2020年05月17日

ペットフード安全法って、どんな法律?

 正式名を「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」という。外国でペットフードの原料に有害物質が混入し、犬や猫に健康被害が出たことから、国内で流通するペットフードの安全を守るために2009年につくられた法律である。
 国(環境省および農林水産省)は安全なペットフードのために、守るべき基準・規格などを定め、事業者はそれを守って製造・輸入・販売することが定められた。ペットの健康被害を防止する必要が認められたときは、国は対象となるフードの廃棄・回収等の命令を行うことができる。
 この法律の対象となるのは、犬と猫のペットフードで、薬機法で規制される医薬品や、またたび、猫草、店内で飲食されるフードなどは対象外。
 この法律によって、ドッグフード、キャットフードには、@名称(犬用・猫用の別も、わかるようにする)、A賞味期限、B原材料名、C原産国名、D事業者名および住所の記載が義務化されている。
posted by IT難民 at 07:11| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: