2018年06月01日

外来生物の法による規制について

 今の日本では、外来種の検疫や防除の体制が十分に整っているとは言いがたい状況である。
 ペットショップなどで大量に販売されている外国産の珍しい昆虫や両生類、爬虫類などについて、病原菌がついているかどうかを細かくチェックしたり、屋外に逃げてしまうのを防ぐ手立てがない。
最近盛んになりはじめたインターネット上での生き物の取引の実態も正確に把握できていないばかりか、問題がすでに広く認識されているブラックバス(オオクチバス、コクチバス)のような動物でさえ、つい最近まで川や湖へ勝手に放流することも違法ではなかったのである。
 それはひとえに、外来種問題対策のための国内法が制定されていなかったことに大きな原因がある。
 外来種問題はすでに10年以上前から、国際社会では深刻な環境問題として認識されてきた。1993年に発効した世界の環境保全を目的とした国際条約「生物多様性条約」の第8条では、外来種の侵入を防ぐことと、駆除などの対策の必要性が明記されている。
条約に基づき、批准国は「生物多様性国家戦略」の作成が義務づけられ、その中で外来種問題への姿勢と方針を打ち出し、具体的な政策を実施しなくてはならないのだ。締約国である日本も1995年に最初の「生物多様性国家戦略」を策定し、2003年には改訂版である「新・生物多様性国家戦略」が作成された。その中で日本は、予防を原則として外来種問題に取り組む姿勢を明確にした。
 しかし、これはあくまでも環境行政の方針にすぎず、実効性のある「法律」ではない。実際に外来種の侵入を予防したり、すでに野生化した侵略的外来種を駆除するためには、この戦略にのっとった新しい法律を作るか、既存の法律を改正する必要があるのだ。
posted by IT難民 at 06:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外来生物の法による規制について

 今の日本では、外来種の検疫や防除の体制が十分に整っているとは言いがたい状況である。
 ペットショップなどで大量に販売されている外国産の珍しい昆虫や両生類、爬虫類などについて、病原菌がついているかどうかを細かくチェックしたり、屋外に逃げてしまうのを防ぐ手立てがない。
最近盛んになりはじめたインターネット上での生き物の取引の実態も正確に把握できていないばかりか、問題がすでに広く認識されているブラックバス(オオクチバス、コクチバス)のような動物でさえ、つい最近まで川や湖へ勝手に放流することも違法ではなかったのである。
 それはひとえに、外来種問題対策のための国内法が制定されていなかったことに大きな原因がある。
 外来種問題はすでに10年以上前から、国際社会では深刻な環境問題として認識されてきた。1993年に発効した世界の環境保全を目的とした国際条約「生物多様性条約」の第8条では、外来種の侵入を防ぐことと、駆除などの対策の必要性が明記されている。
条約に基づき、批准国は「生物多様性国家戦略」の作成が義務づけられ、その中で外来種問題への姿勢と方針を打ち出し、具体的な政策を実施しなくてはならないのだ。締約国である日本も1995年に最初の「生物多様性国家戦略」を策定し、2003年には改訂版である「新・生物多様性国家戦略」が作成された。その中で日本は、予防を原則として外来種問題に取り組む姿勢を明確にした。
 しかし、これはあくまでも環境行政の方針にすぎず、実効性のある「法律」ではない。実際に外来種の侵入を予防したり、すでに野生化した侵略的外来種を駆除するためには、この戦略にのっとった新しい法律を作るか、既存の法律を改正する必要があるのだ。
posted by IT難民 at 06:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外来生物の法による規制について

 今の日本では、外来種の検疫や防除の体制が十分に整っているとは言いがたい状況である。
 ペットショップなどで大量に販売されている外国産の珍しい昆虫や両生類、爬虫類などについて、病原菌がついているかどうかを細かくチェックしたり、屋外に逃げてしまうのを防ぐ手立てがない。
最近盛んになりはじめたインターネット上での生き物の取引の実態も正確に把握できていないばかりか、問題がすでに広く認識されているブラックバス(オオクチバス、コクチバス)のような動物でさえ、つい最近まで川や湖へ勝手に放流することも違法ではなかったのである。
 それはひとえに、外来種問題対策のための国内法が制定されていなかったことに大きな原因がある。
 外来種問題はすでに10年以上前から、国際社会では深刻な環境問題として認識されてきた。1993年に発効した世界の環境保全を目的とした国際条約「生物多様性条約」の第8条では、外来種の侵入を防ぐことと、駆除などの対策の必要性が明記されている。
条約に基づき、批准国は「生物多様性国家戦略」の作成が義務づけられ、その中で外来種問題への姿勢と方針を打ち出し、具体的な政策を実施しなくてはならないのだ。締約国である日本も1995年に最初の「生物多様性国家戦略」を策定し、2003年には改訂版である「新・生物多様性国家戦略」が作成された。その中で日本は、予防を原則として外来種問題に取り組む姿勢を明確にした。
 しかし、これはあくまでも環境行政の方針にすぎず、実効性のある「法律」ではない。実際に外来種の侵入を予防したり、すでに野生化した侵略的外来種を駆除するためには、この戦略にのっとった新しい法律を作るか、既存の法律を改正する必要があるのだ。
posted by IT難民 at 06:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外来生物の法による規制について

 今の日本では、外来種の検疫や防除の体制が十分に整っているとは言いがたい状況である。
 ペットショップなどで大量に販売されている外国産の珍しい昆虫や両生類、爬虫類などについて、病原菌がついているかどうかを細かくチェックしたり、屋外に逃げてしまうのを防ぐ手立てがない。
最近盛んになりはじめたインターネット上での生き物の取引の実態も正確に把握できていないばかりか、問題がすでに広く認識されているブラックバス(オオクチバス、コクチバス)のような動物でさえ、つい最近まで川や湖へ勝手に放流することも違法ではなかったのである。
 それはひとえに、外来種問題対策のための国内法が制定されていなかったことに大きな原因がある。
 外来種問題はすでに10年以上前から、国際社会では深刻な環境問題として認識されてきた。1993年に発効した世界の環境保全を目的とした国際条約「生物多様性条約」の第8条では、外来種の侵入を防ぐことと、駆除などの対策の必要性が明記されている。
条約に基づき、批准国は「生物多様性国家戦略」の作成が義務づけられ、その中で外来種問題への姿勢と方針を打ち出し、具体的な政策を実施しなくてはならないのだ。締約国である日本も1995年に最初の「生物多様性国家戦略」を策定し、2003年には改訂版である「新・生物多様性国家戦略」が作成された。その中で日本は、予防を原則として外来種問題に取り組む姿勢を明確にした。
 しかし、これはあくまでも環境行政の方針にすぎず、実効性のある「法律」ではない。実際に外来種の侵入を予防したり、すでに野生化した侵略的外来種を駆除するためには、この戦略にのっとった新しい法律を作るか、既存の法律を改正する必要があるのだ。
posted by IT難民 at 06:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外来生物の法による規制について

 今の日本では、外来種の検疫や防除の体制が十分に整っているとは言いがたい状況である。
 ペットショップなどで大量に販売されている外国産の珍しい昆虫や両生類、爬虫類などについて、病原菌がついているかどうかを細かくチェックしたり、屋外に逃げてしまうのを防ぐ手立てがない。
最近盛んになりはじめたインターネット上での生き物の取引の実態も正確に把握できていないばかりか、問題がすでに広く認識されているブラックバス(オオクチバス、コクチバス)のような動物でさえ、つい最近まで川や湖へ勝手に放流することも違法ではなかったのである。
 それはひとえに、外来種問題対策のための国内法が制定されていなかったことに大きな原因がある。
 外来種問題はすでに10年以上前から、国際社会では深刻な環境問題として認識されてきた。1993年に発効した世界の環境保全を目的とした国際条約「生物多様性条約」の第8条では、外来種の侵入を防ぐことと、駆除などの対策の必要性が明記されている。
条約に基づき、批准国は「生物多様性国家戦略」の作成が義務づけられ、その中で外来種問題への姿勢と方針を打ち出し、具体的な政策を実施しなくてはならないのだ。締約国である日本も1995年に最初の「生物多様性国家戦略」を策定し、2003年には改訂版である「新・生物多様性国家戦略」が作成された。その中で日本は、予防を原則として外来種問題に取り組む姿勢を明確にした。
 しかし、これはあくまでも環境行政の方針にすぎず、実効性のある「法律」ではない。実際に外来種の侵入を予防したり、すでに野生化した侵略的外来種を駆除するためには、この戦略にのっとった新しい法律を作るか、既存の法律を改正する必要があるのだ。
posted by IT難民 at 06:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法

 2004年6月、外来種規制を定めた初の国内法である「特定外来種による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)」が国会で成立、2005年6月1日より施行されました。この新法では、海外から持ち込まれる生物の中で、日本の生態系や農林業、人の生活に大きな悪影響を及ぼすおそれのある外来種を「特定外来種」に指定して規制します。特定外来種には国内移動によるものは含まれず、海外からやってくる生物種のみが対象となります。
・特定外来生物に指定された種の扱いに関する規制
飼育、栽培、保管、運搬の原則禁止
輸入の原則禁止
野外へ放つ(植える、撒く)ことの禁止
飼養等の許可を受けていない他者への譲渡や販売の禁止
許可を受けて飼養等する際、マイクロチップの埋め込みなど個体識別の措置をする義務
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法

 2004年6月、外来種規制を定めた初の国内法である「特定外来種による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)」が国会で成立、2005年6月1日より施行されました。この新法では、海外から持ち込まれる生物の中で、日本の生態系や農林業、人の生活に大きな悪影響を及ぼすおそれのある外来種を「特定外来種」に指定して規制します。特定外来種には国内移動によるものは含まれず、海外からやってくる生物種のみが対象となります。
・特定外来生物に指定された種の扱いに関する規制
飼育、栽培、保管、運搬の原則禁止
輸入の原則禁止
野外へ放つ(植える、撒く)ことの禁止
飼養等の許可を受けていない他者への譲渡や販売の禁止
許可を受けて飼養等する際、マイクロチップの埋め込みなど個体識別の措置をする義務
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法

 2004年6月、外来種規制を定めた初の国内法である「特定外来種による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)」が国会で成立、2005年6月1日より施行されました。この新法では、海外から持ち込まれる生物の中で、日本の生態系や農林業、人の生活に大きな悪影響を及ぼすおそれのある外来種を「特定外来種」に指定して規制します。特定外来種には国内移動によるものは含まれず、海外からやってくる生物種のみが対象となります。
・特定外来生物に指定された種の扱いに関する規制
飼育、栽培、保管、運搬の原則禁止
輸入の原則禁止
野外へ放つ(植える、撒く)ことの禁止
飼養等の許可を受けていない他者への譲渡や販売の禁止
許可を受けて飼養等する際、マイクロチップの埋め込みなど個体識別の措置をする義務
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法

 2004年6月、外来種規制を定めた初の国内法である「特定外来種による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)」が国会で成立、2005年6月1日より施行されました。この新法では、海外から持ち込まれる生物の中で、日本の生態系や農林業、人の生活に大きな悪影響を及ぼすおそれのある外来種を「特定外来種」に指定して規制します。特定外来種には国内移動によるものは含まれず、海外からやってくる生物種のみが対象となります。
・特定外来生物に指定された種の扱いに関する規制
飼育、栽培、保管、運搬の原則禁止
輸入の原則禁止
野外へ放つ(植える、撒く)ことの禁止
飼養等の許可を受けていない他者への譲渡や販売の禁止
許可を受けて飼養等する際、マイクロチップの埋め込みなど個体識別の措置をする義務
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法

 2004年6月、外来種規制を定めた初の国内法である「特定外来種による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)」が国会で成立、2005年6月1日より施行されました。この新法では、海外から持ち込まれる生物の中で、日本の生態系や農林業、人の生活に大きな悪影響を及ぼすおそれのある外来種を「特定外来種」に指定して規制します。特定外来種には国内移動によるものは含まれず、海外からやってくる生物種のみが対象となります。
・特定外来生物に指定された種の扱いに関する規制
飼育、栽培、保管、運搬の原則禁止
輸入の原則禁止
野外へ放つ(植える、撒く)ことの禁止
飼養等の許可を受けていない他者への譲渡や販売の禁止
許可を受けて飼養等する際、マイクロチップの埋め込みなど個体識別の措置をする義務
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法

 2004年6月、外来種規制を定めた初の国内法である「特定外来種による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)」が国会で成立、2005年6月1日より施行されました。この新法では、海外から持ち込まれる生物の中で、日本の生態系や農林業、人の生活に大きな悪影響を及ぼすおそれのある外来種を「特定外来種」に指定して規制します。特定外来種には国内移動によるものは含まれず、海外からやってくる生物種のみが対象となります。
・特定外来生物に指定された種の扱いに関する規制
飼育、栽培、保管、運搬の原則禁止
輸入の原則禁止
野外へ放つ(植える、撒く)ことの禁止
飼養等の許可を受けていない他者への譲渡や販売の禁止
許可を受けて飼養等する際、マイクロチップの埋め込みなど個体識別の措置をする義務
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法

 2004年6月、外来種規制を定めた初の国内法である「特定外来種による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)」が国会で成立、2005年6月1日より施行されました。この新法では、海外から持ち込まれる生物の中で、日本の生態系や農林業、人の生活に大きな悪影響を及ぼすおそれのある外来種を「特定外来種」に指定して規制します。特定外来種には国内移動によるものは含まれず、海外からやってくる生物種のみが対象となります。
・特定外来生物に指定された種の扱いに関する規制
飼育、栽培、保管、運搬の原則禁止
輸入の原則禁止
野外へ放つ(植える、撒く)ことの禁止
飼養等の許可を受けていない他者への譲渡や販売の禁止
許可を受けて飼養等する際、マイクロチップの埋め込みなど個体識別の措置をする義務
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法

 2004年6月、外来種規制を定めた初の国内法である「特定外来種による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)」が国会で成立、2005年6月1日より施行されました。この新法では、海外から持ち込まれる生物の中で、日本の生態系や農林業、人の生活に大きな悪影響を及ぼすおそれのある外来種を「特定外来種」に指定して規制します。特定外来種には国内移動によるものは含まれず、海外からやってくる生物種のみが対象となります。
・特定外来生物に指定された種の扱いに関する規制
飼育、栽培、保管、運搬の原則禁止
輸入の原則禁止
野外へ放つ(植える、撒く)ことの禁止
飼養等の許可を受けていない他者への譲渡や販売の禁止
許可を受けて飼養等する際、マイクロチップの埋め込みなど個体識別の措置をする義務
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法

 2004年6月、外来種規制を定めた初の国内法である「特定外来種による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物法)」が国会で成立、2005年6月1日より施行されました。この新法では、海外から持ち込まれる生物の中で、日本の生態系や農林業、人の生活に大きな悪影響を及ぼすおそれのある外来種を「特定外来種」に指定して規制します。特定外来種には国内移動によるものは含まれず、海外からやってくる生物種のみが対象となります。
・特定外来生物に指定された種の扱いに関する規制
飼育、栽培、保管、運搬の原則禁止
輸入の原則禁止
野外へ放つ(植える、撒く)ことの禁止
飼養等の許可を受けていない他者への譲渡や販売の禁止
許可を受けて飼養等する際、マイクロチップの埋め込みなど個体識別の措置をする義務
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

特定外来生物法では解決できないこと

 特定外来生物法が成立、施行されたことは、日本の外来種対策にとっては大きな一歩となった。しかし残念なことに、この法律は外来種問題を根本的に解決する上では、必ずしも十分なものとはならなかった。なぜなら、すでに飼われている外来種を野外に放すことを規制し、自然環境や人への被害を防ぐにはどうするのかといった具体的な内容が何も決まっていないからである。費用についても、環境省の外来種対策のための予算が、滋賀県1県分のそれを下回っているのが現状で、効果的な政策がどれだけ実現できるのか懸念されている。
 そもそも外来種問題とは、外来種そのものに罪があるわけではなく、それを故意であれ無意識であれ、持ち込んでしまった人間に問題がある。法律で規制の対象になっていないから、むやみに飼育したり屋外に放しても良いという考え方を改めなければならない。日本人1人ひとりが、この問題の深刻さを理解し、考えて行動することが何よりも大切ではないだろうか。
posted by IT難民 at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法では解決できないこと

 特定外来生物法が成立、施行されたことは、日本の外来種対策にとっては大きな一歩となった。しかし残念なことに、この法律は外来種問題を根本的に解決する上では、必ずしも十分なものとはならなかった。なぜなら、すでに飼われている外来種を野外に放すことを規制し、自然環境や人への被害を防ぐにはどうするのかといった具体的な内容が何も決まっていないからである。費用についても、環境省の外来種対策のための予算が、滋賀県1県分のそれを下回っているのが現状で、効果的な政策がどれだけ実現できるのか懸念されている。
 そもそも外来種問題とは、外来種そのものに罪があるわけではなく、それを故意であれ無意識であれ、持ち込んでしまった人間に問題がある。法律で規制の対象になっていないから、むやみに飼育したり屋外に放しても良いという考え方を改めなければならない。日本人1人ひとりが、この問題の深刻さを理解し、考えて行動することが何よりも大切ではないだろうか。
posted by IT難民 at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法では解決できないこと

 特定外来生物法が成立、施行されたことは、日本の外来種対策にとっては大きな一歩となった。しかし残念なことに、この法律は外来種問題を根本的に解決する上では、必ずしも十分なものとはならなかった。なぜなら、すでに飼われている外来種を野外に放すことを規制し、自然環境や人への被害を防ぐにはどうするのかといった具体的な内容が何も決まっていないからである。費用についても、環境省の外来種対策のための予算が、滋賀県1県分のそれを下回っているのが現状で、効果的な政策がどれだけ実現できるのか懸念されている。
 そもそも外来種問題とは、外来種そのものに罪があるわけではなく、それを故意であれ無意識であれ、持ち込んでしまった人間に問題がある。法律で規制の対象になっていないから、むやみに飼育したり屋外に放しても良いという考え方を改めなければならない。日本人1人ひとりが、この問題の深刻さを理解し、考えて行動することが何よりも大切ではないだろうか。
posted by IT難民 at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法では解決できないこと

 特定外来生物法が成立、施行されたことは、日本の外来種対策にとっては大きな一歩となった。しかし残念なことに、この法律は外来種問題を根本的に解決する上では、必ずしも十分なものとはならなかった。なぜなら、すでに飼われている外来種を野外に放すことを規制し、自然環境や人への被害を防ぐにはどうするのかといった具体的な内容が何も決まっていないからである。費用についても、環境省の外来種対策のための予算が、滋賀県1県分のそれを下回っているのが現状で、効果的な政策がどれだけ実現できるのか懸念されている。
 そもそも外来種問題とは、外来種そのものに罪があるわけではなく、それを故意であれ無意識であれ、持ち込んでしまった人間に問題がある。法律で規制の対象になっていないから、むやみに飼育したり屋外に放しても良いという考え方を改めなければならない。日本人1人ひとりが、この問題の深刻さを理解し、考えて行動することが何よりも大切ではないだろうか。
posted by IT難民 at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法では解決できないこと

 特定外来生物法が成立、施行されたことは、日本の外来種対策にとっては大きな一歩となった。しかし残念なことに、この法律は外来種問題を根本的に解決する上では、必ずしも十分なものとはならなかった。なぜなら、すでに飼われている外来種を野外に放すことを規制し、自然環境や人への被害を防ぐにはどうするのかといった具体的な内容が何も決まっていないからである。費用についても、環境省の外来種対策のための予算が、滋賀県1県分のそれを下回っているのが現状で、効果的な政策がどれだけ実現できるのか懸念されている。
 そもそも外来種問題とは、外来種そのものに罪があるわけではなく、それを故意であれ無意識であれ、持ち込んでしまった人間に問題がある。法律で規制の対象になっていないから、むやみに飼育したり屋外に放しても良いという考え方を改めなければならない。日本人1人ひとりが、この問題の深刻さを理解し、考えて行動することが何よりも大切ではないだろうか。
posted by IT難民 at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

特定外来生物法では解決できないこと

 特定外来生物法が成立、施行されたことは、日本の外来種対策にとっては大きな一歩となった。しかし残念なことに、この法律は外来種問題を根本的に解決する上では、必ずしも十分なものとはならなかった。なぜなら、すでに飼われている外来種を野外に放すことを規制し、自然環境や人への被害を防ぐにはどうするのかといった具体的な内容が何も決まっていないからである。費用についても、環境省の外来種対策のための予算が、滋賀県1県分のそれを下回っているのが現状で、効果的な政策がどれだけ実現できるのか懸念されている。
 そもそも外来種問題とは、外来種そのものに罪があるわけではなく、それを故意であれ無意識であれ、持ち込んでしまった人間に問題がある。法律で規制の対象になっていないから、むやみに飼育したり屋外に放しても良いという考え方を改めなければならない。日本人1人ひとりが、この問題の深刻さを理解し、考えて行動することが何よりも大切ではないだろうか。
posted by IT難民 at 06:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法では解決できないこと

 特定外来生物法が成立、施行されたことは、日本の外来種対策にとっては大きな一歩となった。しかし残念なことに、この法律は外来種問題を根本的に解決する上では、必ずしも十分なものとはならなかった。なぜなら、すでに飼われている外来種を野外に放すことを規制し、自然環境や人への被害を防ぐにはどうするのかといった具体的な内容が何も決まっていないからである。費用についても、環境省の外来種対策のための予算が、滋賀県1県分のそれを下回っているのが現状で、効果的な政策がどれだけ実現できるのか懸念されている。
 そもそも外来種問題とは、外来種そのものに罪があるわけではなく、それを故意であれ無意識であれ、持ち込んでしまった人間に問題がある。法律で規制の対象になっていないから、むやみに飼育したり屋外に放しても良いという考え方を改めなければならない。日本人1人ひとりが、この問題の深刻さを理解し、考えて行動することが何よりも大切ではないだろうか。
posted by IT難民 at 06:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定外来生物法では解決できないこと

 特定外来生物法が成立、施行されたことは、日本の外来種対策にとっては大きな一歩となった。しかし残念なことに、この法律は外来種問題を根本的に解決する上では、必ずしも十分なものとはならなかった。なぜなら、すでに飼われている外来種を野外に放すことを規制し、自然環境や人への被害を防ぐにはどうするのかといった具体的な内容が何も決まっていないからである。費用についても、環境省の外来種対策のための予算が、滋賀県1県分のそれを下回っているのが現状で、効果的な政策がどれだけ実現できるのか懸念されている。
 そもそも外来種問題とは、外来種そのものに罪があるわけではなく、それを故意であれ無意識であれ、持ち込んでしまった人間に問題がある。法律で規制の対象になっていないから、むやみに飼育したり屋外に放しても良いという考え方を改めなければならない。日本人1人ひとりが、この問題の深刻さを理解し、考えて行動することが何よりも大切ではないだろうか。
posted by IT難民 at 06:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGOの活動と国内規制の行方

 WWFを含む国内の環境NGOは、特定外来生物法の法案が作られる過程で問題点を指摘し、政府関係者に対して法案の改正を働きかけてきた。特に強く要求したのは、持ち込まれた外来種が問題を起こしてから駆除などの対応を行うのではなく、侵入を防ぎ、被害を未然に食い止める「予防原則」を徹底すべきだという点である。
 また、2004年にWWFは、国内の専門家や他の環境団体とともに数ヵ月をかけて独自の暫定版リストを作成し、特定外来種の選定に厳しい姿勢で臨むことを環境省に求めた。このリストには、明らかな影響を及ぼしている外来種はもちろん、予防の側面を重視し、今後影響が心配される種を含めた約400種の動植物の名前が記載されている。
 さらに第一次指定種の決まった2005年には、生態系への懸念がありながらも指定にもれた外来種の多さを指摘し、第二次指定種の選定を迅速に行なうよう意見を述べた。
posted by IT難民 at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGOの活動と国内規制の行方

 WWFを含む国内の環境NGOは、特定外来生物法の法案が作られる過程で問題点を指摘し、政府関係者に対して法案の改正を働きかけてきた。特に強く要求したのは、持ち込まれた外来種が問題を起こしてから駆除などの対応を行うのではなく、侵入を防ぎ、被害を未然に食い止める「予防原則」を徹底すべきだという点である。
 また、2004年にWWFは、国内の専門家や他の環境団体とともに数ヵ月をかけて独自の暫定版リストを作成し、特定外来種の選定に厳しい姿勢で臨むことを環境省に求めた。このリストには、明らかな影響を及ぼしている外来種はもちろん、予防の側面を重視し、今後影響が心配される種を含めた約400種の動植物の名前が記載されている。
 さらに第一次指定種の決まった2005年には、生態系への懸念がありながらも指定にもれた外来種の多さを指摘し、第二次指定種の選定を迅速に行なうよう意見を述べた。
posted by IT難民 at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGOの活動と国内規制の行方

 WWFを含む国内の環境NGOは、特定外来生物法の法案が作られる過程で問題点を指摘し、政府関係者に対して法案の改正を働きかけてきた。特に強く要求したのは、持ち込まれた外来種が問題を起こしてから駆除などの対応を行うのではなく、侵入を防ぎ、被害を未然に食い止める「予防原則」を徹底すべきだという点である。
 また、2004年にWWFは、国内の専門家や他の環境団体とともに数ヵ月をかけて独自の暫定版リストを作成し、特定外来種の選定に厳しい姿勢で臨むことを環境省に求めた。このリストには、明らかな影響を及ぼしている外来種はもちろん、予防の側面を重視し、今後影響が心配される種を含めた約400種の動植物の名前が記載されている。
 さらに第一次指定種の決まった2005年には、生態系への懸念がありながらも指定にもれた外来種の多さを指摘し、第二次指定種の選定を迅速に行なうよう意見を述べた。
posted by IT難民 at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGOの活動と国内規制の行方

 WWFを含む国内の環境NGOは、特定外来生物法の法案が作られる過程で問題点を指摘し、政府関係者に対して法案の改正を働きかけてきた。特に強く要求したのは、持ち込まれた外来種が問題を起こしてから駆除などの対応を行うのではなく、侵入を防ぎ、被害を未然に食い止める「予防原則」を徹底すべきだという点である。
 また、2004年にWWFは、国内の専門家や他の環境団体とともに数ヵ月をかけて独自の暫定版リストを作成し、特定外来種の選定に厳しい姿勢で臨むことを環境省に求めた。このリストには、明らかな影響を及ぼしている外来種はもちろん、予防の側面を重視し、今後影響が心配される種を含めた約400種の動植物の名前が記載されている。
 さらに第一次指定種の決まった2005年には、生態系への懸念がありながらも指定にもれた外来種の多さを指摘し、第二次指定種の選定を迅速に行なうよう意見を述べた。
posted by IT難民 at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGOの活動と国内規制の行方

 WWFを含む国内の環境NGOは、特定外来生物法の法案が作られる過程で問題点を指摘し、政府関係者に対して法案の改正を働きかけてきた。特に強く要求したのは、持ち込まれた外来種が問題を起こしてから駆除などの対応を行うのではなく、侵入を防ぎ、被害を未然に食い止める「予防原則」を徹底すべきだという点である。
 また、2004年にWWFは、国内の専門家や他の環境団体とともに数ヵ月をかけて独自の暫定版リストを作成し、特定外来種の選定に厳しい姿勢で臨むことを環境省に求めた。このリストには、明らかな影響を及ぼしている外来種はもちろん、予防の側面を重視し、今後影響が心配される種を含めた約400種の動植物の名前が記載されている。
 さらに第一次指定種の決まった2005年には、生態系への懸念がありながらも指定にもれた外来種の多さを指摘し、第二次指定種の選定を迅速に行なうよう意見を述べた。
posted by IT難民 at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGOの活動と国内規制の行方

 WWFを含む国内の環境NGOは、特定外来生物法の法案が作られる過程で問題点を指摘し、政府関係者に対して法案の改正を働きかけてきた。特に強く要求したのは、持ち込まれた外来種が問題を起こしてから駆除などの対応を行うのではなく、侵入を防ぎ、被害を未然に食い止める「予防原則」を徹底すべきだという点である。
 また、2004年にWWFは、国内の専門家や他の環境団体とともに数ヵ月をかけて独自の暫定版リストを作成し、特定外来種の選定に厳しい姿勢で臨むことを環境省に求めた。このリストには、明らかな影響を及ぼしている外来種はもちろん、予防の側面を重視し、今後影響が心配される種を含めた約400種の動植物の名前が記載されている。
 さらに第一次指定種の決まった2005年には、生態系への懸念がありながらも指定にもれた外来種の多さを指摘し、第二次指定種の選定を迅速に行なうよう意見を述べた。
posted by IT難民 at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGOの活動と国内規制の行方

 WWFを含む国内の環境NGOは、特定外来生物法の法案が作られる過程で問題点を指摘し、政府関係者に対して法案の改正を働きかけてきた。特に強く要求したのは、持ち込まれた外来種が問題を起こしてから駆除などの対応を行うのではなく、侵入を防ぎ、被害を未然に食い止める「予防原則」を徹底すべきだという点である。
 また、2004年にWWFは、国内の専門家や他の環境団体とともに数ヵ月をかけて独自の暫定版リストを作成し、特定外来種の選定に厳しい姿勢で臨むことを環境省に求めた。このリストには、明らかな影響を及ぼしている外来種はもちろん、予防の側面を重視し、今後影響が心配される種を含めた約400種の動植物の名前が記載されている。
 さらに第一次指定種の決まった2005年には、生態系への懸念がありながらも指定にもれた外来種の多さを指摘し、第二次指定種の選定を迅速に行なうよう意見を述べた。
posted by IT難民 at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「予防原則」とは?

 悪影響が不確かだからといって後回しにせず、未然に対処すること。1992年に開催された国連環境開発会議で採択された環境と開発に関するリオ宣言の原則15に「環境を保護するため、予防的方策は、各国により、その能力に応じて広く適用されなければならない。深刻な、あるいは不可逆的な被害のおそれがある場合には、完全な科学的確実性の欠如が、環境悪化を防止するための費用対効果の大きい対策を延期する理由として使われてはならない」と記されている。
posted by IT難民 at 06:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの社会問題 とは?

 日本のペットにおける最大の社会問題は、殺処分についていかに減少させることができるかということではないか。全国の動物愛護センターへ保護された犬の総数は、72000頭(100%)。この内、迷子で飼主の基へ帰ることができた犬は、2万頭余り(28%)、新しい飼主の基へ引取られた犬が、17,000頭(24%)。行き場がなく殺処分になった犬は、35000頭(49%)にも上る。
 保護されたペットの内、飼主の飼育放棄により持ち込まれた犬は、24%に上り、所有者不明の犬の保護が60%、このほとんどは、捨て犬や迷い犬となる。捨て犬であれば、飼主がいた可能性が高いことから、この中にも多数の飼育放棄による不幸な犬が存在することになる。これらの殺処分の犬の内、15000頭はまだ離乳もしていない子犬が含まれる。
 動物愛護センターの調査によると犬をセンターに持ち込むことになった飼主の主な事情は以下の通り。
•引越し先がペット禁止なので
•犬が大きくなって可愛くなくなったから
•予定外の出産で、たくさん子犬が産まれてしまったから
•面白半分で繁殖したが、子犬のもらい手がいないから
•言うことを聞かず、うるさいだけだから
•経済的に余裕がないから
•老犬の介護が大変だから
•ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになったから
•ペットショップからの売れ残りの処分として
•夏休みで長期の旅行に行くから
•思っていたより臭いから
 どの理由をとっても、無責任であり、飼主に知識や考えがあれば防げるものばかり。つまり犬を捨てることに正当な理由などなく、殺処分は飼主の無責任と無知の代償を、犬に押し付ける行為であるといえないだろうか。
 数字の上では、飼育放棄を根絶すれば、殺処分される犬のほとんどがいなくなることになる。また、無責任な繁殖を防げば、生まれたばかりの子犬を殺すことを防げるはずだ。
 ペット先進国である欧米諸国の中で、ドイツはペット行政が一番進んでいる地域といえる。日本のような殺処分という制度は存在しない。保護された野良犬や持ち込まれた犬たちは地域のティアハイムへという施設に収容され14日間の検疫、隔離の後、新しい飼主に仲介される。仲介率は90%を超える実績を上げている。
 ドイツでは、動物の安楽死は、正当な理由が必要であり、不当である場合、刑事罰の対象となる。例えば、ティアハイムに収容された犬を1人の獣医師が不治の病と診断のうえ安楽死を決定したとすると、安楽死させられた犬の死体は大学の病理検査に送られ、そこで安楽死を決定した獣医師と同じ病理結果を得られなければ正統な理由なく動物を殺したということで起訴の対象となる。ティアハイムで仲介先が見つからないとの理由では殺処分できない法規制もあり、長期間ティアハイムで生活する犬もいる。
 また、イギリスでは、毎年約10万頭の犬が保護されている。その内の7,000頭程度は病気を持っていたり、獰猛すぎる等性格に問題があったり、引き取り手が見つからなかったりという理由で安楽死させられているようだ。保護された犬の内、93%の命が救われていることになる。
 アメリカは、殺処分が最も多い地域で、2010年度の1年間で約600万頭保護され、その内約300万頭の犬猫が殺処分されている。この数だけを見るとペット行政が遅れているように見えるが、昨今急速な対策が進み近年には、殺処分が激減する見通しだ。
 アメリカでは、保護された動物はシェルターと呼ばれる動物保護施設に収容される。行政の運営するものと、民間の非営利団体が運営するものとがある。日本とは比較にならない規模のシェルターが、全米に約5000ヵ所以上もあり、その存在も広く認知されている。
 ヨーロッパ諸国に倣い、アメリカでも、急速に犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言っていい。また、そういった世論を受け自主的に撤退するペットショップも出てきている。
 世論では「犬猫を購入するときシェルターへ行く」という認識が定着してきており、次回の犬猫購入時にはペットショップを利用しないという人が多数を占めている。
 これらの国々の行政は、世論が動かしている。日本も先進国として恥ずかしくない環境を作る上で、飼主に現状を啓蒙し、改善の括層を推進していくことが、ペット業界のあるべき姿ではないか。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの社会問題 とは?

 日本のペットにおける最大の社会問題は、殺処分についていかに減少させることができるかということではないか。全国の動物愛護センターへ保護された犬の総数は、72000頭(100%)。この内、迷子で飼主の基へ帰ることができた犬は、2万頭余り(28%)、新しい飼主の基へ引取られた犬が、17,000頭(24%)。行き場がなく殺処分になった犬は、35000頭(49%)にも上る。
 保護されたペットの内、飼主の飼育放棄により持ち込まれた犬は、24%に上り、所有者不明の犬の保護が60%、このほとんどは、捨て犬や迷い犬となる。捨て犬であれば、飼主がいた可能性が高いことから、この中にも多数の飼育放棄による不幸な犬が存在することになる。これらの殺処分の犬の内、15000頭はまだ離乳もしていない子犬が含まれる。
 動物愛護センターの調査によると犬をセンターに持ち込むことになった飼主の主な事情は以下の通り。
•引越し先がペット禁止なので
•犬が大きくなって可愛くなくなったから
•予定外の出産で、たくさん子犬が産まれてしまったから
•面白半分で繁殖したが、子犬のもらい手がいないから
•言うことを聞かず、うるさいだけだから
•経済的に余裕がないから
•老犬の介護が大変だから
•ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになったから
•ペットショップからの売れ残りの処分として
•夏休みで長期の旅行に行くから
•思っていたより臭いから
 どの理由をとっても、無責任であり、飼主に知識や考えがあれば防げるものばかり。つまり犬を捨てることに正当な理由などなく、殺処分は飼主の無責任と無知の代償を、犬に押し付ける行為であるといえないだろうか。
 数字の上では、飼育放棄を根絶すれば、殺処分される犬のほとんどがいなくなることになる。また、無責任な繁殖を防げば、生まれたばかりの子犬を殺すことを防げるはずだ。
 ペット先進国である欧米諸国の中で、ドイツはペット行政が一番進んでいる地域といえる。日本のような殺処分という制度は存在しない。保護された野良犬や持ち込まれた犬たちは地域のティアハイムへという施設に収容され14日間の検疫、隔離の後、新しい飼主に仲介される。仲介率は90%を超える実績を上げている。
 ドイツでは、動物の安楽死は、正当な理由が必要であり、不当である場合、刑事罰の対象となる。例えば、ティアハイムに収容された犬を1人の獣医師が不治の病と診断のうえ安楽死を決定したとすると、安楽死させられた犬の死体は大学の病理検査に送られ、そこで安楽死を決定した獣医師と同じ病理結果を得られなければ正統な理由なく動物を殺したということで起訴の対象となる。ティアハイムで仲介先が見つからないとの理由では殺処分できない法規制もあり、長期間ティアハイムで生活する犬もいる。
 また、イギリスでは、毎年約10万頭の犬が保護されている。その内の7,000頭程度は病気を持っていたり、獰猛すぎる等性格に問題があったり、引き取り手が見つからなかったりという理由で安楽死させられているようだ。保護された犬の内、93%の命が救われていることになる。
 アメリカは、殺処分が最も多い地域で、2010年度の1年間で約600万頭保護され、その内約300万頭の犬猫が殺処分されている。この数だけを見るとペット行政が遅れているように見えるが、昨今急速な対策が進み近年には、殺処分が激減する見通しだ。
 アメリカでは、保護された動物はシェルターと呼ばれる動物保護施設に収容される。行政の運営するものと、民間の非営利団体が運営するものとがある。日本とは比較にならない規模のシェルターが、全米に約5000ヵ所以上もあり、その存在も広く認知されている。
 ヨーロッパ諸国に倣い、アメリカでも、急速に犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言っていい。また、そういった世論を受け自主的に撤退するペットショップも出てきている。
 世論では「犬猫を購入するときシェルターへ行く」という認識が定着してきており、次回の犬猫購入時にはペットショップを利用しないという人が多数を占めている。
 これらの国々の行政は、世論が動かしている。日本も先進国として恥ずかしくない環境を作る上で、飼主に現状を啓蒙し、改善の括層を推進していくことが、ペット業界のあるべき姿ではないか。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの社会問題 とは?

 日本のペットにおける最大の社会問題は、殺処分についていかに減少させることができるかということではないか。全国の動物愛護センターへ保護された犬の総数は、72000頭(100%)。この内、迷子で飼主の基へ帰ることができた犬は、2万頭余り(28%)、新しい飼主の基へ引取られた犬が、17,000頭(24%)。行き場がなく殺処分になった犬は、35000頭(49%)にも上る。
 保護されたペットの内、飼主の飼育放棄により持ち込まれた犬は、24%に上り、所有者不明の犬の保護が60%、このほとんどは、捨て犬や迷い犬となる。捨て犬であれば、飼主がいた可能性が高いことから、この中にも多数の飼育放棄による不幸な犬が存在することになる。これらの殺処分の犬の内、15000頭はまだ離乳もしていない子犬が含まれる。
 動物愛護センターの調査によると犬をセンターに持ち込むことになった飼主の主な事情は以下の通り。
•引越し先がペット禁止なので
•犬が大きくなって可愛くなくなったから
•予定外の出産で、たくさん子犬が産まれてしまったから
•面白半分で繁殖したが、子犬のもらい手がいないから
•言うことを聞かず、うるさいだけだから
•経済的に余裕がないから
•老犬の介護が大変だから
•ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになったから
•ペットショップからの売れ残りの処分として
•夏休みで長期の旅行に行くから
•思っていたより臭いから
 どの理由をとっても、無責任であり、飼主に知識や考えがあれば防げるものばかり。つまり犬を捨てることに正当な理由などなく、殺処分は飼主の無責任と無知の代償を、犬に押し付ける行為であるといえないだろうか。
 数字の上では、飼育放棄を根絶すれば、殺処分される犬のほとんどがいなくなることになる。また、無責任な繁殖を防げば、生まれたばかりの子犬を殺すことを防げるはずだ。
 ペット先進国である欧米諸国の中で、ドイツはペット行政が一番進んでいる地域といえる。日本のような殺処分という制度は存在しない。保護された野良犬や持ち込まれた犬たちは地域のティアハイムへという施設に収容され14日間の検疫、隔離の後、新しい飼主に仲介される。仲介率は90%を超える実績を上げている。
 ドイツでは、動物の安楽死は、正当な理由が必要であり、不当である場合、刑事罰の対象となる。例えば、ティアハイムに収容された犬を1人の獣医師が不治の病と診断のうえ安楽死を決定したとすると、安楽死させられた犬の死体は大学の病理検査に送られ、そこで安楽死を決定した獣医師と同じ病理結果を得られなければ正統な理由なく動物を殺したということで起訴の対象となる。ティアハイムで仲介先が見つからないとの理由では殺処分できない法規制もあり、長期間ティアハイムで生活する犬もいる。
 また、イギリスでは、毎年約10万頭の犬が保護されている。その内の7,000頭程度は病気を持っていたり、獰猛すぎる等性格に問題があったり、引き取り手が見つからなかったりという理由で安楽死させられているようだ。保護された犬の内、93%の命が救われていることになる。
 アメリカは、殺処分が最も多い地域で、2010年度の1年間で約600万頭保護され、その内約300万頭の犬猫が殺処分されている。この数だけを見るとペット行政が遅れているように見えるが、昨今急速な対策が進み近年には、殺処分が激減する見通しだ。
 アメリカでは、保護された動物はシェルターと呼ばれる動物保護施設に収容される。行政の運営するものと、民間の非営利団体が運営するものとがある。日本とは比較にならない規模のシェルターが、全米に約5000ヵ所以上もあり、その存在も広く認知されている。
 ヨーロッパ諸国に倣い、アメリカでも、急速に犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言っていい。また、そういった世論を受け自主的に撤退するペットショップも出てきている。
 世論では「犬猫を購入するときシェルターへ行く」という認識が定着してきており、次回の犬猫購入時にはペットショップを利用しないという人が多数を占めている。
 これらの国々の行政は、世論が動かしている。日本も先進国として恥ずかしくない環境を作る上で、飼主に現状を啓蒙し、改善の括層を推進していくことが、ペット業界のあるべき姿ではないか。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの社会問題 とは?

 日本のペットにおける最大の社会問題は、殺処分についていかに減少させることができるかということではないか。全国の動物愛護センターへ保護された犬の総数は、72000頭(100%)。この内、迷子で飼主の基へ帰ることができた犬は、2万頭余り(28%)、新しい飼主の基へ引取られた犬が、17,000頭(24%)。行き場がなく殺処分になった犬は、35000頭(49%)にも上る。
 保護されたペットの内、飼主の飼育放棄により持ち込まれた犬は、24%に上り、所有者不明の犬の保護が60%、このほとんどは、捨て犬や迷い犬となる。捨て犬であれば、飼主がいた可能性が高いことから、この中にも多数の飼育放棄による不幸な犬が存在することになる。これらの殺処分の犬の内、15000頭はまだ離乳もしていない子犬が含まれる。
 動物愛護センターの調査によると犬をセンターに持ち込むことになった飼主の主な事情は以下の通り。
•引越し先がペット禁止なので
•犬が大きくなって可愛くなくなったから
•予定外の出産で、たくさん子犬が産まれてしまったから
•面白半分で繁殖したが、子犬のもらい手がいないから
•言うことを聞かず、うるさいだけだから
•経済的に余裕がないから
•老犬の介護が大変だから
•ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになったから
•ペットショップからの売れ残りの処分として
•夏休みで長期の旅行に行くから
•思っていたより臭いから
 どの理由をとっても、無責任であり、飼主に知識や考えがあれば防げるものばかり。つまり犬を捨てることに正当な理由などなく、殺処分は飼主の無責任と無知の代償を、犬に押し付ける行為であるといえないだろうか。
 数字の上では、飼育放棄を根絶すれば、殺処分される犬のほとんどがいなくなることになる。また、無責任な繁殖を防げば、生まれたばかりの子犬を殺すことを防げるはずだ。
 ペット先進国である欧米諸国の中で、ドイツはペット行政が一番進んでいる地域といえる。日本のような殺処分という制度は存在しない。保護された野良犬や持ち込まれた犬たちは地域のティアハイムへという施設に収容され14日間の検疫、隔離の後、新しい飼主に仲介される。仲介率は90%を超える実績を上げている。
 ドイツでは、動物の安楽死は、正当な理由が必要であり、不当である場合、刑事罰の対象となる。例えば、ティアハイムに収容された犬を1人の獣医師が不治の病と診断のうえ安楽死を決定したとすると、安楽死させられた犬の死体は大学の病理検査に送られ、そこで安楽死を決定した獣医師と同じ病理結果を得られなければ正統な理由なく動物を殺したということで起訴の対象となる。ティアハイムで仲介先が見つからないとの理由では殺処分できない法規制もあり、長期間ティアハイムで生活する犬もいる。
 また、イギリスでは、毎年約10万頭の犬が保護されている。その内の7,000頭程度は病気を持っていたり、獰猛すぎる等性格に問題があったり、引き取り手が見つからなかったりという理由で安楽死させられているようだ。保護された犬の内、93%の命が救われていることになる。
 アメリカは、殺処分が最も多い地域で、2010年度の1年間で約600万頭保護され、その内約300万頭の犬猫が殺処分されている。この数だけを見るとペット行政が遅れているように見えるが、昨今急速な対策が進み近年には、殺処分が激減する見通しだ。
 アメリカでは、保護された動物はシェルターと呼ばれる動物保護施設に収容される。行政の運営するものと、民間の非営利団体が運営するものとがある。日本とは比較にならない規模のシェルターが、全米に約5000ヵ所以上もあり、その存在も広く認知されている。
 ヨーロッパ諸国に倣い、アメリカでも、急速に犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言っていい。また、そういった世論を受け自主的に撤退するペットショップも出てきている。
 世論では「犬猫を購入するときシェルターへ行く」という認識が定着してきており、次回の犬猫購入時にはペットショップを利用しないという人が多数を占めている。
 これらの国々の行政は、世論が動かしている。日本も先進国として恥ずかしくない環境を作る上で、飼主に現状を啓蒙し、改善の括層を推進していくことが、ペット業界のあるべき姿ではないか。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの社会問題 とは?

 日本のペットにおける最大の社会問題は、殺処分についていかに減少させることができるかということではないか。全国の動物愛護センターへ保護された犬の総数は、72000頭(100%)。この内、迷子で飼主の基へ帰ることができた犬は、2万頭余り(28%)、新しい飼主の基へ引取られた犬が、17,000頭(24%)。行き場がなく殺処分になった犬は、35000頭(49%)にも上る。
 保護されたペットの内、飼主の飼育放棄により持ち込まれた犬は、24%に上り、所有者不明の犬の保護が60%、このほとんどは、捨て犬や迷い犬となる。捨て犬であれば、飼主がいた可能性が高いことから、この中にも多数の飼育放棄による不幸な犬が存在することになる。これらの殺処分の犬の内、15000頭はまだ離乳もしていない子犬が含まれる。
 動物愛護センターの調査によると犬をセンターに持ち込むことになった飼主の主な事情は以下の通り。
•引越し先がペット禁止なので
•犬が大きくなって可愛くなくなったから
•予定外の出産で、たくさん子犬が産まれてしまったから
•面白半分で繁殖したが、子犬のもらい手がいないから
•言うことを聞かず、うるさいだけだから
•経済的に余裕がないから
•老犬の介護が大変だから
•ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになったから
•ペットショップからの売れ残りの処分として
•夏休みで長期の旅行に行くから
•思っていたより臭いから
 どの理由をとっても、無責任であり、飼主に知識や考えがあれば防げるものばかり。つまり犬を捨てることに正当な理由などなく、殺処分は飼主の無責任と無知の代償を、犬に押し付ける行為であるといえないだろうか。
 数字の上では、飼育放棄を根絶すれば、殺処分される犬のほとんどがいなくなることになる。また、無責任な繁殖を防げば、生まれたばかりの子犬を殺すことを防げるはずだ。
 ペット先進国である欧米諸国の中で、ドイツはペット行政が一番進んでいる地域といえる。日本のような殺処分という制度は存在しない。保護された野良犬や持ち込まれた犬たちは地域のティアハイムへという施設に収容され14日間の検疫、隔離の後、新しい飼主に仲介される。仲介率は90%を超える実績を上げている。
 ドイツでは、動物の安楽死は、正当な理由が必要であり、不当である場合、刑事罰の対象となる。例えば、ティアハイムに収容された犬を1人の獣医師が不治の病と診断のうえ安楽死を決定したとすると、安楽死させられた犬の死体は大学の病理検査に送られ、そこで安楽死を決定した獣医師と同じ病理結果を得られなければ正統な理由なく動物を殺したということで起訴の対象となる。ティアハイムで仲介先が見つからないとの理由では殺処分できない法規制もあり、長期間ティアハイムで生活する犬もいる。
 また、イギリスでは、毎年約10万頭の犬が保護されている。その内の7,000頭程度は病気を持っていたり、獰猛すぎる等性格に問題があったり、引き取り手が見つからなかったりという理由で安楽死させられているようだ。保護された犬の内、93%の命が救われていることになる。
 アメリカは、殺処分が最も多い地域で、2010年度の1年間で約600万頭保護され、その内約300万頭の犬猫が殺処分されている。この数だけを見るとペット行政が遅れているように見えるが、昨今急速な対策が進み近年には、殺処分が激減する見通しだ。
 アメリカでは、保護された動物はシェルターと呼ばれる動物保護施設に収容される。行政の運営するものと、民間の非営利団体が運営するものとがある。日本とは比較にならない規模のシェルターが、全米に約5000ヵ所以上もあり、その存在も広く認知されている。
 ヨーロッパ諸国に倣い、アメリカでも、急速に犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言っていい。また、そういった世論を受け自主的に撤退するペットショップも出てきている。
 世論では「犬猫を購入するときシェルターへ行く」という認識が定着してきており、次回の犬猫購入時にはペットショップを利用しないという人が多数を占めている。
 これらの国々の行政は、世論が動かしている。日本も先進国として恥ずかしくない環境を作る上で、飼主に現状を啓蒙し、改善の括層を推進していくことが、ペット業界のあるべき姿ではないか。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの社会問題 とは?

 日本のペットにおける最大の社会問題は、殺処分についていかに減少させることができるかということではないか。全国の動物愛護センターへ保護された犬の総数は、72000頭(100%)。この内、迷子で飼主の基へ帰ることができた犬は、2万頭余り(28%)、新しい飼主の基へ引取られた犬が、17,000頭(24%)。行き場がなく殺処分になった犬は、35000頭(49%)にも上る。
 保護されたペットの内、飼主の飼育放棄により持ち込まれた犬は、24%に上り、所有者不明の犬の保護が60%、このほとんどは、捨て犬や迷い犬となる。捨て犬であれば、飼主がいた可能性が高いことから、この中にも多数の飼育放棄による不幸な犬が存在することになる。これらの殺処分の犬の内、15000頭はまだ離乳もしていない子犬が含まれる。
 動物愛護センターの調査によると犬をセンターに持ち込むことになった飼主の主な事情は以下の通り。
•引越し先がペット禁止なので
•犬が大きくなって可愛くなくなったから
•予定外の出産で、たくさん子犬が産まれてしまったから
•面白半分で繁殖したが、子犬のもらい手がいないから
•言うことを聞かず、うるさいだけだから
•経済的に余裕がないから
•老犬の介護が大変だから
•ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになったから
•ペットショップからの売れ残りの処分として
•夏休みで長期の旅行に行くから
•思っていたより臭いから
 どの理由をとっても、無責任であり、飼主に知識や考えがあれば防げるものばかり。つまり犬を捨てることに正当な理由などなく、殺処分は飼主の無責任と無知の代償を、犬に押し付ける行為であるといえないだろうか。
 数字の上では、飼育放棄を根絶すれば、殺処分される犬のほとんどがいなくなることになる。また、無責任な繁殖を防げば、生まれたばかりの子犬を殺すことを防げるはずだ。
 ペット先進国である欧米諸国の中で、ドイツはペット行政が一番進んでいる地域といえる。日本のような殺処分という制度は存在しない。保護された野良犬や持ち込まれた犬たちは地域のティアハイムへという施設に収容され14日間の検疫、隔離の後、新しい飼主に仲介される。仲介率は90%を超える実績を上げている。
 ドイツでは、動物の安楽死は、正当な理由が必要であり、不当である場合、刑事罰の対象となる。例えば、ティアハイムに収容された犬を1人の獣医師が不治の病と診断のうえ安楽死を決定したとすると、安楽死させられた犬の死体は大学の病理検査に送られ、そこで安楽死を決定した獣医師と同じ病理結果を得られなければ正統な理由なく動物を殺したということで起訴の対象となる。ティアハイムで仲介先が見つからないとの理由では殺処分できない法規制もあり、長期間ティアハイムで生活する犬もいる。
 また、イギリスでは、毎年約10万頭の犬が保護されている。その内の7,000頭程度は病気を持っていたり、獰猛すぎる等性格に問題があったり、引き取り手が見つからなかったりという理由で安楽死させられているようだ。保護された犬の内、93%の命が救われていることになる。
 アメリカは、殺処分が最も多い地域で、2010年度の1年間で約600万頭保護され、その内約300万頭の犬猫が殺処分されている。この数だけを見るとペット行政が遅れているように見えるが、昨今急速な対策が進み近年には、殺処分が激減する見通しだ。
 アメリカでは、保護された動物はシェルターと呼ばれる動物保護施設に収容される。行政の運営するものと、民間の非営利団体が運営するものとがある。日本とは比較にならない規模のシェルターが、全米に約5000ヵ所以上もあり、その存在も広く認知されている。
 ヨーロッパ諸国に倣い、アメリカでも、急速に犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言っていい。また、そういった世論を受け自主的に撤退するペットショップも出てきている。
 世論では「犬猫を購入するときシェルターへ行く」という認識が定着してきており、次回の犬猫購入時にはペットショップを利用しないという人が多数を占めている。
 これらの国々の行政は、世論が動かしている。日本も先進国として恥ずかしくない環境を作る上で、飼主に現状を啓蒙し、改善の括層を推進していくことが、ペット業界のあるべき姿ではないか。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの社会問題 とは?

 日本のペットにおける最大の社会問題は、殺処分についていかに減少させることができるかということではないか。全国の動物愛護センターへ保護された犬の総数は、72000頭(100%)。この内、迷子で飼主の基へ帰ることができた犬は、2万頭余り(28%)、新しい飼主の基へ引取られた犬が、17,000頭(24%)。行き場がなく殺処分になった犬は、35000頭(49%)にも上る。
 保護されたペットの内、飼主の飼育放棄により持ち込まれた犬は、24%に上り、所有者不明の犬の保護が60%、このほとんどは、捨て犬や迷い犬となる。捨て犬であれば、飼主がいた可能性が高いことから、この中にも多数の飼育放棄による不幸な犬が存在することになる。これらの殺処分の犬の内、15000頭はまだ離乳もしていない子犬が含まれる。
 動物愛護センターの調査によると犬をセンターに持ち込むことになった飼主の主な事情は以下の通り。
•引越し先がペット禁止なので
•犬が大きくなって可愛くなくなったから
•予定外の出産で、たくさん子犬が産まれてしまったから
•面白半分で繁殖したが、子犬のもらい手がいないから
•言うことを聞かず、うるさいだけだから
•経済的に余裕がないから
•老犬の介護が大変だから
•ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになったから
•ペットショップからの売れ残りの処分として
•夏休みで長期の旅行に行くから
•思っていたより臭いから
 どの理由をとっても、無責任であり、飼主に知識や考えがあれば防げるものばかり。つまり犬を捨てることに正当な理由などなく、殺処分は飼主の無責任と無知の代償を、犬に押し付ける行為であるといえないだろうか。
 数字の上では、飼育放棄を根絶すれば、殺処分される犬のほとんどがいなくなることになる。また、無責任な繁殖を防げば、生まれたばかりの子犬を殺すことを防げるはずだ。
 ペット先進国である欧米諸国の中で、ドイツはペット行政が一番進んでいる地域といえる。日本のような殺処分という制度は存在しない。保護された野良犬や持ち込まれた犬たちは地域のティアハイムへという施設に収容され14日間の検疫、隔離の後、新しい飼主に仲介される。仲介率は90%を超える実績を上げている。
 ドイツでは、動物の安楽死は、正当な理由が必要であり、不当である場合、刑事罰の対象となる。例えば、ティアハイムに収容された犬を1人の獣医師が不治の病と診断のうえ安楽死を決定したとすると、安楽死させられた犬の死体は大学の病理検査に送られ、そこで安楽死を決定した獣医師と同じ病理結果を得られなければ正統な理由なく動物を殺したということで起訴の対象となる。ティアハイムで仲介先が見つからないとの理由では殺処分できない法規制もあり、長期間ティアハイムで生活する犬もいる。
 また、イギリスでは、毎年約10万頭の犬が保護されている。その内の7,000頭程度は病気を持っていたり、獰猛すぎる等性格に問題があったり、引き取り手が見つからなかったりという理由で安楽死させられているようだ。保護された犬の内、93%の命が救われていることになる。
 アメリカは、殺処分が最も多い地域で、2010年度の1年間で約600万頭保護され、その内約300万頭の犬猫が殺処分されている。この数だけを見るとペット行政が遅れているように見えるが、昨今急速な対策が進み近年には、殺処分が激減する見通しだ。
 アメリカでは、保護された動物はシェルターと呼ばれる動物保護施設に収容される。行政の運営するものと、民間の非営利団体が運営するものとがある。日本とは比較にならない規模のシェルターが、全米に約5000ヵ所以上もあり、その存在も広く認知されている。
 ヨーロッパ諸国に倣い、アメリカでも、急速に犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言っていい。また、そういった世論を受け自主的に撤退するペットショップも出てきている。
 世論では「犬猫を購入するときシェルターへ行く」という認識が定着してきており、次回の犬猫購入時にはペットショップを利用しないという人が多数を占めている。
 これらの国々の行政は、世論が動かしている。日本も先進国として恥ずかしくない環境を作る上で、飼主に現状を啓蒙し、改善の括層を推進していくことが、ペット業界のあるべき姿ではないか。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの社会問題 とは?

 日本のペットにおける最大の社会問題は、殺処分についていかに減少させることができるかということではないか。全国の動物愛護センターへ保護された犬の総数は、72000頭(100%)。この内、迷子で飼主の基へ帰ることができた犬は、2万頭余り(28%)、新しい飼主の基へ引取られた犬が、17,000頭(24%)。行き場がなく殺処分になった犬は、35000頭(49%)にも上る。
 保護されたペットの内、飼主の飼育放棄により持ち込まれた犬は、24%に上り、所有者不明の犬の保護が60%、このほとんどは、捨て犬や迷い犬となる。捨て犬であれば、飼主がいた可能性が高いことから、この中にも多数の飼育放棄による不幸な犬が存在することになる。これらの殺処分の犬の内、15000頭はまだ離乳もしていない子犬が含まれる。
 動物愛護センターの調査によると犬をセンターに持ち込むことになった飼主の主な事情は以下の通り。
•引越し先がペット禁止なので
•犬が大きくなって可愛くなくなったから
•予定外の出産で、たくさん子犬が産まれてしまったから
•面白半分で繁殖したが、子犬のもらい手がいないから
•言うことを聞かず、うるさいだけだから
•経済的に余裕がないから
•老犬の介護が大変だから
•ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになったから
•ペットショップからの売れ残りの処分として
•夏休みで長期の旅行に行くから
•思っていたより臭いから
 どの理由をとっても、無責任であり、飼主に知識や考えがあれば防げるものばかり。つまり犬を捨てることに正当な理由などなく、殺処分は飼主の無責任と無知の代償を、犬に押し付ける行為であるといえないだろうか。
 数字の上では、飼育放棄を根絶すれば、殺処分される犬のほとんどがいなくなることになる。また、無責任な繁殖を防げば、生まれたばかりの子犬を殺すことを防げるはずだ。
 ペット先進国である欧米諸国の中で、ドイツはペット行政が一番進んでいる地域といえる。日本のような殺処分という制度は存在しない。保護された野良犬や持ち込まれた犬たちは地域のティアハイムへという施設に収容され14日間の検疫、隔離の後、新しい飼主に仲介される。仲介率は90%を超える実績を上げている。
 ドイツでは、動物の安楽死は、正当な理由が必要であり、不当である場合、刑事罰の対象となる。例えば、ティアハイムに収容された犬を1人の獣医師が不治の病と診断のうえ安楽死を決定したとすると、安楽死させられた犬の死体は大学の病理検査に送られ、そこで安楽死を決定した獣医師と同じ病理結果を得られなければ正統な理由なく動物を殺したということで起訴の対象となる。ティアハイムで仲介先が見つからないとの理由では殺処分できない法規制もあり、長期間ティアハイムで生活する犬もいる。
 また、イギリスでは、毎年約10万頭の犬が保護されている。その内の7,000頭程度は病気を持っていたり、獰猛すぎる等性格に問題があったり、引き取り手が見つからなかったりという理由で安楽死させられているようだ。保護された犬の内、93%の命が救われていることになる。
 アメリカは、殺処分が最も多い地域で、2010年度の1年間で約600万頭保護され、その内約300万頭の犬猫が殺処分されている。この数だけを見るとペット行政が遅れているように見えるが、昨今急速な対策が進み近年には、殺処分が激減する見通しだ。
 アメリカでは、保護された動物はシェルターと呼ばれる動物保護施設に収容される。行政の運営するものと、民間の非営利団体が運営するものとがある。日本とは比較にならない規模のシェルターが、全米に約5000ヵ所以上もあり、その存在も広く認知されている。
 ヨーロッパ諸国に倣い、アメリカでも、急速に犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言っていい。また、そういった世論を受け自主的に撤退するペットショップも出てきている。
 世論では「犬猫を購入するときシェルターへ行く」という認識が定着してきており、次回の犬猫購入時にはペットショップを利用しないという人が多数を占めている。
 これらの国々の行政は、世論が動かしている。日本も先進国として恥ずかしくない環境を作る上で、飼主に現状を啓蒙し、改善の括層を推進していくことが、ペット業界のあるべき姿ではないか。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの社会問題 とは?

 日本のペットにおける最大の社会問題は、殺処分についていかに減少させることができるかということではないか。全国の動物愛護センターへ保護された犬の総数は、72000頭(100%)。この内、迷子で飼主の基へ帰ることができた犬は、2万頭余り(28%)、新しい飼主の基へ引取られた犬が、17,000頭(24%)。行き場がなく殺処分になった犬は、35000頭(49%)にも上る。
 保護されたペットの内、飼主の飼育放棄により持ち込まれた犬は、24%に上り、所有者不明の犬の保護が60%、このほとんどは、捨て犬や迷い犬となる。捨て犬であれば、飼主がいた可能性が高いことから、この中にも多数の飼育放棄による不幸な犬が存在することになる。これらの殺処分の犬の内、15000頭はまだ離乳もしていない子犬が含まれる。
 動物愛護センターの調査によると犬をセンターに持ち込むことになった飼主の主な事情は以下の通り。
•引越し先がペット禁止なので
•犬が大きくなって可愛くなくなったから
•予定外の出産で、たくさん子犬が産まれてしまったから
•面白半分で繁殖したが、子犬のもらい手がいないから
•言うことを聞かず、うるさいだけだから
•経済的に余裕がないから
•老犬の介護が大変だから
•ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになったから
•ペットショップからの売れ残りの処分として
•夏休みで長期の旅行に行くから
•思っていたより臭いから
 どの理由をとっても、無責任であり、飼主に知識や考えがあれば防げるものばかり。つまり犬を捨てることに正当な理由などなく、殺処分は飼主の無責任と無知の代償を、犬に押し付ける行為であるといえないだろうか。
 数字の上では、飼育放棄を根絶すれば、殺処分される犬のほとんどがいなくなることになる。また、無責任な繁殖を防げば、生まれたばかりの子犬を殺すことを防げるはずだ。
 ペット先進国である欧米諸国の中で、ドイツはペット行政が一番進んでいる地域といえる。日本のような殺処分という制度は存在しない。保護された野良犬や持ち込まれた犬たちは地域のティアハイムへという施設に収容され14日間の検疫、隔離の後、新しい飼主に仲介される。仲介率は90%を超える実績を上げている。
 ドイツでは、動物の安楽死は、正当な理由が必要であり、不当である場合、刑事罰の対象となる。例えば、ティアハイムに収容された犬を1人の獣医師が不治の病と診断のうえ安楽死を決定したとすると、安楽死させられた犬の死体は大学の病理検査に送られ、そこで安楽死を決定した獣医師と同じ病理結果を得られなければ正統な理由なく動物を殺したということで起訴の対象となる。ティアハイムで仲介先が見つからないとの理由では殺処分できない法規制もあり、長期間ティアハイムで生活する犬もいる。
 また、イギリスでは、毎年約10万頭の犬が保護されている。その内の7,000頭程度は病気を持っていたり、獰猛すぎる等性格に問題があったり、引き取り手が見つからなかったりという理由で安楽死させられているようだ。保護された犬の内、93%の命が救われていることになる。
 アメリカは、殺処分が最も多い地域で、2010年度の1年間で約600万頭保護され、その内約300万頭の犬猫が殺処分されている。この数だけを見るとペット行政が遅れているように見えるが、昨今急速な対策が進み近年には、殺処分が激減する見通しだ。
 アメリカでは、保護された動物はシェルターと呼ばれる動物保護施設に収容される。行政の運営するものと、民間の非営利団体が運営するものとがある。日本とは比較にならない規模のシェルターが、全米に約5000ヵ所以上もあり、その存在も広く認知されている。
 ヨーロッパ諸国に倣い、アメリカでも、急速に犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言っていい。また、そういった世論を受け自主的に撤退するペットショップも出てきている。
 世論では「犬猫を購入するときシェルターへ行く」という認識が定着してきており、次回の犬猫購入時にはペットショップを利用しないという人が多数を占めている。
 これらの国々の行政は、世論が動かしている。日本も先進国として恥ずかしくない環境を作る上で、飼主に現状を啓蒙し、改善の括層を推進していくことが、ペット業界のあるべき姿ではないか。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの社会問題 とは?

 日本のペットにおける最大の社会問題は、殺処分についていかに減少させることができるかということではないか。全国の動物愛護センターへ保護された犬の総数は、72000頭(100%)。この内、迷子で飼主の基へ帰ることができた犬は、2万頭余り(28%)、新しい飼主の基へ引取られた犬が、17,000頭(24%)。行き場がなく殺処分になった犬は、35000頭(49%)にも上る。
 保護されたペットの内、飼主の飼育放棄により持ち込まれた犬は、24%に上り、所有者不明の犬の保護が60%、このほとんどは、捨て犬や迷い犬となる。捨て犬であれば、飼主がいた可能性が高いことから、この中にも多数の飼育放棄による不幸な犬が存在することになる。これらの殺処分の犬の内、15000頭はまだ離乳もしていない子犬が含まれる。
 動物愛護センターの調査によると犬をセンターに持ち込むことになった飼主の主な事情は以下の通り。
•引越し先がペット禁止なので
•犬が大きくなって可愛くなくなったから
•予定外の出産で、たくさん子犬が産まれてしまったから
•面白半分で繁殖したが、子犬のもらい手がいないから
•言うことを聞かず、うるさいだけだから
•経済的に余裕がないから
•老犬の介護が大変だから
•ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになったから
•ペットショップからの売れ残りの処分として
•夏休みで長期の旅行に行くから
•思っていたより臭いから
 どの理由をとっても、無責任であり、飼主に知識や考えがあれば防げるものばかり。つまり犬を捨てることに正当な理由などなく、殺処分は飼主の無責任と無知の代償を、犬に押し付ける行為であるといえないだろうか。
 数字の上では、飼育放棄を根絶すれば、殺処分される犬のほとんどがいなくなることになる。また、無責任な繁殖を防げば、生まれたばかりの子犬を殺すことを防げるはずだ。
 ペット先進国である欧米諸国の中で、ドイツはペット行政が一番進んでいる地域といえる。日本のような殺処分という制度は存在しない。保護された野良犬や持ち込まれた犬たちは地域のティアハイムへという施設に収容され14日間の検疫、隔離の後、新しい飼主に仲介される。仲介率は90%を超える実績を上げている。
 ドイツでは、動物の安楽死は、正当な理由が必要であり、不当である場合、刑事罰の対象となる。例えば、ティアハイムに収容された犬を1人の獣医師が不治の病と診断のうえ安楽死を決定したとすると、安楽死させられた犬の死体は大学の病理検査に送られ、そこで安楽死を決定した獣医師と同じ病理結果を得られなければ正統な理由なく動物を殺したということで起訴の対象となる。ティアハイムで仲介先が見つからないとの理由では殺処分できない法規制もあり、長期間ティアハイムで生活する犬もいる。
 また、イギリスでは、毎年約10万頭の犬が保護されている。その内の7,000頭程度は病気を持っていたり、獰猛すぎる等性格に問題があったり、引き取り手が見つからなかったりという理由で安楽死させられているようだ。保護された犬の内、93%の命が救われていることになる。
 アメリカは、殺処分が最も多い地域で、2010年度の1年間で約600万頭保護され、その内約300万頭の犬猫が殺処分されている。この数だけを見るとペット行政が遅れているように見えるが、昨今急速な対策が進み近年には、殺処分が激減する見通しだ。
 アメリカでは、保護された動物はシェルターと呼ばれる動物保護施設に収容される。行政の運営するものと、民間の非営利団体が運営するものとがある。日本とは比較にならない規模のシェルターが、全米に約5000ヵ所以上もあり、その存在も広く認知されている。
 ヨーロッパ諸国に倣い、アメリカでも、急速に犬猫の店頭販売を法で禁止する動きが広がっており、今後ペットショップがなくなっていく方向にあると言っていい。また、そういった世論を受け自主的に撤退するペットショップも出てきている。
 世論では「犬猫を購入するときシェルターへ行く」という認識が定着してきており、次回の犬猫購入時にはペットショップを利用しないという人が多数を占めている。
 これらの国々の行政は、世論が動かしている。日本も先進国として恥ずかしくない環境を作る上で、飼主に現状を啓蒙し、改善の括層を推進していくことが、ペット業界のあるべき姿ではないか。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

ペットが事故にあったときの慰謝料請求

 大事にしているペットが交通事故にあってしまった場合、その状況に対して慰謝料を求めるのは、少し複雑であることが現状だ。基本的にペットは法律上では「物」として扱われているため、物損として扱われることが多く、購入価格から考えられる損害は認められても、慰謝料を認められるかどうかはケースや状態によって扱いが難しいと言える。
 しかし大事なペットが亡くなってしまった場合、飼主にとっての精神的な苦痛も大きいのは明白だし、法律上は物として扱われても、家族同然に思っている飼主も多いだろう。このような現状を背景とし、最近では慰謝料請求が認められた判例も多く見られてくるようになった。しかし残念ながら当たり前のケースではないし、慰謝料額も当然ながら上下するので、弁護士に相談することが得策である。ちなみに弁護士に相談したとしても、ペットにおける慰謝料額は5万円〜10万円程度とされており、人間の場合と比べればかなり低額になってしまう。特例も含めれば50万円近くを認めたケースも存在するが、どの程度請求できるかを自己判断するのかは非常に難しいので、そういった面でもまずは相談してみるといい。
 近年は特にペットを飼っている方も増加し、彼らが交通事故にあってしまった場合は、慰謝料を請求したいという方も増えている。基本的に法律上で考えれば物として扱われるペットだが、このような状況を加味してか、慰謝料を認める判例も増えてきているが、まずは弁護士に相談することが先決。
 交通事故の内容が放し飼いの結果であったり、急な飛び出しと判断された場合は、飼主の管理責任を問われ、過失相殺になってしまうことも多く、結果的に慰謝料が発生しないこともある。ただいずれにしても、人間と比べるとペットにたいする慰謝料は少額で、平均的には5万円〜10万円とされている。この額に納得いかない方も多くいるだろうが、残念ながら現状はこの程度なのだ。
 しかしこれ以上の額を認められたケースも例外的ながらある。そのような場合は特に状況把握などの情報整理や法律に詳しくある必要があるので、なおさら弁護士に相談するべきだろう。
 前述のとおり、過失とされれば発生しないこともあるので、自分だけで判断せず、彼らの力を頼るほうが得策なのは確かだから、精神的苦痛への代償をどうしても払ってほしいと考えてる場合は、早めに相談しよう。
posted by IT難民 at 06:55| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットが事故にあったときの慰謝料請求

 大事にしているペットが交通事故にあってしまった場合、その状況に対して慰謝料を求めるのは、少し複雑であることが現状だ。基本的にペットは法律上では「物」として扱われているため、物損として扱われることが多く、購入価格から考えられる損害は認められても、慰謝料を認められるかどうかはケースや状態によって扱いが難しいと言える。
 しかし大事なペットが亡くなってしまった場合、飼主にとっての精神的な苦痛も大きいのは明白だし、法律上は物として扱われても、家族同然に思っている飼主も多いだろう。このような現状を背景とし、最近では慰謝料請求が認められた判例も多く見られてくるようになった。しかし残念ながら当たり前のケースではないし、慰謝料額も当然ながら上下するので、弁護士に相談することが得策である。ちなみに弁護士に相談したとしても、ペットにおける慰謝料額は5万円〜10万円程度とされており、人間の場合と比べればかなり低額になってしまう。特例も含めれば50万円近くを認めたケースも存在するが、どの程度請求できるかを自己判断するのかは非常に難しいので、そういった面でもまずは相談してみるといい。
 近年は特にペットを飼っている方も増加し、彼らが交通事故にあってしまった場合は、慰謝料を請求したいという方も増えている。基本的に法律上で考えれば物として扱われるペットだが、このような状況を加味してか、慰謝料を認める判例も増えてきているが、まずは弁護士に相談することが先決。
 交通事故の内容が放し飼いの結果であったり、急な飛び出しと判断された場合は、飼主の管理責任を問われ、過失相殺になってしまうことも多く、結果的に慰謝料が発生しないこともある。ただいずれにしても、人間と比べるとペットにたいする慰謝料は少額で、平均的には5万円〜10万円とされている。この額に納得いかない方も多くいるだろうが、残念ながら現状はこの程度なのだ。
 しかしこれ以上の額を認められたケースも例外的ながらある。そのような場合は特に状況把握などの情報整理や法律に詳しくある必要があるので、なおさら弁護士に相談するべきだろう。
 前述のとおり、過失とされれば発生しないこともあるので、自分だけで判断せず、彼らの力を頼るほうが得策なのは確かだから、精神的苦痛への代償をどうしても払ってほしいと考えてる場合は、早めに相談しよう。
posted by IT難民 at 06:55| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットが事故にあったときの慰謝料請求

 大事にしているペットが交通事故にあってしまった場合、その状況に対して慰謝料を求めるのは、少し複雑であることが現状だ。基本的にペットは法律上では「物」として扱われているため、物損として扱われることが多く、購入価格から考えられる損害は認められても、慰謝料を認められるかどうかはケースや状態によって扱いが難しいと言える。
 しかし大事なペットが亡くなってしまった場合、飼主にとっての精神的な苦痛も大きいのは明白だし、法律上は物として扱われても、家族同然に思っている飼主も多いだろう。このような現状を背景とし、最近では慰謝料請求が認められた判例も多く見られてくるようになった。しかし残念ながら当たり前のケースではないし、慰謝料額も当然ながら上下するので、弁護士に相談することが得策である。ちなみに弁護士に相談したとしても、ペットにおける慰謝料額は5万円〜10万円程度とされており、人間の場合と比べればかなり低額になってしまう。特例も含めれば50万円近くを認めたケースも存在するが、どの程度請求できるかを自己判断するのかは非常に難しいので、そういった面でもまずは相談してみるといい。
 近年は特にペットを飼っている方も増加し、彼らが交通事故にあってしまった場合は、慰謝料を請求したいという方も増えている。基本的に法律上で考えれば物として扱われるペットだが、このような状況を加味してか、慰謝料を認める判例も増えてきているが、まずは弁護士に相談することが先決。
 交通事故の内容が放し飼いの結果であったり、急な飛び出しと判断された場合は、飼主の管理責任を問われ、過失相殺になってしまうことも多く、結果的に慰謝料が発生しないこともある。ただいずれにしても、人間と比べるとペットにたいする慰謝料は少額で、平均的には5万円〜10万円とされている。この額に納得いかない方も多くいるだろうが、残念ながら現状はこの程度なのだ。
 しかしこれ以上の額を認められたケースも例外的ながらある。そのような場合は特に状況把握などの情報整理や法律に詳しくある必要があるので、なおさら弁護士に相談するべきだろう。
 前述のとおり、過失とされれば発生しないこともあるので、自分だけで判断せず、彼らの力を頼るほうが得策なのは確かだから、精神的苦痛への代償をどうしても払ってほしいと考えてる場合は、早めに相談しよう。
posted by IT難民 at 06:55| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットが事故にあったときの慰謝料請求

 大事にしているペットが交通事故にあってしまった場合、その状況に対して慰謝料を求めるのは、少し複雑であることが現状だ。基本的にペットは法律上では「物」として扱われているため、物損として扱われることが多く、購入価格から考えられる損害は認められても、慰謝料を認められるかどうかはケースや状態によって扱いが難しいと言える。
 しかし大事なペットが亡くなってしまった場合、飼主にとっての精神的な苦痛も大きいのは明白だし、法律上は物として扱われても、家族同然に思っている飼主も多いだろう。このような現状を背景とし、最近では慰謝料請求が認められた判例も多く見られてくるようになった。しかし残念ながら当たり前のケースではないし、慰謝料額も当然ながら上下するので、弁護士に相談することが得策である。ちなみに弁護士に相談したとしても、ペットにおける慰謝料額は5万円〜10万円程度とされており、人間の場合と比べればかなり低額になってしまう。特例も含めれば50万円近くを認めたケースも存在するが、どの程度請求できるかを自己判断するのかは非常に難しいので、そういった面でもまずは相談してみるといい。
 近年は特にペットを飼っている方も増加し、彼らが交通事故にあってしまった場合は、慰謝料を請求したいという方も増えている。基本的に法律上で考えれば物として扱われるペットだが、このような状況を加味してか、慰謝料を認める判例も増えてきているが、まずは弁護士に相談することが先決。
 交通事故の内容が放し飼いの結果であったり、急な飛び出しと判断された場合は、飼主の管理責任を問われ、過失相殺になってしまうことも多く、結果的に慰謝料が発生しないこともある。ただいずれにしても、人間と比べるとペットにたいする慰謝料は少額で、平均的には5万円〜10万円とされている。この額に納得いかない方も多くいるだろうが、残念ながら現状はこの程度なのだ。
 しかしこれ以上の額を認められたケースも例外的ながらある。そのような場合は特に状況把握などの情報整理や法律に詳しくある必要があるので、なおさら弁護士に相談するべきだろう。
 前述のとおり、過失とされれば発生しないこともあるので、自分だけで判断せず、彼らの力を頼るほうが得策なのは確かだから、精神的苦痛への代償をどうしても払ってほしいと考えてる場合は、早めに相談しよう。
posted by IT難民 at 06:55| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットが事故にあったときの慰謝料請求

 大事にしているペットが交通事故にあってしまった場合、その状況に対して慰謝料を求めるのは、少し複雑であることが現状だ。基本的にペットは法律上では「物」として扱われているため、物損として扱われることが多く、購入価格から考えられる損害は認められても、慰謝料を認められるかどうかはケースや状態によって扱いが難しいと言える。
 しかし大事なペットが亡くなってしまった場合、飼主にとっての精神的な苦痛も大きいのは明白だし、法律上は物として扱われても、家族同然に思っている飼主も多いだろう。このような現状を背景とし、最近では慰謝料請求が認められた判例も多く見られてくるようになった。しかし残念ながら当たり前のケースではないし、慰謝料額も当然ながら上下するので、弁護士に相談することが得策である。ちなみに弁護士に相談したとしても、ペットにおける慰謝料額は5万円〜10万円程度とされており、人間の場合と比べればかなり低額になってしまう。特例も含めれば50万円近くを認めたケースも存在するが、どの程度請求できるかを自己判断するのかは非常に難しいので、そういった面でもまずは相談してみるといい。
 近年は特にペットを飼っている方も増加し、彼らが交通事故にあってしまった場合は、慰謝料を請求したいという方も増えている。基本的に法律上で考えれば物として扱われるペットだが、このような状況を加味してか、慰謝料を認める判例も増えてきているが、まずは弁護士に相談することが先決。
 交通事故の内容が放し飼いの結果であったり、急な飛び出しと判断された場合は、飼主の管理責任を問われ、過失相殺になってしまうことも多く、結果的に慰謝料が発生しないこともある。ただいずれにしても、人間と比べるとペットにたいする慰謝料は少額で、平均的には5万円〜10万円とされている。この額に納得いかない方も多くいるだろうが、残念ながら現状はこの程度なのだ。
 しかしこれ以上の額を認められたケースも例外的ながらある。そのような場合は特に状況把握などの情報整理や法律に詳しくある必要があるので、なおさら弁護士に相談するべきだろう。
 前述のとおり、過失とされれば発生しないこともあるので、自分だけで判断せず、彼らの力を頼るほうが得策なのは確かだから、精神的苦痛への代償をどうしても払ってほしいと考えてる場合は、早めに相談しよう。
posted by IT難民 at 06:55| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

ペットの交通事故の慰謝料

ペットが交通事故にあってしまった場合、法律上は物損として扱われながらも、最近では慰謝料請求を認める判例も増えてきている。ペットは家族という考え方が若干ながら法の世界でも認められてきたということになる。
 ちなみに相手からではなく、自分の自動車保険から保証が得られることもある。一部の会社によっては、搭乗中のペットが自動車交通事故で死傷してしまった場合に補償するという特約があるものもあるからだ。
 また、ペットを物損とした場合は、ペットの時価が強く影響するものだが、交通事故により介護が必要となった場合は、時価以上に治療費および慰謝料がみとめられるケースもでてきた。
 いずれにしても、このような状況では弁護士に相談してから行動するべきで、場合によっては飼主の過失も多いとし認められないこともある。
 なのでペットに慰謝料を考えている場合は、人間の場合の交通事故と同様、なるべくはやく弁護士に頼ったほうが、状況を整理し、有利に運ぶことができる。
 状況が進んでからでは、発生するはずだった慰謝料が認められない場合もあるので、とにかく相談が早期であることが大事な要素の1つだし、彼らにとっても時間の余裕があったほうが確実性が増す。
posted by IT難民 at 06:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの交通事故の慰謝料

ペットが交通事故にあってしまった場合、法律上は物損として扱われながらも、最近では慰謝料請求を認める判例も増えてきている。ペットは家族という考え方が若干ながら法の世界でも認められてきたということになる。
 ちなみに相手からではなく、自分の自動車保険から保証が得られることもある。一部の会社によっては、搭乗中のペットが自動車交通事故で死傷してしまった場合に補償するという特約があるものもあるからだ。
 また、ペットを物損とした場合は、ペットの時価が強く影響するものだが、交通事故により介護が必要となった場合は、時価以上に治療費および慰謝料がみとめられるケースもでてきた。
 いずれにしても、このような状況では弁護士に相談してから行動するべきで、場合によっては飼主の過失も多いとし認められないこともある。
 なのでペットに慰謝料を考えている場合は、人間の場合の交通事故と同様、なるべくはやく弁護士に頼ったほうが、状況を整理し、有利に運ぶことができる。
 状況が進んでからでは、発生するはずだった慰謝料が認められない場合もあるので、とにかく相談が早期であることが大事な要素の1つだし、彼らにとっても時間の余裕があったほうが確実性が増す。
posted by IT難民 at 06:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする