2013年10月22日

犬用あったかハウスの作り方

寒さが厳しい季節、地域によっては屋外は氷点下になることも…。 身近なものや便利グッズを使った 室内でも試めせる、あったかハウスの技を紹介してみる。

STEP1 発砲スチロール素材のシートを使う

  家具を梱包したときなどに出る 発泡スチロール素材のシートを、ハウスの下に引いてあげよう。 これだけでもかなり保温できると思う。

STEP2 お風呂用の保温シートを使う

 アルミ反射熱と断熱素材でお風呂のお湯を冷めにくくする商品。シートなので、ハウスのサイズに合わせハサミで カットして使うことができる。
床や屋根にかけてあげるだけでもかなり違う。

STEP3 断熱材を使う

  家を建てるときなどに余った断熱材が手に入るような場合は、 地面からの冷気を遮ってくれるので、 暖かさを保つことができる。注意点としては、犬がかじって誤食しないように、床にしっかり固定するなどの注意が必要。

 STEP4 段ボールの囲み技を使う

  段ボールは手軽に手に入る上、取り替えるのもラクなのでおすすめ。ケージのまわりに段ボールを貼ってあげるとかなり暖かさを保てる。また、ハウスに窓がある場合は、冬の間は段ボールでふさいであげよう。

 STEP5 厚手の毛布などを使う

 いらなくなった厚手の毛布などがあれば、ハウスの中に入れてあげたり、 屋根にかけてあげよう。

 ポイント 老犬や子犬は寒さに弱いので、 冬の間は室内に入れてあげよう。



posted by IT難民 at 09:02| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
作り方を教えてください
写真で
Posted by 誰? at 2014年04月17日 02:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: