2018年10月12日

ペットと暮らす心理

 一番原始的な文化を持ち、狩猟採取生活で自然と共にくらしているといわれるオ一ストラリアのアボリジニは、デンゴーという野生犬をペットにする。狩猟採取生活は獲物を求めて定期的に移動するが、大人が狩りに出ている間、留守をしている子供たちの相手を拾われたデンゴーの子犬がする。アボリジニに限らず、どんな未開の地に住んでいる人でも、家畜を持っていなくても、野生動物を拾ってでもペットを飼っている。ペットという動物を持つのは人だけ。今から3万年前の犬とともに埋葬されたネアンデルタール人の墓も発掘されていて、ペットの感情が今の人になったときから生まれていることをうかがわせる。
人が人である以上ペットを持ちたいという衝動があり、その衝動は禁止しても抑えることはできない。ペットと暮らしたいという衝動は、どこか結婚したいという衝動に似ている。衝動は個人差が大きく、対象によっても遠うが、まったくおきない人、簡単に抑制できる人、我慢に我慢を重ねている人、抑えられない人などさまざまである。ペットを飼いたいという衝動の強い人の気持を、まったく興昧のない人が理解できなくても当然だ。しかし、そういった衝動を抑えることができない人がいるということは理解すべきである。
 衝動だけでペットを持つ理由を説明するのは少し乱暴だが、ペットを飼いたいという衝動が起きる理由もまたあるわけで、その1つがペットを飼うといい気持になれるということである。人は他人の世話をすることにより、いい気持になれる。いい気持になるということは、人という動物の建康を保つ方法の1つである。飼うということは世話をする、面倒をみるということだから人に生きがいを与える。
posted by IT難民 at 06:09| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットと暮らす心理

 一番原始的な文化を持ち、狩猟採取生活で自然と共にくらしているといわれるオ一ストラリアのアボリジニは、デンゴーという野生犬をペットにする。狩猟採取生活は獲物を求めて定期的に移動するが、大人が狩りに出ている間、留守をしている子供たちの相手を拾われたデンゴーの子犬がする。アボリジニに限らず、どんな未開の地に住んでいる人でも、家畜を持っていなくても、野生動物を拾ってでもペットを飼っている。ペットという動物を持つのは人だけ。今から3万年前の犬とともに埋葬されたネアンデルタール人の墓も発掘されていて、ペットの感情が今の人になったときから生まれていることをうかがわせる。
人が人である以上ペットを持ちたいという衝動があり、その衝動は禁止しても抑えることはできない。ペットと暮らしたいという衝動は、どこか結婚したいという衝動に似ている。衝動は個人差が大きく、対象によっても遠うが、まったくおきない人、簡単に抑制できる人、我慢に我慢を重ねている人、抑えられない人などさまざまである。ペットを飼いたいという衝動の強い人の気持を、まったく興昧のない人が理解できなくても当然だ。しかし、そういった衝動を抑えることができない人がいるということは理解すべきである。
 衝動だけでペットを持つ理由を説明するのは少し乱暴だが、ペットを飼いたいという衝動が起きる理由もまたあるわけで、その1つがペットを飼うといい気持になれるということである。人は他人の世話をすることにより、いい気持になれる。いい気持になるということは、人という動物の建康を保つ方法の1つである。飼うということは世話をする、面倒をみるということだから人に生きがいを与える。
posted by IT難民 at 06:09| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする