2007年12月08日

ペットの法律 血統書のトラブル

  血統書付きの子犬・猫を購入したときにおけるトラブルについて触れてみよう。よく、血統書付きの子犬を買ったけれどペットショップがなかなか血統書を交付してくれないといったトラブルがある。この場合、ペットショップにはどのような責任があるのか。ペットショップが血統書付きとして販売した子犬・猫については血統書を交付する義務がある。ちなみに血統書付きとして売った場合だけではなく純血種として売った場合も血統書を交付する義務が発生する。
 その義務をペットショップが履行しない場合、買主は売主であるペットショップに血統書の交付を請求することができるのだ。もしこの請求にペットショップが応じない場合は、買主は売主の債務不履行を主張して売買契約を解除することができる。つまり返品し、代金を返してもらうことができるのである。また、血統書付きの子犬・猫でないために損害が生じた場合は損害賠償を請求することができる。しかし、血統書を交付してくれないとはいえ、一度家に犬や猫を迎え入れるとやはり愛情が芽生えてしまうものだ。そうなると返品は難しい。愛情が芽生えたため返品はしたくないけど、血統書を交付してくれないのなら収まらないという場合は、血統書が交付されないことから雑種であると判断をし、購入額と雑種としての価格の差額の返還を請求することもできる。
 血統書付きのペットを購入したにも関わらずペットショップが血統書を交付してくれない場合は、ペットショップに血統書の申請登録の時期、血統書の登録団体などを聞き出し、登録団体に問い合わせてみるとよい。ペットショップと買主は、事業者と消費者という立場もあるため、なかなか消費者と話をしてくれなかったり、喧嘩になってしまう場合もある。そんなときは専門家に相談するのが良いと思われる。
posted by IT難民 at 09:55| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
ペットショップで購入したウエルッシュテリアのことでいろいろ検索していてこちらにたどりつきました。
今年のお盆に生後8カ月というウエルッシュテリアのオスを購入しました。
血統書はないと説明を受けて購入しましたが、母犬も父犬も純血種で血統書はあり、仔犬の血統書をとっていないため安価で販売しているということでした。
その説明で一応納得して購入したのですが、訓練してアジリティ競技に出したいと思うようになりました。
ドッグトレーナーからも血統書はとっておいた方がいいといわれ、いまさらですがペットショップに問い合わせました。
が、店側は純血種だけど血統書はとれない、交配の写真もないし兄弟犬の所在のわからないから無理だと一点張りです。
ネットで調べても親犬の血統書があればとれるような感じなのですが・・・
最初に血統書なしで表示されていた犬の購入で、後から請求するのは間違いなのでしょうか?
手続きにかかる代金は払うと話しているのですが、無理だと逆切れ状態で言われるので不信感がわいています。
よろしければ、アドバイスお願いします。
Posted by けい at 2013年11月24日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック