2020年05月07日

「里親」に際しての契約書が重要である意味〜お互いの善意と了解を保証するために〜

 里親を求める、または里親になることは、それぞれ紛れもなく、動物に対する善意によるはずである。
 しかし、善意のボタンの掛け違えは、ことが法律に及ぶと掛け直しが利きづらいものでもある。
 法律上の「物」であっても、実際は物に非ずの面もある動物のやり取りについては、何より「親」としての人同士の、あらかじめ明確な相互理解と共通認識が必要と思われる。
posted by IT難民 at 05:29| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。