2017年12月17日

ペットシッター 依頼に合わせた不規則な勤務に

 ペットシッターの仕事は、依頼主である飼主のスケジュールに合わせて組まれていくことになる。そのため、一般的には、サラリーマンのように「朝の何時から夕方の何時まで働く」と決まっているわけではない。「朝早くから家を留守にするので、早朝の犬の散歩と朝昼の餌やりをお願いしたい」という依頼がくれば朝5時に出勤して働くこともある
 また、「仕事の残業で夜遅くにしか帰ることができないので、留守番して餌やりやトイレの世話などを全般的にお願いしたい」という依頼がくれば、夕方から出勤して夜遅くまで働くこともある。
 さらに、休日の取り方も不定期になる。
 「土日で旅行をするので、代わりに世話をしてほしい」という依頼がくれば土日を返上して働くことになるので、いつが休みということは決まっていないのが普通。
 1ヵ月ごとに仕事のスケジュールが全然違うということも珍しくないので、柔軟な働き方がしたいという人に向いているといえる。
posted by IT難民 at 08:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: