育されていると話し合いで解決せざるを得ないことが多い。
・多数の犬・猫の飼育と周辺被害
 持ち家の人が、犬や猫を多数飼って臭いや騒音等で近隣の人達と紛争を起こすことも多数ある。迷惑の差し止めを求めるのは、社会生活の平穏の維持のため、当然の権利だが、問題の解決には、工夫と時間が必要となる。
・動物を飼う場合の守るべき事柄(動物の愛護及び管理に関する兵庫県条例10条)
 ペットを飼う以上、飼主はペットに対していい加減な扱いをすることは許されない。県条例などでは、ペットにキチンと水やるとか清潔にするとか、施設を作るとか、他人迷惑掛けない等を規定している。マナーの遵守を条例で義務ずけているのだ。
・死亡した犬、猫の処理
 ペットはなくなった場合、近年墓を作って祭るという人もいる。普通は行政に焼却を頼んで骨を回収していることが多いようだ。
 ペットの遺体は、廃棄物だが、焼却せず、そのまま土に返すことが禁止されていない。ところで、中古住宅をかって庭仕事をしていたら、庭に動物の骨や腐乱死体が多数受けられており、中古住宅購入者が動物を埋めた売主に対して損害賠償の訴訟を起こした例がある。売主は法律相談を聞きかじり、「庭へ埋めることの何が悪い」と言っている。禁止されなくても、動物の遺体の埋設も社会的な相当性が必要なのだ。
・野生の鳥獣(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律ー鳥獣保護法)
 鳥獣保護法は、鳥獣やそのタマゴは取ってはならない(同法8条)としている。ただ例外として、学術目的、許可された狩猟、農業等のためやむを得ない場合は、許される。雀やドバト、烏、ひよどりといえ、ほしいままに捕獲したり、傷つけたりしては、いけないのだ。
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

野良猫に触るのは危険だ!「死に至る病」感染の恐れもある?

 関西在住の50代の女性が連れ帰ろうとした野良猫にかまれて10日後に死亡した。女性は「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症していたが、主な感染源とされるマダニに噛まれた形跡がなかったことから、厚生労働省はマダニに噛まれていた野良猫から間接的にウイルス感染したとみている。ペットジャーナリストは「野良猫に触るのは実はとても危険ということを認識してほしい」と警鐘を鳴らす。
 SFTSは2013年に国内で初めて死亡例が報告されて以降、266人がこの病気に感染し、57人が死亡している。ただ、動物を媒介して人への感染が確認されたのは初めてで、野良猫が感染源となる可能性自体は低い。
 マダニは、野生動物の生息場所から、民家の草むらや畑、民家の庭まで、幅広く、さまざまな場所に生息する。もちろん、人間も直接刺される可能性がある。そして刺したマダニがSFTSのウイルスを持っていれば、発症するおそれがある。
 前述の50代の女性のケースの場合は、ウイルスを持つマダニに野良猫が刺され、さらに、野良猫に噛まれたことで発症した可能性が高い。このような感染経路での死亡例は世界初とされているが、今後、増える可能性がないとは言い切れないのだ。正しい知識を身に付け、行動して欲しい。
posted by IT難民 at 06:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野良猫に触るのは危険だ!「死に至る病」感染の恐れもある?

 関西在住の50代の女性が連れ帰ろうとした野良猫にかまれて10日後に死亡した。女性は「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症していたが、主な感染源とされるマダニに噛まれた形跡がなかったことから、厚生労働省はマダニに噛まれていた野良猫から間接的にウイルス感染したとみている。ペットジャーナリストは「野良猫に触るのは実はとても危険ということを認識してほしい」と警鐘を鳴らす。
 SFTSは2013年に国内で初めて死亡例が報告されて以降、266人がこの病気に感染し、57人が死亡している。ただ、動物を媒介して人への感染が確認されたのは初めてで、野良猫が感染源となる可能性自体は低い。
 マダニは、野生動物の生息場所から、民家の草むらや畑、民家の庭まで、幅広く、さまざまな場所に生息する。もちろん、人間も直接刺される可能性がある。そして刺したマダニがSFTSのウイルスを持っていれば、発症するおそれがある。
 前述の50代の女性のケースの場合は、ウイルスを持つマダニに野良猫が刺され、さらに、野良猫に噛まれたことで発症した可能性が高い。このような感染経路での死亡例は世界初とされているが、今後、増える可能性がないとは言い切れないのだ。正しい知識を身に付け、行動して欲しい。
posted by IT難民 at 06:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

野良猫に触るのは危険だ!「死に至る病」感染の恐れもある?

 関西在住の50代の女性が連れ帰ろうとした野良猫にかまれて10日後に死亡した。女性は「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症していたが、主な感染源とされるマダニに噛まれた形跡がなかったことから、厚生労働省はマダニに噛まれていた野良猫から間接的にウイルス感染したとみている。ペットジャーナリストは「野良猫に触るのは実はとても危険ということを認識してほしい」と警鐘を鳴らす。
 SFTSは2013年に国内で初めて死亡例が報告されて以降、266人がこの病気に感染し、57人が死亡している。ただ、動物を媒介して人への感染が確認されたのは初めてで、野良猫が感染源となる可能性自体は低い。
 マダニは、野生動物の生息場所から、民家の草むらや畑、民家の庭まで、幅広く、さまざまな場所に生息する。もちろん、人間も直接刺される可能性がある。そして刺したマダニがSFTSのウイルスを持っていれば、発症するおそれがある。
 前述の50代の女性のケースの場合は、ウイルスを持つマダニに野良猫が刺され、さらに、野良猫に噛まれたことで発症した可能性が高い。このような感染経路での死亡例は世界初とされているが、今後、増える可能性がないとは言い切れないのだ。正しい知識を身に付け、行動して欲しい。
posted by IT難民 at 06:50| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野良猫に触るのは危険だ!「死に至る病」感染の恐れもある?

 関西在住の50代の女性が連れ帰ろうとした野良猫にかまれて10日後に死亡した。女性は「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症していたが、主な感染源とされるマダニに噛まれた形跡がなかったことから、厚生労働省はマダニに噛まれていた野良猫から間接的にウイルス感染したとみている。ペットジャーナリストは「野良猫に触るのは実はとても危険ということを認識してほしい」と警鐘を鳴らす。
 SFTSは2013年に国内で初めて死亡例が報告されて以降、266人がこの病気に感染し、57人が死亡している。ただ、動物を媒介して人への感染が確認されたのは初めてで、野良猫が感染源となる可能性自体は低い。
 マダニは、野生動物の生息場所から、民家の草むらや畑、民家の庭まで、幅広く、さまざまな場所に生息する。もちろん、人間も直接刺される可能性がある。そして刺したマダニがSFTSのウイルスを持っていれば、発症するおそれがある。
 前述の50代の女性のケースの場合は、ウイルスを持つマダニに野良猫が刺され、さらに、野良猫に噛まれたことで発症した可能性が高い。このような感染経路での死亡例は世界初とされているが、今後、増える可能性がないとは言い切れないのだ。正しい知識を身に付け、行動して欲しい。
posted by IT難民 at 06:50| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物の損傷事故についての変化

・飼主の責任(動物の愛護及び管理に関する兵庫県条例11条、12条)
 ペットに対する社会的なコンセンサスが動いているように思う。県条例は、ペットに、適正な運動をさせること、訓練しつけ(11条)などを義務づけているが、それには罰則までつけてはいない。それに対して、ペットを、鎖でつなぐこと、糞の始末(12条)などの義務違反は条例で罰せられることがある。
・ 損害(物の損傷についての損害)
 さてペットが毀損されたり命を失った場合について、ものであるペットはどう取り扱われるだろうか。
@ 車を壊す、手帳や書類を壊すこととの比較
 たとえば、生命のない物については、それを毀損した場合も物損といって、物の値段の賠償が認められても慰謝料は認められないことが普通。
A 大事なものを壊す(アルバム、手紙等)
 しかし大事にしていたもの、愛着のある物でも、交換価値の乏しい物もあるが、それで賠償が認められないのはいかがなものかということは、誰もが思うはず。
 公団住宅に残したアルバムなど部屋の中に残した物を、公団職員が一方的に廃棄した件で、裁判所は公団に対し5万円の慰謝料を命じた例がある。
B 犬、猫などのペット
 それでは、犬や猫は、どのように評価されるのか。本来、ペットも人ではないから物(動く物?)のはず。しかし近年、ペットを毀損されたときは、ペットの売値・買値のみならずペットの毀損によって飼主がうけた苦痛に対し慰謝料を認めるようになっている。 .
 ペットへの愛着の情から飼主への慰謝料の高額化(慰謝料50万円の慰謝料のケースもある)と事故を起こしたペットの処分をしないなど、それは、この間のペットの飼育に対する社会的な反応の変化が起こっているのではないだろうか。しかしペットに関わる紛争が多発する背景には、動物飼育の増加(数と種類)があり、それは、当然人にも跳ね返るはずであ。注目していかねばならない。
posted by IT難民 at 06:51| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物の損傷事故についての変化

・飼主の責任(動物の愛護及び管理に関する兵庫県条例11条、12条)
 ペットに対する社会的なコンセンサスが動いているように思う。県条例は、ペットに、適正な運動をさせること、訓練しつけ(11条)などを義務づけているが、それには罰則までつけてはいない。それに対して、ペットを、鎖でつなぐこと、糞の始末(12条)などの義務違反は条例で罰せられることがある。
・ 損害(物の損傷についての損害)
 さてペットが毀損されたり命を失った場合について、ものであるペットはどう取り扱われるだろうか。
@ 車を壊す、手帳や書類を壊すこととの比較
 たとえば、生命のない物については、それを毀損した場合も物損といって、物の値段の賠償が認められても慰謝料は認められないことが普通。
A 大事なものを壊す(アルバム、手紙等)
 しかし大事にしていたもの、愛着のある物でも、交換価値の乏しい物もあるが、それで賠償が認められないのはいかがなものかということは、誰もが思うはず。
 公団住宅に残したアルバムなど部屋の中に残した物を、公団職員が一方的に廃棄した件で、裁判所は公団に対し5万円の慰謝料を命じた例がある。
B 犬、猫などのペット
 それでは、犬や猫は、どのように評価されるのか。本来、ペットも人ではないから物(動く物?)のはず。しかし近年、ペットを毀損されたときは、ペットの売値・買値のみならずペットの毀損によって飼主がうけた苦痛に対し慰謝料を認めるようになっている。 .
 ペットへの愛着の情から飼主への慰謝料の高額化(慰謝料50万円の慰謝料のケースもある)と事故を起こしたペットの処分をしないなど、それは、この間のペットの飼育に対する社会的な反応の変化が起こっているのではないだろうか。しかしペットに関わる紛争が多発する背景には、動物飼育の増加(数と種類)があり、それは、当然人にも跳ね返るはずであ。注目していかねばならない。
posted by IT難民 at 06:51| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

動物の損傷事故についての変化

・飼主の責任(動物の愛護及び管理に関する兵庫県条例11条、12条)
 ペットに対する社会的なコンセンサスが動いているように思う。県条例は、ペットに、適正な運動をさせること、訓練しつけ(11条)などを義務づけているが、それには罰則までつけてはいない。それに対して、ペットを、鎖でつなぐこと、糞の始末(12条)などの義務違反は条例で罰せられることがある。
・ 損害(物の損傷についての損害)
 さてペットが毀損されたり命を失った場合について、ものであるペットはどう取り扱われるだろうか。
@ 車を壊す、手帳や書類を壊すこととの比較
 たとえば、生命のない物については、それを毀損した場合も物損といって、物の値段の賠償が認められても慰謝料は認められないことが普通。
A 大事なものを壊す(アルバム、手紙等)
 しかし大事にしていたもの、愛着のある物でも、交換価値の乏しい物もあるが、それで賠償が認められないのはいかがなものかということは、誰もが思うはず。
 公団住宅に残したアルバムなど部屋の中に残した物を、公団職員が一方的に廃棄した件で、裁判所は公団に対し5万円の慰謝料を命じた例がある。
B 犬、猫などのペット
 それでは、犬や猫は、どのように評価されるのか。本来、ペットも人ではないから物(動く物?)のはず。しかし近年、ペットを毀損されたときは、ペットの売値・買値のみならずペットの毀損によって飼主がうけた苦痛に対し慰謝料を認めるようになっている。 .
 ペットへの愛着の情から飼主への慰謝料の高額化(慰謝料50万円の慰謝料のケースもある)と事故を起こしたペットの処分をしないなど、それは、この間のペットの飼育に対する社会的な反応の変化が起こっているのではないだろうか。しかしペットに関わる紛争が多発する背景には、動物飼育の増加(数と種類)があり、それは、当然人にも跳ね返るはずであ。注目していかねばならない。
posted by IT難民 at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物の損傷事故についての変化

・飼主の責任(動物の愛護及び管理に関する兵庫県条例11条、12条)
 ペットに対する社会的なコンセンサスが動いているように思う。県条例は、ペットに、適正な運動をさせること、訓練しつけ(11条)などを義務づけているが、それには罰則までつけてはいない。それに対して、ペットを、鎖でつなぐこと、糞の始末(12条)などの義務違反は条例で罰せられることがある。
・ 損害(物の損傷についての損害)
 さてペットが毀損されたり命を失った場合について、ものであるペットはどう取り扱われるだろうか。
@ 車を壊す、手帳や書類を壊すこととの比較
 たとえば、生命のない物については、それを毀損した場合も物損といって、物の値段の賠償が認められても慰謝料は認められないことが普通。
A 大事なものを壊す(アルバム、手紙等)
 しかし大事にしていたもの、愛着のある物でも、交換価値の乏しい物もあるが、それで賠償が認められないのはいかがなものかということは、誰もが思うはず。
 公団住宅に残したアルバムなど部屋の中に残した物を、公団職員が一方的に廃棄した件で、裁判所は公団に対し5万円の慰謝料を命じた例がある。
B 犬、猫などのペット
 それでは、犬や猫は、どのように評価されるのか。本来、ペットも人ではないから物(動く物?)のはず。しかし近年、ペットを毀損されたときは、ペットの売値・買値のみならずペットの毀損によって飼主がうけた苦痛に対し慰謝料を認めるようになっている。 .
 ペットへの愛着の情から飼主への慰謝料の高額化(慰謝料50万円の慰謝料のケースもある)と事故を起こしたペットの処分をしないなど、それは、この間のペットの飼育に対する社会的な反応の変化が起こっているのではないだろうか。しかしペットに関わる紛争が多発する背景には、動物飼育の増加(数と種類)があり、それは、当然人にも跳ね返るはずであ。注目していかねばならない。
posted by IT難民 at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野良猫にむやみに触らないこと

 野良猫は人間の生活圏に暮らすが、飼い猫に比べ、野生の本能を強く持っている。そのため、見た目はおとなしそうだとしても、身に危険がせまると判断した途端、行動を豹変させることがすくなくない。
 そうなると手が付けられないのだ。威嚇する、引っ掻く、噛み付くなど、本当に恐ろしいほどの野生の本能を見せる。病気やけがで弱って動けない状態になっている猫でも、最後の力を振り絞って抵抗する。多くの野良猫にとって、人間は脅威そのものだからだ。
 野良猫の本能は生き抜くための術なのだ。「生き抜く」ことだけを考えて、気を張り詰めながら過ごしているものだ。いつもと違うとおもえば、本能をむき出しにして、攻撃したりするのは至極当然なのだ。
 じっとしているときは人が撫なでることができる野良猫でも、人が急に激しく動いたり、抱き上げたりすると、「危険」と判断して噛み付いてくるはずだ。野良猫は飼い猫とは違うことを認識し、むやみに触らない。それが、SFTSに感染しないための最善の策ともいえるのだ。
posted by IT難民 at 08:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野良猫にむやみに触らないこと

 野良猫は人間の生活圏に暮らすが、飼い猫に比べ、野生の本能を強く持っている。そのため、見た目はおとなしそうだとしても、身に危険がせまると判断した途端、行動を豹変させることがすくなくない。
 そうなると手が付けられないのだ。威嚇する、引っ掻く、噛み付くなど、本当に恐ろしいほどの野生の本能を見せる。病気やけがで弱って動けない状態になっている猫でも、最後の力を振り絞って抵抗する。多くの野良猫にとって、人間は脅威そのものだからだ。
 野良猫の本能は生き抜くための術なのだ。「生き抜く」ことだけを考えて、気を張り詰めながら過ごしているものだ。いつもと違うとおもえば、本能をむき出しにして、攻撃したりするのは至極当然なのだ。
 じっとしているときは人が撫なでることができる野良猫でも、人が急に激しく動いたり、抱き上げたりすると、「危険」と判断して噛み付いてくるはずだ。野良猫は飼い猫とは違うことを認識し、むやみに触らない。それが、SFTSに感染しないための最善の策ともいえるのだ。
posted by IT難民 at 08:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

よくあるペットトラブルQ&A 1

散歩中にフンを放置している人がいるが、許されるのか。
この場合、みだりにフンを放置することは法律違反。 現行犯で注意するのが難しければ、保健所で配布しているフン持ち帰り奨励のプレートを貼ったり、町内会などで協力し合って動いたり、地方自治体の生活に関する苦情受付けに相談するのもいいだろう。
 あまりに悪質な場合は、警察に通報する、簡易裁判所に民事調停を申し立てをして話し合いの機会を設ける、また場合によっては、民法に基づいて損害賠償請求ができる場合もある。
posted by IT難民 at 08:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 1

散歩中にフンを放置している人がいるが、許されるのか。
この場合、みだりにフンを放置することは法律違反。 現行犯で注意するのが難しければ、保健所で配布しているフン持ち帰り奨励のプレートを貼ったり、町内会などで協力し合って動いたり、地方自治体の生活に関する苦情受付けに相談するのもいいだろう。
 あまりに悪質な場合は、警察に通報する、簡易裁判所に民事調停を申し立てをして話し合いの機会を設ける、また場合によっては、民法に基づいて損害賠償請求ができる場合もある。
posted by IT難民 at 08:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 1

散歩中にフンを放置している人がいるが、許されるのか。
この場合、みだりにフンを放置することは法律違反。 現行犯で注意するのが難しければ、保健所で配布しているフン持ち帰り奨励のプレートを貼ったり、町内会などで協力し合って動いたり、地方自治体の生活に関する苦情受付けに相談するのもいいだろう。
 あまりに悪質な場合は、警察に通報する、簡易裁判所に民事調停を申し立てをして話し合いの機会を設ける、また場合によっては、民法に基づいて損害賠償請求ができる場合もある。
posted by IT難民 at 08:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

よくあるペットトラブルQ&A 1

散歩中にフンを放置している人がいるが、許されるのか。
この場合、みだりにフンを放置することは法律違反。 現行犯で注意するのが難しければ、保健所で配布しているフン持ち帰り奨励のプレートを貼ったり、町内会などで協力し合って動いたり、地方自治体の生活に関する苦情受付けに相談するのもいいだろう。
 あまりに悪質な場合は、警察に通報する、簡易裁判所に民事調停を申し立てをして話し合いの機会を設ける、また場合によっては、民法に基づいて損害賠償請求ができる場合もある。
posted by IT難民 at 08:38| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 1

散歩中にフンを放置している人がいるが、許されるのか。
この場合、みだりにフンを放置することは法律違反。 現行犯で注意するのが難しければ、保健所で配布しているフン持ち帰り奨励のプレートを貼ったり、町内会などで協力し合って動いたり、地方自治体の生活に関する苦情受付けに相談するのもいいだろう。
 あまりに悪質な場合は、警察に通報する、簡易裁判所に民事調停を申し立てをして話し合いの機会を設ける、また場合によっては、民法に基づいて損害賠償請求ができる場合もある。
posted by IT難民 at 08:38| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 1

散歩中にフンを放置している人がいるが、許されるのか。
この場合、みだりにフンを放置することは法律違反。 現行犯で注意するのが難しければ、保健所で配布しているフン持ち帰り奨励のプレートを貼ったり、町内会などで協力し合って動いたり、地方自治体の生活に関する苦情受付けに相談するのもいいだろう。
 あまりに悪質な場合は、警察に通報する、簡易裁判所に民事調停を申し立てをして話し合いの機会を設ける、また場合によっては、民法に基づいて損害賠償請求ができる場合もある。
posted by IT難民 at 08:38| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 1

散歩中にフンを放置している人がいるが、許されるのか。
この場合、みだりにフンを放置することは法律違反。 現行犯で注意するのが難しければ、保健所で配布しているフン持ち帰り奨励のプレートを貼ったり、町内会などで協力し合って動いたり、地方自治体の生活に関する苦情受付けに相談するのもいいだろう。
 あまりに悪質な場合は、警察に通報する、簡易裁判所に民事調停を申し立てをして話し合いの機会を設ける、また場合によっては、民法に基づいて損害賠償請求ができる場合もある。
posted by IT難民 at 08:38| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 2

野良猫に餌をあげていたら近所の人から注意された。いけないことなのか。
餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。
かわいそうだから、自分のうちでは飼えないからという理由から野良猫に気軽に餌をあげてしまう人は結構いる。しかし、そのせいで、食べ残しの餌に虫がたかったり悪臭がしたり、また庭がフンだらけになったりと周りに大きな被害を及ぼすこともある。
例えば餌をあげているだけの野良猫が、近所のうちの高価な盆栽を壊してしまった場合、餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。責任を持って、近所の人の理解を得ながら行うことが大切なのだ。
posted by IT難民 at 08:38| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 2

野良猫に餌をあげていたら近所の人から注意された。いけないことなのか。
餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。
かわいそうだから、自分のうちでは飼えないからという理由から野良猫に気軽に餌をあげてしまう人は結構いる。しかし、そのせいで、食べ残しの餌に虫がたかったり悪臭がしたり、また庭がフンだらけになったりと周りに大きな被害を及ぼすこともある。
例えば餌をあげているだけの野良猫が、近所のうちの高価な盆栽を壊してしまった場合、餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。責任を持って、近所の人の理解を得ながら行うことが大切なのだ。
posted by IT難民 at 08:38| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 2

野良猫に餌をあげていたら近所の人から注意された。いけないことなのか。
餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。
かわいそうだから、自分のうちでは飼えないからという理由から野良猫に気軽に餌をあげてしまう人は結構いる。しかし、そのせいで、食べ残しの餌に虫がたかったり悪臭がしたり、また庭がフンだらけになったりと周りに大きな被害を及ぼすこともある。
例えば餌をあげているだけの野良猫が、近所のうちの高価な盆栽を壊してしまった場合、餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。責任を持って、近所の人の理解を得ながら行うことが大切なのだ。
posted by IT難民 at 08:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

よくあるペットトラブルQ&A 2

野良猫に餌をあげていたら近所の人から注意された。いけないことなのか。
餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。
かわいそうだから、自分のうちでは飼えないからという理由から野良猫に気軽に餌をあげてしまう人は結構いる。しかし、そのせいで、食べ残しの餌に虫がたかったり悪臭がしたり、また庭がフンだらけになったりと周りに大きな被害を及ぼすこともある。
例えば餌をあげているだけの野良猫が、近所のうちの高価な盆栽を壊してしまった場合、餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。責任を持って、近所の人の理解を得ながら行うことが大切なのだ。
posted by IT難民 at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 2

野良猫に餌をあげていたら近所の人から注意された。いけないことなのか。
餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。
かわいそうだから、自分のうちでは飼えないからという理由から野良猫に気軽に餌をあげてしまう人は結構いる。しかし、そのせいで、食べ残しの餌に虫がたかったり悪臭がしたり、また庭がフンだらけになったりと周りに大きな被害を及ぼすこともある。
例えば餌をあげているだけの野良猫が、近所のうちの高価な盆栽を壊してしまった場合、餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。責任を持って、近所の人の理解を得ながら行うことが大切なのだ。
posted by IT難民 at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 2

野良猫に餌をあげていたら近所の人から注意された。いけないことなのか。
餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。
かわいそうだから、自分のうちでは飼えないからという理由から野良猫に気軽に餌をあげてしまう人は結構いる。しかし、そのせいで、食べ残しの餌に虫がたかったり悪臭がしたり、また庭がフンだらけになったりと周りに大きな被害を及ぼすこともある。
例えば餌をあげているだけの野良猫が、近所のうちの高価な盆栽を壊してしまった場合、餌をあげている以上は飼っていないでは通らないとして損害賠償責任が発生することもあり得る。責任を持って、近所の人の理解を得ながら行うことが大切なのだ。
posted by IT難民 at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 3

飼い犬が塀越しに吠えて、それに驚いた近所の子供が転んで怪我をしてしまっした。この場合、飼主はどこまで責任を負えばいいのか。
 民法によると、飼主は犬が他人を傷つけたり他人の物を壊した場合には、犬の管理等に過失がなかったと証明できない限り、原則として損害賠償責任を負わなくてはいけない(民法718条)。
犬の飼主としては、「自分の犬は直接子どもに怪我をさせたわけじゃない、転んだ本人が悪い」と言いたいかもしれないが、犬に吠えられて驚いて子供が転んでしまうということは通常考えられることである以上、過失がなかったと証明することは難しい場合のほうが多いだろう。
 だから、損害賠償責任として、子供の怪我の治療費・家族の病院への付き添いによって生じた休業損害・怪我をして通院したことに対する慰謝料を支払わなくてはいけないことになる。
posted by IT難民 at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 3

飼い犬が塀越しに吠えて、それに驚いた近所の子供が転んで怪我をしてしまっした。この場合、飼主はどこまで責任を負えばいいのか。
 民法によると、飼主は犬が他人を傷つけたり他人の物を壊した場合には、犬の管理等に過失がなかったと証明できない限り、原則として損害賠償責任を負わなくてはいけない(民法718条)。
犬の飼主としては、「自分の犬は直接子どもに怪我をさせたわけじゃない、転んだ本人が悪い」と言いたいかもしれないが、犬に吠えられて驚いて子供が転んでしまうということは通常考えられることである以上、過失がなかったと証明することは難しい場合のほうが多いだろう。
 だから、損害賠償責任として、子供の怪我の治療費・家族の病院への付き添いによって生じた休業損害・怪我をして通院したことに対する慰謝料を支払わなくてはいけないことになる。
posted by IT難民 at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

よくあるペットトラブルQ&A 4

ペットショップから買ったペットが買ってすぐに死んでしまった。この場合、売主は健康なペットを引き渡さなかったという債務不履行責任が生じる。
売主には「健康でかつ先天的な障害のないペットを飼主に渡す」という義務がある。
このケースでは、売主は健康なペットを引き渡さなかったという債務不履行責任が生じる。債務不履行責任とは、債務者が約束、または法律で定められている義務を果たそうとすれば果たせるにもかかわらず、わざとあるいは不注意で果たさなかった場合に、それによって相手方に生じた損害を賠償しなければならないという責任である(民法415条)。
売主がこの責任を免れるには、自ら落ち度がなかったことを明らかにしなければならない。売主がそれを明らかにできなかった場合、飼主は、ペットの代金と、治療したのなら、その治療費を請求することができる。
posted by IT難民 at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 4

ペットショップから買ったペットが買ってすぐに死んでしまった。この場合、売主は健康なペットを引き渡さなかったという債務不履行責任が生じる。
売主には「健康でかつ先天的な障害のないペットを飼主に渡す」という義務がある。
このケースでは、売主は健康なペットを引き渡さなかったという債務不履行責任が生じる。債務不履行責任とは、債務者が約束、または法律で定められている義務を果たそうとすれば果たせるにもかかわらず、わざとあるいは不注意で果たさなかった場合に、それによって相手方に生じた損害を賠償しなければならないという責任である(民法415条)。
売主がこの責任を免れるには、自ら落ち度がなかったことを明らかにしなければならない。売主がそれを明らかにできなかった場合、飼主は、ペットの代金と、治療したのなら、その治療費を請求することができる。
posted by IT難民 at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 4

ペットショップから買ったペットが買ってすぐに死んでしまった。この場合、売主は健康なペットを引き渡さなかったという債務不履行責任が生じる。
売主には「健康でかつ先天的な障害のないペットを飼主に渡す」という義務がある。
このケースでは、売主は健康なペットを引き渡さなかったという債務不履行責任が生じる。債務不履行責任とは、債務者が約束、または法律で定められている義務を果たそうとすれば果たせるにもかかわらず、わざとあるいは不注意で果たさなかった場合に、それによって相手方に生じた損害を賠償しなければならないという責任である(民法415条)。
売主がこの責任を免れるには、自ら落ち度がなかったことを明らかにしなければならない。売主がそれを明らかにできなかった場合、飼主は、ペットの代金と、治療したのなら、その治療費を請求することができる。
posted by IT難民 at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 4

ペットショップから買ったペットが買ってすぐに死んでしまった。この場合、売主は健康なペットを引き渡さなかったという債務不履行責任が生じる。
売主には「健康でかつ先天的な障害のないペットを飼主に渡す」という義務がある。
このケースでは、売主は健康なペットを引き渡さなかったという債務不履行責任が生じる。債務不履行責任とは、債務者が約束、または法律で定められている義務を果たそうとすれば果たせるにもかかわらず、わざとあるいは不注意で果たさなかった場合に、それによって相手方に生じた損害を賠償しなければならないという責任である(民法415条)。
売主がこの責任を免れるには、自ら落ち度がなかったことを明らかにしなければならない。売主がそれを明らかにできなかった場合、飼主は、ペットの代金と、治療したのなら、その治療費を請求することができる。
posted by IT難民 at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるペットトラブルQ&A 4

ペットショップから買ったペットが買ってすぐに死んでしまった。この場合、売主は健康なペットを引き渡さなかったという債務不履行責任が生じる。
売主には「健康でかつ先天的な障害のないペットを飼主に渡す」という義務がある。
このケースでは、売主は健康なペットを引き渡さなかったという債務不履行責任が生じる。債務不履行責任とは、債務者が約束、または法律で定められている義務を果たそうとすれば果たせるにもかかわらず、わざとあるいは不注意で果たさなかった場合に、それによって相手方に生じた損害を賠償しなければならないという責任である(民法415条)。
売主がこの責任を免れるには、自ら落ち度がなかったことを明らかにしなければならない。売主がそれを明らかにできなかった場合、飼主は、ペットの代金と、治療したのなら、その治療費を請求することができる。
posted by IT難民 at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

ペットを飼育する際の関連する法律

 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)、文化財保護法等、いくつかの法律は特定の動物の飼育について規制をしている。
 特定外来生物法は、特定の外来生物による生態系、人の生命・身体、農林漁業への被害を防止することを目的としている。特定外来生物に指定された生物を、飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外に放つこと等を原則として禁止している(特定外来生物法4条等)。
 もっとも、特定外来生物として規制される前から愛がん(ペット)・観賞目的で飼養等している場合は、規制されてから6ヵ月以内に申請を提出することにより、許可を得られれば、その個体に限り飼養等し続けることができる。同法では、販売又は頒布をする目的で飼養した場合は、3年以下懲役のもしくは300万円以下の罰金または併科とされており(32条)、飼育をした場合は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金または併科33条)とされている。
ペットを飼育していたら知らないうちに違法となっていたという可能性があるので、注意する必要がある。
posted by IT難民 at 07:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットを飼育する際の関連する法律

 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)、文化財保護法等、いくつかの法律は特定の動物の飼育について規制をしている。
 特定外来生物法は、特定の外来生物による生態系、人の生命・身体、農林漁業への被害を防止することを目的としている。特定外来生物に指定された生物を、飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外に放つこと等を原則として禁止している(特定外来生物法4条等)。
 もっとも、特定外来生物として規制される前から愛がん(ペット)・観賞目的で飼養等している場合は、規制されてから6ヵ月以内に申請を提出することにより、許可を得られれば、その個体に限り飼養等し続けることができる。同法では、販売又は頒布をする目的で飼養した場合は、3年以下懲役のもしくは300万円以下の罰金または併科とされており(32条)、飼育をした場合は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金または併科33条)とされている。
ペットを飼育していたら知らないうちに違法となっていたという可能性があるので、注意する必要がある。
posted by IT難民 at 07:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットを飼育する際の関連する法律

 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)、文化財保護法等、いくつかの法律は特定の動物の飼育について規制をしている。
 特定外来生物法は、特定の外来生物による生態系、人の生命・身体、農林漁業への被害を防止することを目的としている。特定外来生物に指定された生物を、飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外に放つこと等を原則として禁止している(特定外来生物法4条等)。
 もっとも、特定外来生物として規制される前から愛がん(ペット)・観賞目的で飼養等している場合は、規制されてから6ヵ月以内に申請を提出することにより、許可を得られれば、その個体に限り飼養等し続けることができる。同法では、販売又は頒布をする目的で飼養した場合は、3年以下懲役のもしくは300万円以下の罰金または併科とされており(32条)、飼育をした場合は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金または併科33条)とされている。
ペットを飼育していたら知らないうちに違法となっていたという可能性があるので、注意する必要がある。
posted by IT難民 at 07:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットを飼育する際の関連する法律

 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)、文化財保護法等、いくつかの法律は特定の動物の飼育について規制をしている。
 特定外来生物法は、特定の外来生物による生態系、人の生命・身体、農林漁業への被害を防止することを目的としている。特定外来生物に指定された生物を、飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外に放つこと等を原則として禁止している(特定外来生物法4条等)。
 もっとも、特定外来生物として規制される前から愛がん(ペット)・観賞目的で飼養等している場合は、規制されてから6ヵ月以内に申請を提出することにより、許可を得られれば、その個体に限り飼養等し続けることができる。同法では、販売又は頒布をする目的で飼養した場合は、3年以下懲役のもしくは300万円以下の罰金または併科とされており(32条)、飼育をした場合は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金または併科33条)とされている。
ペットを飼育していたら知らないうちに違法となっていたという可能性があるので、注意する必要がある。
posted by IT難民 at 07:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

ペットショップなどの営業には登録が必要

 ペットショップやブリーダー、ペットホテルなどを営む場合には、都道府県知事や政令市長への登録が必要。登録が必要な「第一種動物取扱業」は販売業 、貸出し業 、保管業、訓練業、展示業、競り斡旋業、譲受飼養業の7業種。登録は店舗など事業所ごとに行うが、1つの店舗で「販売」と「保管」など複数業種を実施する場合には、その業種ごとに登録する必要がある。
 登録するためには、一定の要件を満たさなければならない。例えば、動物の取扱いについて適切な知識や技術を持った責任者を事業所ごとに設置が義務 付けられている。また飼養施設の構造や規模、飼育管理方法などの条件も定められている。なお、登録の有効期限は5年間。有効期限を迎えるごとに更新する必要がある。
posted by IT難民 at 06:59| 東京 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップなどの営業には登録が必要

 ペットショップやブリーダー、ペットホテルなどを営む場合には、都道府県知事や政令市長への登録が必要。登録が必要な「第一種動物取扱業」は販売業 、貸出し業 、保管業、訓練業、展示業、競り斡旋業、譲受飼養業の7業種。登録は店舗など事業所ごとに行うが、1つの店舗で「販売」と「保管」など複数業種を実施する場合には、その業種ごとに登録する必要がある。
 登録するためには、一定の要件を満たさなければならない。例えば、動物の取扱いについて適切な知識や技術を持った責任者を事業所ごとに設置が義務 付けられている。また飼養施設の構造や規模、飼育管理方法などの条件も定められている。なお、登録の有効期限は5年間。有効期限を迎えるごとに更新する必要がある。
posted by IT難民 at 06:59| 東京 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップなどの営業には登録が必要

 ペットショップやブリーダー、ペットホテルなどを営む場合には、都道府県知事や政令市長への登録が必要。登録が必要な「第一種動物取扱業」は販売業 、貸出し業 、保管業、訓練業、展示業、競り斡旋業、譲受飼養業の7業種。登録は店舗など事業所ごとに行うが、1つの店舗で「販売」と「保管」など複数業種を実施する場合には、その業種ごとに登録する必要がある。
 登録するためには、一定の要件を満たさなければならない。例えば、動物の取扱いについて適切な知識や技術を持った責任者を事業所ごとに設置が義務 付けられている。また飼養施設の構造や規模、飼育管理方法などの条件も定められている。なお、登録の有効期限は5年間。有効期限を迎えるごとに更新する必要がある。
posted by IT難民 at 06:59| 東京 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップなどの営業には登録が必要

 ペットショップやブリーダー、ペットホテルなどを営む場合には、都道府県知事や政令市長への登録が必要。登録が必要な「第一種動物取扱業」は販売業 、貸出し業 、保管業、訓練業、展示業、競り斡旋業、譲受飼養業の7業種。登録は店舗など事業所ごとに行うが、1つの店舗で「販売」と「保管」など複数業種を実施する場合には、その業種ごとに登録する必要がある。
 登録するためには、一定の要件を満たさなければならない。例えば、動物の取扱いについて適切な知識や技術を持った責任者を事業所ごとに設置が義務 付けられている。また飼養施設の構造や規模、飼育管理方法などの条件も定められている。なお、登録の有効期限は5年間。有効期限を迎えるごとに更新する必要がある。
posted by IT難民 at 06:59| 東京 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

ペット販売時には事前説明が必須

 動物を販売する際、あるいは貸出しする際には、事前にその動物の特性や状態について説明することが、第一種動物取扱業者に義務付けられている。その動物に適した飼い方が行われるように、大切な情報をきちんと理解いただくことを目的としている。この説明は、文書(電磁的記録を含む)などをもちいて行うこととされている。また、説明を聞き、その説明文書を確かに受け取った証に、お客から署名などをもらうこととされている。
 一般のお客にペットを販売する際には、この事前説明はお客様と対面で行わなければならない。また、購入する前に、販売しようとするペットの状態を直接見て確認もらうことが義務付けられている。
 なお、法律には、説明しなければならない事項が定められている。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット販売時には事前説明が必須

 動物を販売する際、あるいは貸出しする際には、事前にその動物の特性や状態について説明することが、第一種動物取扱業者に義務付けられている。その動物に適した飼い方が行われるように、大切な情報をきちんと理解いただくことを目的としている。この説明は、文書(電磁的記録を含む)などをもちいて行うこととされている。また、説明を聞き、その説明文書を確かに受け取った証に、お客から署名などをもらうこととされている。
 一般のお客にペットを販売する際には、この事前説明はお客様と対面で行わなければならない。また、購入する前に、販売しようとするペットの状態を直接見て確認もらうことが義務付けられている。
 なお、法律には、説明しなければならない事項が定められている。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット販売時には事前説明が必須

 動物を販売する際、あるいは貸出しする際には、事前にその動物の特性や状態について説明することが、第一種動物取扱業者に義務付けられている。その動物に適した飼い方が行われるように、大切な情報をきちんと理解いただくことを目的としている。この説明は、文書(電磁的記録を含む)などをもちいて行うこととされている。また、説明を聞き、その説明文書を確かに受け取った証に、お客から署名などをもらうこととされている。
 一般のお客にペットを販売する際には、この事前説明はお客様と対面で行わなければならない。また、購入する前に、販売しようとするペットの状態を直接見て確認もらうことが義務付けられている。
 なお、法律には、説明しなければならない事項が定められている。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

ペット販売時には事前説明が必須

 動物を販売する際、あるいは貸出しする際には、事前にその動物の特性や状態について説明することが、第一種動物取扱業者に義務付けられている。その動物に適した飼い方が行われるように、大切な情報をきちんと理解いただくことを目的としている。この説明は、文書(電磁的記録を含む)などをもちいて行うこととされている。また、説明を聞き、その説明文書を確かに受け取った証に、お客から署名などをもらうこととされている。
 一般のお客にペットを販売する際には、この事前説明はお客様と対面で行わなければならない。また、購入する前に、販売しようとするペットの状態を直接見て確認もらうことが義務付けられている。
 なお、法律には、説明しなければならない事項が定められている。
posted by IT難民 at 07:09| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット販売時には事前説明が必須

 動物を販売する際、あるいは貸出しする際には、事前にその動物の特性や状態について説明することが、第一種動物取扱業者に義務付けられている。その動物に適した飼い方が行われるように、大切な情報をきちんと理解いただくことを目的としている。この説明は、文書(電磁的記録を含む)などをもちいて行うこととされている。また、説明を聞き、その説明文書を確かに受け取った証に、お客から署名などをもらうこととされている。
 一般のお客にペットを販売する際には、この事前説明はお客様と対面で行わなければならない。また、購入する前に、販売しようとするペットの状態を直接見て確認もらうことが義務付けられている。
 なお、法律には、説明しなければならない事項が定められている。
posted by IT難民 at 07:09| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップなどが守らなければならない基準

 「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則」や「動物取扱業が遵守すべき動物の管理の方法等の細目」で動物取扱業が守らなければならない基準が定められている。
 <遵守しなければならない基準の例>
(1)飼養施設等の構造や規模等に関する事項
・適切な広さや空間の確保
・必要な設備の配備 など
(2)飼養施設等の維持管理等に関する事項
・1日1回以上の清掃の実施
・動物の逸走防止 など
(3)動物の管理方法等に関する事項
・幼齢動物の販売などの制限
・動物の特性など必要な情報の提供(販売時等)
・動物の状態の事前確認
・適切な飼養または保管
・広告の表示規制
・関係法令に違反した取引の制限 など
(4)全般的事項
・標識や名札(識別章)の掲示
・動物取扱責任者の配置 など
 動物取扱業が守るべき基準が守られていない場合や、動物の管理などが不適切な場合には、都道府県知事や政令市の長が改善勧告や命令を行う。悪質な場合には、業の登録取り消しや業務停止命令が行われることもある。
 なお、登録せずに営業したり、改善命令や業務停止命令に従わなかった場合は100万円以下の罰金に処せられる。登録内容の変更を届け出なかったり、虚偽の報告をした場合は、30万円以下の罰金に処せられる。
posted by IT難民 at 07:10| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップなどが守らなければならない基準

 「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則」や「動物取扱業が遵守すべき動物の管理の方法等の細目」で動物取扱業が守らなければならない基準が定められている。
 <遵守しなければならない基準の例>
(1)飼養施設等の構造や規模等に関する事項
・適切な広さや空間の確保
・必要な設備の配備 など
(2)飼養施設等の維持管理等に関する事項
・1日1回以上の清掃の実施
・動物の逸走防止 など
(3)動物の管理方法等に関する事項
・幼齢動物の販売などの制限
・動物の特性など必要な情報の提供(販売時等)
・動物の状態の事前確認
・適切な飼養または保管
・広告の表示規制
・関係法令に違反した取引の制限 など
(4)全般的事項
・標識や名札(識別章)の掲示
・動物取扱責任者の配置 など
 動物取扱業が守るべき基準が守られていない場合や、動物の管理などが不適切な場合には、都道府県知事や政令市の長が改善勧告や命令を行う。悪質な場合には、業の登録取り消しや業務停止命令が行われることもある。
 なお、登録せずに営業したり、改善命令や業務停止命令に従わなかった場合は100万円以下の罰金に処せられる。登録内容の変更を届け出なかったり、虚偽の報告をした場合は、30万円以下の罰金に処せられる。
posted by IT難民 at 07:10| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップなどが守らなければならない基準

 「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則」や「動物取扱業が遵守すべき動物の管理の方法等の細目」で動物取扱業が守らなければならない基準が定められている。
 <遵守しなければならない基準の例>
(1)飼養施設等の構造や規模等に関する事項
・適切な広さや空間の確保
・必要な設備の配備 など
(2)飼養施設等の維持管理等に関する事項
・1日1回以上の清掃の実施
・動物の逸走防止 など
(3)動物の管理方法等に関する事項
・幼齢動物の販売などの制限
・動物の特性など必要な情報の提供(販売時等)
・動物の状態の事前確認
・適切な飼養または保管
・広告の表示規制
・関係法令に違反した取引の制限 など
(4)全般的事項
・標識や名札(識別章)の掲示
・動物取扱責任者の配置 など
 動物取扱業が守るべき基準が守られていない場合や、動物の管理などが不適切な場合には、都道府県知事や政令市の長が改善勧告や命令を行う。悪質な場合には、業の登録取り消しや業務停止命令が行われることもある。
 なお、登録せずに営業したり、改善命令や業務停止命令に従わなかった場合は100万円以下の罰金に処せられる。登録内容の変更を届け出なかったり、虚偽の報告をした場合は、30万円以下の罰金に処せられる。
posted by IT難民 at 07:10| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップなどが守らなければならない基準

 「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則」や「動物取扱業が遵守すべき動物の管理の方法等の細目」で動物取扱業が守らなければならない基準が定められている。
 <遵守しなければならない基準の例>
(1)飼養施設等の構造や規模等に関する事項
・適切な広さや空間の確保
・必要な設備の配備 など
(2)飼養施設等の維持管理等に関する事項
・1日1回以上の清掃の実施
・動物の逸走防止 など
(3)動物の管理方法等に関する事項
・幼齢動物の販売などの制限
・動物の特性など必要な情報の提供(販売時等)
・動物の状態の事前確認
・適切な飼養または保管
・広告の表示規制
・関係法令に違反した取引の制限 など
(4)全般的事項
・標識や名札(識別章)の掲示
・動物取扱責任者の配置 など
 動物取扱業が守るべき基準が守られていない場合や、動物の管理などが不適切な場合には、都道府県知事や政令市の長が改善勧告や命令を行う。悪質な場合には、業の登録取り消しや業務停止命令が行われることもある。
 なお、登録せずに営業したり、改善命令や業務停止命令に従わなかった場合は100万円以下の罰金に処せられる。登録内容の変更を届け出なかったり、虚偽の報告をした場合は、30万円以下の罰金に処せられる。
posted by IT難民 at 07:10| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップなどが守らなければならない基準

 「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則」や「動物取扱業が遵守すべき動物の管理の方法等の細目」で動物取扱業が守らなければならない基準が定められている。
 <遵守しなければならない基準の例>
(1)飼養施設等の構造や規模等に関する事項
・適切な広さや空間の確保
・必要な設備の配備 など
(2)飼養施設等の維持管理等に関する事項
・1日1回以上の清掃の実施
・動物の逸走防止 など
(3)動物の管理方法等に関する事項
・幼齢動物の販売などの制限
・動物の特性など必要な情報の提供(販売時等)
・動物の状態の事前確認
・適切な飼養または保管
・広告の表示規制
・関係法令に違反した取引の制限 など
(4)全般的事項
・標識や名札(識別章)の掲示
・動物取扱責任者の配置 など
 動物取扱業が守るべき基準が守られていない場合や、動物の管理などが不適切な場合には、都道府県知事や政令市の長が改善勧告や命令を行う。悪質な場合には、業の登録取り消しや業務停止命令が行われることもある。
 なお、登録せずに営業したり、改善命令や業務停止命令に従わなかった場合は100万円以下の罰金に処せられる。登録内容の変更を届け出なかったり、虚偽の報告をした場合は、30万円以下の罰金に処せられる。
posted by IT難民 at 07:10| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップなどが守らなければならない基準

 「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則」や「動物取扱業が遵守すべき動物の管理の方法等の細目」で動物取扱業が守らなければならない基準が定められている。
 <遵守しなければならない基準の例>
(1)飼養施設等の構造や規模等に関する事項
・適切な広さや空間の確保
・必要な設備の配備 など
(2)飼養施設等の維持管理等に関する事項
・1日1回以上の清掃の実施
・動物の逸走防止 など
(3)動物の管理方法等に関する事項
・幼齢動物の販売などの制限
・動物の特性など必要な情報の提供(販売時等)
・動物の状態の事前確認
・適切な飼養または保管
・広告の表示規制
・関係法令に違反した取引の制限 など
(4)全般的事項
・標識や名札(識別章)の掲示
・動物取扱責任者の配置 など
 動物取扱業が守るべき基準が守られていない場合や、動物の管理などが不適切な場合には、都道府県知事や政令市の長が改善勧告や命令を行う。悪質な場合には、業の登録取り消しや業務停止命令が行われることもある。
 なお、登録せずに営業したり、改善命令や業務停止命令に従わなかった場合は100万円以下の罰金に処せられる。登録内容の変更を届け出なかったり、虚偽の報告をした場合は、30万円以下の罰金に処せられる。
posted by IT難民 at 07:10| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップなどが守らなければならない基準

 「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則」や「動物取扱業が遵守すべき動物の管理の方法等の細目」で動物取扱業が守らなければならない基準が定められている。
 <遵守しなければならない基準の例>
(1)飼養施設等の構造や規模等に関する事項
・適切な広さや空間の確保
・必要な設備の配備 など
(2)飼養施設等の維持管理等に関する事項
・1日1回以上の清掃の実施
・動物の逸走防止 など
(3)動物の管理方法等に関する事項
・幼齢動物の販売などの制限
・動物の特性など必要な情報の提供(販売時等)
・動物の状態の事前確認
・適切な飼養または保管
・広告の表示規制
・関係法令に違反した取引の制限 など
(4)全般的事項
・標識や名札(識別章)の掲示
・動物取扱責任者の配置 など
 動物取扱業が守るべき基準が守られていない場合や、動物の管理などが不適切な場合には、都道府県知事や政令市の長が改善勧告や命令を行う。悪質な場合には、業の登録取り消しや業務停止命令が行われることもある。
 なお、登録せずに営業したり、改善命令や業務停止命令に従わなかった場合は100万円以下の罰金に処せられる。登録内容の変更を届け出なかったり、虚偽の報告をした場合は、30万円以下の罰金に処せられる。
posted by IT難民 at 07:10| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

ペットの犬がオートバイにオシッコをして持ち主に蹴られたときの対処法

 散歩中、飼い犬が路上駐車のオートバイにおしっこをかけてしまい、現れた持ち主にすぐ謝ったのに、いきなり犬を蹴飛ばされた。そのせいか、その犬は入院。治療費や慰謝料を請求できるか。
 おしっこの件と蹴飛ばされて犬がケガをした件は、別々の問題として考える必要がある 
 まず、一般的に考えて自分の持ち物に犬がおしっこをかけたら(人間でも同じだが)、誰でも不快な気持になるはずだ。これは、飼主のマナーの問題。
 このケースでは、飼い犬がオートバイにおしっこをかけたのは、やはり重大なマナー違反だと言える。飼主は、散歩中に犬がもよおす気配に気づいた時点で、いち早くオートバイから引き離すべきだった。オートバイの所有者が怒るのも無理はない。
 飼主がすぐに謝罪したのは適切な行動だ。確かに、オートバイをおしっこで汚した件については、犬と飼主に責任がある。この件では、もしオートバイの所有者に洗車料金などを請求されたら、支払わなければならないだろう。
 オートバイの持ち主にしたら、単なる謝罪では腹の虫が収まらなかったのだろう。いきなり犬を蹴飛ばすという乱暴な行為で、怒りを発散させたということのようだ。
 しかし、暴力を振るっていいはずはない。飼主は、民法709条の規定に基づいて、蹴飛ばされたことによる飼い犬の治療費や慰謝料などオートバイの所有者に請求できると考えられる。
さらに、場合によっては刑事責任も問える可能性がある。法律上ペットは「プツ(物)」として扱われるため、犬を蹴飛ばしたオートバイ所有者の行為は、刑法261条の器物損壊罪が当てはまる。加えて、動物虐待にも当たる可能性もある。
 この事例は、いたずらをした子供が、相手に殴られてケガをした場面を浮かべるとわかりやすい。確かに、いたずらをした子供は叱られて当然だが、暴力を振るわれていいわけではない。その場合、殴られた治療費などを請求できるのと一緒だ。
 飼主の飼い犬がおしっこをかけたことについては謝り、一方で犬が被った損害についてははっきり請求することだ。「おしっこかけたんだから、ケガをしてもいい」という理屈はおかしい。2つのことを別個に考えて、オートバイの所有者と話し合うことだ。
posted by IT難民 at 06:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの犬がオートバイにオシッコをして持ち主に蹴られたときの対処法

 散歩中、飼い犬が路上駐車のオートバイにおしっこをかけてしまい、現れた持ち主にすぐ謝ったのに、いきなり犬を蹴飛ばされた。そのせいか、その犬は入院。治療費や慰謝料を請求できるか。
 おしっこの件と蹴飛ばされて犬がケガをした件は、別々の問題として考える必要がある 
 まず、一般的に考えて自分の持ち物に犬がおしっこをかけたら(人間でも同じだが)、誰でも不快な気持になるはずだ。これは、飼主のマナーの問題。
 このケースでは、飼い犬がオートバイにおしっこをかけたのは、やはり重大なマナー違反だと言える。飼主は、散歩中に犬がもよおす気配に気づいた時点で、いち早くオートバイから引き離すべきだった。オートバイの所有者が怒るのも無理はない。
 飼主がすぐに謝罪したのは適切な行動だ。確かに、オートバイをおしっこで汚した件については、犬と飼主に責任がある。この件では、もしオートバイの所有者に洗車料金などを請求されたら、支払わなければならないだろう。
 オートバイの持ち主にしたら、単なる謝罪では腹の虫が収まらなかったのだろう。いきなり犬を蹴飛ばすという乱暴な行為で、怒りを発散させたということのようだ。
 しかし、暴力を振るっていいはずはない。飼主は、民法709条の規定に基づいて、蹴飛ばされたことによる飼い犬の治療費や慰謝料などオートバイの所有者に請求できると考えられる。
さらに、場合によっては刑事責任も問える可能性がある。法律上ペットは「プツ(物)」として扱われるため、犬を蹴飛ばしたオートバイ所有者の行為は、刑法261条の器物損壊罪が当てはまる。加えて、動物虐待にも当たる可能性もある。
 この事例は、いたずらをした子供が、相手に殴られてケガをした場面を浮かべるとわかりやすい。確かに、いたずらをした子供は叱られて当然だが、暴力を振るわれていいわけではない。その場合、殴られた治療費などを請求できるのと一緒だ。
 飼主の飼い犬がおしっこをかけたことについては謝り、一方で犬が被った損害についてははっきり請求することだ。「おしっこかけたんだから、ケガをしてもいい」という理屈はおかしい。2つのことを別個に考えて、オートバイの所有者と話し合うことだ。
posted by IT難民 at 06:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの犬がオートバイにオシッコをして持ち主に蹴られたときの対処法

 散歩中、飼い犬が路上駐車のオートバイにおしっこをかけてしまい、現れた持ち主にすぐ謝ったのに、いきなり犬を蹴飛ばされた。そのせいか、その犬は入院。治療費や慰謝料を請求できるか。
 おしっこの件と蹴飛ばされて犬がケガをした件は、別々の問題として考える必要がある 
 まず、一般的に考えて自分の持ち物に犬がおしっこをかけたら(人間でも同じだが)、誰でも不快な気持になるはずだ。これは、飼主のマナーの問題。
 このケースでは、飼い犬がオートバイにおしっこをかけたのは、やはり重大なマナー違反だと言える。飼主は、散歩中に犬がもよおす気配に気づいた時点で、いち早くオートバイから引き離すべきだった。オートバイの所有者が怒るのも無理はない。
 飼主がすぐに謝罪したのは適切な行動だ。確かに、オートバイをおしっこで汚した件については、犬と飼主に責任がある。この件では、もしオートバイの所有者に洗車料金などを請求されたら、支払わなければならないだろう。
 オートバイの持ち主にしたら、単なる謝罪では腹の虫が収まらなかったのだろう。いきなり犬を蹴飛ばすという乱暴な行為で、怒りを発散させたということのようだ。
 しかし、暴力を振るっていいはずはない。飼主は、民法709条の規定に基づいて、蹴飛ばされたことによる飼い犬の治療費や慰謝料などオートバイの所有者に請求できると考えられる。
さらに、場合によっては刑事責任も問える可能性がある。法律上ペットは「プツ(物)」として扱われるため、犬を蹴飛ばしたオートバイ所有者の行為は、刑法261条の器物損壊罪が当てはまる。加えて、動物虐待にも当たる可能性もある。
 この事例は、いたずらをした子供が、相手に殴られてケガをした場面を浮かべるとわかりやすい。確かに、いたずらをした子供は叱られて当然だが、暴力を振るわれていいわけではない。その場合、殴られた治療費などを請求できるのと一緒だ。
 飼主の飼い犬がおしっこをかけたことについては謝り、一方で犬が被った損害についてははっきり請求することだ。「おしっこかけたんだから、ケガをしてもいい」という理屈はおかしい。2つのことを別個に考えて、オートバイの所有者と話し合うことだ。
posted by IT難民 at 06:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

ペット業界という「闇」

 いまや犬や猫は家族の一員としてなくてはならない存在になつている。そんなペットだが、家族の一員とするにはどうすればいいか。いわゆるペットショップで「買う」という経験をした人は少なくないのではないか。そんなペット市場ですがかなりの経済規模を伴っておりその規模はなんと1兆4000億円以上とも言われている。
 しかし見方を変えれば日本のペット業界は大量の殺処分をはじめとする悲惨な問題をいくつも抱えているのも事実なのである。
 動物愛護法とは動物の「愛護」と「管理」という2つの側面から成り立っている。人と動物のより良い関係を目指し、これまでに3回の改正を重ねてきた。そして2013年の改正により大きな変化があった。それが終生飼養の徹底と呼ばれるものだ。
 終生飼養の徹底とは、飼主は一度飼ったペットを最後まで責任を持って飼わなければならないということ。これはもちろんペットを販売する業者にも求められることになる。そして行政(つまり殺処分を行うところ)は、飼主やペット業者から動物の引き取りを求められた場合にそれを拒否することができるようになったのだ。これにより身勝手な理由でペットが行政により殺処分されることはとても少なくなった。しかし本当にペット業界のける大量消費社会という問題は解決したのか。
 実際には行政が引き取ってくれようがくれまいがペット業界の管理体制は何も変わっていないので、売れ残りのペットというものは今だにたくさん存在する。では業者が引き取ってくれないならどうするのか。その答えは、不要なペットを有料で引き取り劣悪な環境で飼い殺しにするいわゆる引き取り屋と呼ばれる業者の蔓延や、ペット業者自らの手で動物たちを死に至らしめる実態という、あまりにも残酷な現実だったのである。
 改めて改正動物愛護法をみていくとそこには具体的な規制がほとんどないことが問題点としてあげられる。例えばペットを販売する業者は○平米の部屋の中では○等以上の動物を飼育してはならない、ショーケースにいれられる時間は○時間までとする、など。実際にペット業界の根本的な管理体制を改善するには、そのような具体的な規制を盛り込むことが必要かもしれない。
 ペットショップへ足を運ぶことがあったら、かわいいと思うだけではなく、このような問題についてぜひ考えてみて欲しい。ペットに対する考えが少し、変わるかもしれない。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット業界という「闇」

 いまや犬や猫は家族の一員としてなくてはならない存在になつている。そんなペットだが、家族の一員とするにはどうすればいいか。いわゆるペットショップで「買う」という経験をした人は少なくないのではないか。そんなペット市場ですがかなりの経済規模を伴っておりその規模はなんと1兆4000億円以上とも言われている。
 しかし見方を変えれば日本のペット業界は大量の殺処分をはじめとする悲惨な問題をいくつも抱えているのも事実なのである。
 動物愛護法とは動物の「愛護」と「管理」という2つの側面から成り立っている。人と動物のより良い関係を目指し、これまでに3回の改正を重ねてきた。そして2013年の改正により大きな変化があった。それが終生飼養の徹底と呼ばれるものだ。
 終生飼養の徹底とは、飼主は一度飼ったペットを最後まで責任を持って飼わなければならないということ。これはもちろんペットを販売する業者にも求められることになる。そして行政(つまり殺処分を行うところ)は、飼主やペット業者から動物の引き取りを求められた場合にそれを拒否することができるようになったのだ。これにより身勝手な理由でペットが行政により殺処分されることはとても少なくなった。しかし本当にペット業界のける大量消費社会という問題は解決したのか。
 実際には行政が引き取ってくれようがくれまいがペット業界の管理体制は何も変わっていないので、売れ残りのペットというものは今だにたくさん存在する。では業者が引き取ってくれないならどうするのか。その答えは、不要なペットを有料で引き取り劣悪な環境で飼い殺しにするいわゆる引き取り屋と呼ばれる業者の蔓延や、ペット業者自らの手で動物たちを死に至らしめる実態という、あまりにも残酷な現実だったのである。
 改めて改正動物愛護法をみていくとそこには具体的な規制がほとんどないことが問題点としてあげられる。例えばペットを販売する業者は○平米の部屋の中では○等以上の動物を飼育してはならない、ショーケースにいれられる時間は○時間までとする、など。実際にペット業界の根本的な管理体制を改善するには、そのような具体的な規制を盛り込むことが必要かもしれない。
 ペットショップへ足を運ぶことがあったら、かわいいと思うだけではなく、このような問題についてぜひ考えてみて欲しい。ペットに対する考えが少し、変わるかもしれない。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット業界という「闇」

 いまや犬や猫は家族の一員としてなくてはならない存在になつている。そんなペットだが、家族の一員とするにはどうすればいいか。いわゆるペットショップで「買う」という経験をした人は少なくないのではないか。そんなペット市場ですがかなりの経済規模を伴っておりその規模はなんと1兆4000億円以上とも言われている。
 しかし見方を変えれば日本のペット業界は大量の殺処分をはじめとする悲惨な問題をいくつも抱えているのも事実なのである。
 動物愛護法とは動物の「愛護」と「管理」という2つの側面から成り立っている。人と動物のより良い関係を目指し、これまでに3回の改正を重ねてきた。そして2013年の改正により大きな変化があった。それが終生飼養の徹底と呼ばれるものだ。
 終生飼養の徹底とは、飼主は一度飼ったペットを最後まで責任を持って飼わなければならないということ。これはもちろんペットを販売する業者にも求められることになる。そして行政(つまり殺処分を行うところ)は、飼主やペット業者から動物の引き取りを求められた場合にそれを拒否することができるようになったのだ。これにより身勝手な理由でペットが行政により殺処分されることはとても少なくなった。しかし本当にペット業界のける大量消費社会という問題は解決したのか。
 実際には行政が引き取ってくれようがくれまいがペット業界の管理体制は何も変わっていないので、売れ残りのペットというものは今だにたくさん存在する。では業者が引き取ってくれないならどうするのか。その答えは、不要なペットを有料で引き取り劣悪な環境で飼い殺しにするいわゆる引き取り屋と呼ばれる業者の蔓延や、ペット業者自らの手で動物たちを死に至らしめる実態という、あまりにも残酷な現実だったのである。
 改めて改正動物愛護法をみていくとそこには具体的な規制がほとんどないことが問題点としてあげられる。例えばペットを販売する業者は○平米の部屋の中では○等以上の動物を飼育してはならない、ショーケースにいれられる時間は○時間までとする、など。実際にペット業界の根本的な管理体制を改善するには、そのような具体的な規制を盛り込むことが必要かもしれない。
 ペットショップへ足を運ぶことがあったら、かわいいと思うだけではなく、このような問題についてぜひ考えてみて欲しい。ペットに対する考えが少し、変わるかもしれない。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット業界という「闇」

 いまや犬や猫は家族の一員としてなくてはならない存在になつている。そんなペットだが、家族の一員とするにはどうすればいいか。いわゆるペットショップで「買う」という経験をした人は少なくないのではないか。そんなペット市場ですがかなりの経済規模を伴っておりその規模はなんと1兆4000億円以上とも言われている。
 しかし見方を変えれば日本のペット業界は大量の殺処分をはじめとする悲惨な問題をいくつも抱えているのも事実なのである。
 動物愛護法とは動物の「愛護」と「管理」という2つの側面から成り立っている。人と動物のより良い関係を目指し、これまでに3回の改正を重ねてきた。そして2013年の改正により大きな変化があった。それが終生飼養の徹底と呼ばれるものだ。
 終生飼養の徹底とは、飼主は一度飼ったペットを最後まで責任を持って飼わなければならないということ。これはもちろんペットを販売する業者にも求められることになる。そして行政(つまり殺処分を行うところ)は、飼主やペット業者から動物の引き取りを求められた場合にそれを拒否することができるようになったのだ。これにより身勝手な理由でペットが行政により殺処分されることはとても少なくなった。しかし本当にペット業界のける大量消費社会という問題は解決したのか。
 実際には行政が引き取ってくれようがくれまいがペット業界の管理体制は何も変わっていないので、売れ残りのペットというものは今だにたくさん存在する。では業者が引き取ってくれないならどうするのか。その答えは、不要なペットを有料で引き取り劣悪な環境で飼い殺しにするいわゆる引き取り屋と呼ばれる業者の蔓延や、ペット業者自らの手で動物たちを死に至らしめる実態という、あまりにも残酷な現実だったのである。
 改めて改正動物愛護法をみていくとそこには具体的な規制がほとんどないことが問題点としてあげられる。例えばペットを販売する業者は○平米の部屋の中では○等以上の動物を飼育してはならない、ショーケースにいれられる時間は○時間までとする、など。実際にペット業界の根本的な管理体制を改善するには、そのような具体的な規制を盛り込むことが必要かもしれない。
 ペットショップへ足を運ぶことがあったら、かわいいと思うだけではなく、このような問題についてぜひ考えてみて欲しい。ペットに対する考えが少し、変わるかもしれない。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

ペット販売の「8週齢問題」

 「動物」に関する課題の中で、日本が適切に対応しなければならない喫緊の課題は「幼齢動物の母子分離」である。2012年の「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護法)改正では、生後56日まで生まれた環境から子犬を引き離さないようにする「8週齢規制」導入が模索された。しかし、附則によって実効性のないものになっている。つまり、附則では、「生後56日」を「生後45日」齢とするとして、まさに意味のわからない内容になってしまっている。イギリス、フランス、ドイツ、アメリカなど欧米先進国では、明確に母子分離を8週齢以降と定めている。
 動物愛護法改正(2012年)に際し、本当は欧米並みの「生後56日齢」(生後8週齢)にしたかったと考えられる。しかし、さまざまな反対があり、やむを得ず「生後45日齢」(生後6.5週齢)にしたと推測される。さまざまな反対とは何なのか。犬や猫のために反対したとは考えられない。また、将来の「飼主」のためとも考えにくい。なぜなら、動物愛護の最先進国と言われるイギリスが、人(飼主)と動物のために「生後8週齢」としているからである。これは「人間のため」と言うより、まさに「ビジネス」の都合であろう。小さくて、見るからにかわいらしい時期を逸すると売れなくなるから、との勝手な都合によって、「生後45日齢」になってしまった。
 ペット先進国である欧米には、1960年代に「動物の5つの自由」(The Five Freedoms for Animal)が提唱されており、その理念の中では「本来の行動する自由」がうたわれている。これは動物本来の生態や習性に従った自然な行動により、8週齢という最低ラインが設定されて、現在に至っている。
 「生後8週まで子犬、子猫は親元に 札幌市『努力義務』全国初の条例化へ」との見出しが新聞に掲載された。「8週齢」と明記して規定する、いわゆる「8週齢規制」の条例化は全国初である。条例であれ、好ましい健全な市民の声である。「動物愛護法」は5年ごとの見直しが附則で決められているとおり、少しでも欧米の先進国に近づくためには、きちんとした見直しが必要なのだ。
 マハトマ・ガンジー(1869-1948、インド建国の父)の“The greatness of a nation and its moral progress can be measured by the way in which its animals are treated.”(Mahatma Gandhi)「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いはその国が動物をどのように扱っているかで判断できる」という言葉を肝に銘じたい。
posted by IT難民 at 07:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする