2019年11月05日

海外の法律はペットを尊重した内容

 欧米からペット後進国と言われ続けている日本。昨年、動物愛護法が改正されたが、まだまだ欧米の足元にも及ばない面が多々見られる。では、ペット先進国の法律にはどんなことが定められているのだろうか。
・動物福祉先進国スウェーデンではお留守番は6時間までと定められている
2018年に全面的に改正されたスウェーデンの動物保護法では、法の目的として「動物福祉及び動物の尊重を促進すること」が謳われている。また、飼主向けに細かく定められた規則が小冊子にまとめられ配布されている。
  規則の中で特に目を引くのは、「ケージなどの狭いスペースで、長い間、犬や動物を閉じ込めてはいけない」「飼主またはその家族が1日2回は犬の様子を見ること」「屋外で2時間以上繋留してはいけない」「毎日必ずハウスの外に出して排泄させること」など、犬の習性を理解した上で、飼主が守らなくてはいけない最低限のことが項目別に記されている。
・ブリーダーライセンス制度を導入しているイギリス
1911年に動物保護法が制定されたイギリスでは、1980年には公共の場や青空市場などで登録をしていない人は生体を販売してはならないと定められている。また、ブリーダー・ペットショップ・ペット宿泊施設などの動物を扱う業種のライセンスが一本化されており、さらにブリーダーには、子犬の販売時に母犬を見せることが義務付けられている。
・ドイツでは飼育方法が厳しく定められている
正当な理由がない限り犬の刹処分が禁止されているドイツでは、憲法で動物を保護することは国の責務であると明記している。
 犬のサイズや犬種にとって、ケージやサークルのサイズが詳細に決められ、犬だけを長時間、留守番させてはいけないことや1日最低2回、計3時間以上を屋外へ連れて行かなくてはいけないなど、犬を育てる上でのルールが細かく定められている。 また、法律を犯していることが通報されると、アニマルポリスや獣医局から指導を受けることになる。さらに、違反が続いた場合は、強制的に犬が施設に収容されてしまい、大好きな愛犬と会えない日々を過ごすこととなる。
posted by IT難民 at 06:07| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする