2019年05月21日

飼主の責任には問われないとはいえ、動物を購入する際にも気をつけたいこと

 ショップやブリーダーからペットを購入する場合、法律を遵守している良質なところから迎え入れるようにしよう。動物販売業者には次のようなことが動物愛護管理法によって義務づけられており、これらがちゃんと守られているかチェックする必要がある。
 1.販売動物を健康及び安全に管理すること
 2.購入者に対し、対面説明を丁寧に行うこと
 3.販売する子猫・子犬は生後56日齢以上であること
 4.午後8時〜午前8時の間は展示しないこと
posted by IT難民 at 06:08| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: