2020年01月14日

お散歩のときに引っ張る… 無駄吠えをする…

 それは、昔、荷物を引っ張って運ぶ仕事をしていたからだ。それは、昔から、吠えて危険を知らせたりするのが仕事でしただったからだ。家具をかじったり、おもちゃを噛んで振り回す…それは、元々は、狩りのための行動である。1つひとつにもちゃんと意味があって起こしている行動なのである。
 「問題行動」の定義は飼主によって違い、曖昧なものなので、それぞれの場面に合わせた「しつけ」が必要になってくるが、これらを防ぐためにも、まずはこの“社会化期”のうちにさまざまなものに慣れさせておきたい。いかがだろうか。
 「しつけ」とは、単に“ペットをしつける”という意味だけではなく、“ペットと飼主がともにマナーを学び、実行すること”なのである。
 これから子犬を家族に迎え入れようとお考えの方、最近子犬を家族に迎え入れた方は特に、この“社会化期”がとても重要な時期であるということを、頭の片隅にでも覚えておいてもらいたい。
posted by IT難民 at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: