2018年11月18日

ペットが他人に怪我を負わせた場合

 民法には、動物の占有者等の責任を定めた条文がある(民法718条)。動物の飼主は、原則としてその動物が他人に与えた損害を賠償しなければならないが、相当の注意を払って管理していたことを立証した場合に限り責任を免れるということが規定されている。
「相当の注意」とは、通常払うべき程度の注意義務で、異常な事態に対処すべき程度の注意義務までは要求されていない(最判昭和37年2月1日)。相当の注意の程度とは、動物の種類・性質・加害の前歴・動物占有者の熟練度・そのほかの諸要素を総合的に考慮して判断されることになると言われている。
被害者にも事件を誘発するような原因があるような場合は、過失相殺が認められることもある。
 被害者が亡くなってしまったような場合や、被害者と和解に至らない事件について被害者から告訴があった場合には、刑事上の責任(重過失致死傷罪(刑法211条)、過失致死傷罪(209条、210条))を問われる可能性がある。
札幌地裁の判決では、「重篤な被害が容易に想像できるのにあえて綱を離した過失は極めて重大」として、重過失致死罪を認めている。
 このようにペットを取り巻くさまざまな法律がある。かわいいペットと快適に生活を送っていくためにも、飼主の責任については日ごろから注意を払っていくように心がけるのがいいのではないだろうか。
posted by IT難民 at 08:10| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

ペット関連でも、ある程度ジャンルは決める必要がある!

 ペット関連の仕事に従事したいと考えているなら、どの分野に進みたいかを事前に明確にしておくことが重要である。
 動物看護士のように病気やケガのペットの治療をサポートしたいのか、動物介護士のように生活が困難になったペットのケアをしたいのかでも進む道は違ってくる。
 ほかにもトリマーやペットショップ店員、トレーナー等の職業もあり、進みたい分野によって勉強方法や取得すべき資格も異なる。
 単に「ペット関連に仕事をしたい」というのではなく、的を絞って進路を決めていくことだ。
posted by IT難民 at 05:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

ペット関連の資格取得までにかかる費用

 ペット関連の仕事に就く為の勉強は独学で行なうこともできる。独学であっても参考書籍やDVDなどの資料代が必要である。
 学校やスクールに通学して勉強する場合は年間費用が約100万円程度、通信講座で自宅で勉強する場合は半年から1年の費用が約20〜30万円程度というのが目安である。
 資格取得には受験料が5000〜1万円程度で、合格した場合は登録料などが必要になる場合もある。
posted by IT難民 at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット関連の資格取得までにかかる費用

 ペット関連の仕事に就く為の勉強は独学で行なうこともできる。独学であっても参考書籍やDVDなどの資料代が必要である。
 学校やスクールに通学して勉強する場合は年間費用が約100万円程度、通信講座で自宅で勉強する場合は半年から1年の費用が約20〜30万円程度というのが目安である。
 資格取得には受験料が5000〜1万円程度で、合格した場合は登録料などが必要になる場合もある。
posted by IT難民 at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット関連の仕事に就くためにやっておきたいことは?

 現在日本で飼われているペットの種類は多岐にわたっている。最も多いのは猫、次いで犬、魚類、鳥類、昆虫、うさぎ、爬虫類、両生類の順。
 ペットにはどんな種類があるのか、それぞれの特徴や飼い方などについて学んでおくのも良い方法だ。さらに同じ犬や猫、小動物でも種類が分かれており、飼い方やケアの仕方が違っている点も勉強しておくといい。
posted by IT難民 at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

ペット関連の仕事に就くためにやっておきたいことは?

 現在日本で飼われているペットの種類は多岐にわたっている。最も多いのは猫、次いで犬、魚類、鳥類、昆虫、うさぎ、爬虫類、両生類の順。
 ペットにはどんな種類があるのか、それぞれの特徴や飼い方などについて学んでおくのも良い方法だ。さらに同じ犬や猫、小動物でも種類が分かれており、飼い方やケアの仕方が違っている点も勉強しておくといい。
posted by IT難民 at 06:06| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット関連の仕事にはどんな人が向いている?

 ペット関連の仕事に向いているのは、ペットに対して愛情や理解を土台にしたプロ意識のある人である。
・穏和で我慢強い人
 「ペットが大好き!」「本当に可愛い!」と思っていても、いざ仕事で接するとなると上手くいかない場合がある。
 ペットが言うことを聞かない、いくら手を掛けても結果が出ない等々のときでも、怒ったり切れたりせず我慢強く仕事を続けられる人がペット関連の仕事に向いているす。
・世話好きでマメな人
 ペットは犬や猫だけでなく小動物や小鳥など環境の変化に弱く、手間を掛けてお世話をしなければならない種類のものもいる。犬猫のようにある程度の感情を読み取れないものも多いため、こまめに世話ができる人が仕事に向いている。
 ペットを愛して可愛がるだけでなく、プロとして適切に世話ができる人であることも大切。
posted by IT難民 at 06:06| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

ペット関連の仕事にはどんな人が向いている?

 ペット関連の仕事に向いているのは、ペットに対して愛情や理解を土台にしたプロ意識のある人である。
・穏和で我慢強い人
 「ペットが大好き!」「本当に可愛い!」と思っていても、いざ仕事で接するとなると上手くいかない場合がある。
 ペットが言うことを聞かない、いくら手を掛けても結果が出ない等々のときでも、怒ったり切れたりせず我慢強く仕事を続けられる人がペット関連の仕事に向いているす。
・世話好きでマメな人
 ペットは犬や猫だけでなく小動物や小鳥など環境の変化に弱く、手間を掛けてお世話をしなければならない種類のものもいる。犬猫のようにある程度の感情を読み取れないものも多いため、こまめに世話ができる人が仕事に向いている。
 ペットを愛して可愛がるだけでなく、プロとして適切に世話ができる人であることも大切。
posted by IT難民 at 05:35| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット関連の資格と仕事の将来性

 ペット関連の仕事は需要が増加している。全国で飼育される犬と猫の数は1900万頭を超え、すでに15歳未満の子供の数よりも多くなっている。これは犬猫だけの数で、それ以外のペットを含めるとさらに膨大な数になる。
 このような状況から、ペット関連の仕事は今後ますます需要が見込めるす。仕事内容も従来のシッターやショップ店員だけでなく、より専門的なものが加わっていくと考えられる。
 一例としては「動物介護士」や「アニマルコミュニケーター」。高齢の犬猫を預かってお世話をする老犬ホームや老猫ホームは全国的に広まっており、将来的にはペット全般のホームの設立も増えていくと予想されている。
 ペット関連の資格があり、仕事の経験と実績を積めば自立して独立開業や起業も可能である。自立には自宅の一角を活用して地域密着でサロンを開く方法、開業や起業する方法がある。
 自立を目指しているなら、単一の資格ではなく複数の資格を取得しておくと、幅広い分野で活躍できるのでオススメである。
posted by IT難民 at 05:34| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット関連の資格と仕事の将来性

 ペット関連の仕事は需要が増加している。全国で飼育される犬と猫の数は1900万頭を超え、すでに15歳未満の子供の数よりも多くなっている。これは犬猫だけの数で、それ以外のペットを含めるとさらに膨大な数になる。
 このような状況から、ペット関連の仕事は今後ますます需要が見込めるす。仕事内容も従来のシッターやショップ店員だけでなく、より専門的なものが加わっていくと考えられる。
 一例としては「動物介護士」や「アニマルコミュニケーター」。高齢の犬猫を預かってお世話をする老犬ホームや老猫ホームは全国的に広まっており、将来的にはペット全般のホームの設立も増えていくと予想されている。
 ペット関連の資格があり、仕事の経験と実績を積めば自立して独立開業や起業も可能である。自立には自宅の一角を活用して地域密着でサロンを開く方法、開業や起業する方法がある。
 自立を目指しているなら、単一の資格ではなく複数の資格を取得しておくと、幅広い分野で活躍できるのでオススメである。
posted by IT難民 at 05:34| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする