2019年05月22日

「狂犬病予防法」は、犬はもちろん猫も関係する法律

 狂犬病はウイルス性の人畜共通感染症。すべての哺乳類が感染し、いったん発症するとほぼ100%死亡する恐ろしい病気。その発生の予防・拡大の防止、撲滅のために作られたのが、狂犬病予防法となる。法律名に犬がつくため犬の法律と思いがちだが、じつは猫、アライグマ、キツネ、スカンクも対象動物。ただし、犬以外では通常輸出入の検疫措置がとられるだけである。
posted by IT難民 at 05:51| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: