2020年04月16日

動物の遺棄は犯罪!

 動物を捨てること(=遺棄)に対しては、「動物の愛護及び管理に関する法律」(旧「動物の保護及び管理に関する法律」)ができた当初から罰則があった。
 つまりもうずいぶん長い間、法律の上では「動物の遺棄=犯罪」なのだが、現実には、市民も警察も、それが犯罪だという扱いをしてこなかった。捨てられた動物には、多くの場合、死が待っているのが現実。もしくは、野垂れ死にをしなくても、犬であれば行政によって捕獲をされたり、子猫などであれば所有者不明の持ち込みによって行政の殺処分の対象となったり、また繁殖・定着すれば外来種として駆除されたりしている。
 飼っている動物を捨てない―この基本的なことについて、いま一度考えてみてほしい。
 「愛護動物」(=ペット)とは以下の動物をさす。
  一 牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばとおよびあひる
  二 前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類または爬虫類に属するもの
 すなわち、人が飼ういわゆる「ペット」を捨てる行為は、明確に犯罪行為なのだ。
posted by IT難民 at 06:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: