2018年10月03日

動物業者による持ち込みを許すのか?

 近年、ペットショップやブリーダーなどの業者が、犬を行政に持ち込むケースが増えている。テレビでもよく取り上げられる「ペットブームの裏側」で、ただ子犬を産ませるためだけに飼育し、産めなくなったら捨てるという繁殖業者は事実少なくない。
これを調べようと、先日大阪の会員のNさんが市へ情報開示請求をして「飼い犬引取申請書」を入手し、事務所に送ってくれた。これによって、狂犬病予防法による登録や予防注射もなしに飼育し、安易に何頭も保健所へ引取申請をしている例がいくつもあることがわかった(繁殖業者である可能性が高い)。登録や注射をしていないことは狂犬病予防法違反であるにも関わらず、行政側が何ら咎めもせずに引き取っているとしたら問題ではないか。
posted by IT難民 at 06:04| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政による犬猫の引き取り

 動物の愛護管理法では、犬や猫の飼主が、何らかの事情で飼育ができなくなり行政に持っていくと、行政はこれを引き取らなければならないとしている(第18条)。
 これは動物を飼えなくなった飼主が動物を捨ててしまうことが多いということの対策として設けられた規定である。特に犬については、捨てられてから行政が捕獲に乗り出すより、むしろ飼主自ら保健所などに持ち込んでもらったほうが労力の削減になるという考えもあったようだ。そのためほとんどの自治体では、犬猫の引き取りを無料で行っており、不用犬猫の回収のための巡回サービスも行われている。
 積極的な引き取りは、確かに犬の捕獲数を減少させるのに役立ってきたのかもしれないが、他方では、飼えなくなったら保健所にただで引き取ってもらえばいいといった安易な風潮を作り出すことにもなった。これからの動物行政は、飼主にその理由を聞いて、飼育放棄の原因をさぐり、対策を取ろるべきではないか。
posted by IT難民 at 06:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

行政による犬猫の引き取り

 動物の愛護管理法では、犬や猫の飼主が、何らかの事情で飼育ができなくなり行政に持っていくと、行政はこれを引き取らなければならないとしている(第18条)。
 これは動物を飼えなくなった飼主が動物を捨ててしまうことが多いということの対策として設けられた規定である。特に犬については、捨てられてから行政が捕獲に乗り出すより、むしろ飼主自ら保健所などに持ち込んでもらったほうが労力の削減になるという考えもあったようだ。そのためほとんどの自治体では、犬猫の引き取りを無料で行っており、不用犬猫の回収のための巡回サービスも行われている。
 積極的な引き取りは、確かに犬の捕獲数を減少させるのに役立ってきたのかもしれないが、他方では、飼えなくなったら保健所にただで引き取ってもらえばいいといった安易な風潮を作り出すことにもなった。これからの動物行政は、飼主にその理由を聞いて、飼育放棄の原因をさぐり、対策を取ろるべきではないか。
posted by IT難民 at 06:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの養育費を求めることはできない

 子供の親権者となった場合、相手に養育費を求められる。しかし、ペットの場合、権利を得ても引き取ったペットの養育費を相手に請求できない。物の維持費は所有者が負担すべきと考えられている。
 また子供の場合は、別居親が子供に会う“面会交流”ができるが、ペットについてはそのような定めはない。そのため、ペットを引き取った相手に面会交流を強制することはできない。
 しかし、自分たちで合意して決めるのは自由。“ペットを譲る代わりに月1回は会わせてほしい”、“ペットを育てるのに必要な費用はすべて自分が払うので、自分に譲ってほしい”などの交渉をすることは可能だ。
 いずれの場合にも、約束をした際には、後でトラブルにならないよう、合意内容を書面にして残しておこう。
posted by IT難民 at 06:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

ペットの養育費を求めることはできない

 子供の親権者となった場合、相手に養育費を求められる。しかし、ペットの場合、権利を得ても引き取ったペットの養育費を相手に請求できない。物の維持費は所有者が負担すべきと考えられている。
 また子供の場合は、別居親が子供に会う“面会交流”ができるが、ペットについてはそのような定めはない。そのため、ペットを引き取った相手に面会交流を強制することはできない。
 しかし、自分たちで合意して決めるのは自由。“ペットを譲る代わりに月1回は会わせてほしい”、“ペットを育てるのに必要な費用はすべて自分が払うので、自分に譲ってほしい”などの交渉をすることは可能だ。
 いずれの場合にも、約束をした際には、後でトラブルにならないよう、合意内容を書面にして残しておこう。
posted by IT難民 at 06:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚後に飼い始めたらペットは夫婦の共有財産

 財産分与とは、婚姻期間中に夫婦で築いた財産を分け合うこと。基本的には半分ずつである。どちらか一方の名義であっても、原則としてそれは相手との協力により築いたとされ、夫婦共有財産として離婚時に分けなければならない。
 もし妻が結婚前から飼っていた犬であれば夫婦の財産でなく“特有財産”となり、夫に譲る必要はないが、婚姻中に飼い始めた犬であれば、基本的には“夫婦共有財産”となる。
 お金なら半分に分けられるが、ペットはそうはいかない。この場合、どちらが引き取るか話し合いで決める。もし話し合いで決まらない場合は、裁判所の調停や審判で決めることになる。
 その場合、恐らく裁判所では、登録がどちらになっているかだけでなく、どちらが主に世話をしていたか、今後どのように世話をしていけるのかなど、いろいろな事情を総合的に判断して決めることになるはずである。
posted by IT難民 at 06:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

結婚後に飼い始めたらペットは夫婦の共有財産

 財産分与とは、婚姻期間中に夫婦で築いた財産を分け合うこと。基本的には半分ずつである。どちらか一方の名義であっても、原則としてそれは相手との協力により築いたとされ、夫婦共有財産として離婚時に分けなければならない。
 もし妻が結婚前から飼っていた犬であれば夫婦の財産でなく“特有財産”となり、夫に譲る必要はないが、婚姻中に飼い始めた犬であれば、基本的には“夫婦共有財産”となる。
 お金なら半分に分けられるが、ペットはそうはいかない。この場合、どちらが引き取るか話し合いで決める。もし話し合いで決まらない場合は、裁判所の調停や審判で決めることになる。
 その場合、恐らく裁判所では、登録がどちらになっているかだけでなく、どちらが主に世話をしていたか、今後どのように世話をしていけるのかなど、いろいろな事情を総合的に判断して決めることになるはずである。
posted by IT難民 at 07:43| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

ペットに関する世論調査(内閣府発表)

調査結果の概要
1 ペットの飼育状況について
 (1) ペット飼育の好き嫌い
 ペットを飼うのが好きか嫌いか聞いたところ,「好き」とする者の割合が65.5%(「大好き」17.0%+「好きなほう」48.5%),「嫌い」とする者の割合が31.7%(「嫌いなほう」27.1%+「大嫌い」4.5%)となっている。
 前回の調査結果(平成12年6月調査をいう,以下同じ)と比較して見ると,大きな変化は見られない。
 都市規模別に見ると,「嫌い」とする者の割合は,小都市で高くなっている。
 性別に見ると,「好き」とする者の割合は,男性で,「嫌い」とする者の割合は,女性で,それぞれ高くなっている。
 年齢別に見ると,「好き」とする者の割合は,20歳代で,「嫌い」とする者の割合は,60歳代,70歳以上で,それぞれ高くなっている。
 住居の形態別で見ると,大きな差異は見られない。
 (2) ペット飼育の有無
 家庭で犬やねこなど,ペットを飼っているかどうか聞いたところ,「飼っている」と答えた者の割合が36.6%,「飼っていない」と答えた者の割合が63.4%となっている。
 都市規模別に見ると,「飼っている」と答えた者の割合は,町村で,「飼っていない」と答えた者の割合は,大都市で,それぞれ高くなっている。
 性別に見ると,大きな差異は見られない。
 年齢別に見ると,「飼っている」と答えた者の割合は,40歳代,50歳代で,「飼っていない」と答えた者の割合は,30歳代,70歳以上で,それぞれ高くなっている。
 住居の形態別に見ると,「飼っている」と答えた者の割合は,一戸建てで,「飼っていない」と答えた者の割合は,集合住宅で,それぞれ高くなっている。(図2,表2)
  ア 飼育しているペットの種類
 ペットを「飼っている」と答えた者(806人)に,どんな動物か聞いたところ,「犬」を挙げた者の割合が62.4%と最も高く,以下,「ねこ」(29.2%),「魚類」(11.7%)などの順となっている。(複数回答,上位3項目)
 都市規模別に見ると,「犬」を挙げた者の割合は,小都市で,「ねこ」を挙げた者の割合は,町村で,それぞれ高くなっている。
 性別に見ると,「ねこ」を挙げた者の割合は,女性で高くなっている。
  イ ペットを飼育している理由
 ペットを「飼っている」と答えた者(806人)に,そのペットを飼っている理由を聞いたところ,「家族が動物好きだから」を挙げた者の割合が60.5%と最も高く,以下,「気持ちがやわらぐ(まぎれる)から」(47.9%),「自分が動物好きだから」(38.3%),「子どもの情操教育のため」(21.6%)などの順となっている。(複数回答,上位4項目)
 都市規模別に見ると,「家族が動物好きだから」,「気持ちがやわらぐ(まぎれる)から」,「自分が動物好きだから」を挙げた者の割合は,大都市で高くなっている。
 性別に見ると,「家族が動物好きだから」,「気持ちがやわらぐ(まぎれる)から」,「子どもの情操教育のため」を挙げた者の割合は,女性で高くなっている。
  ウ 所有者明示をしているか
 犬またはねこを「飼っている」と答えた者(犬503人,ねこ235人)に,所有者の氏名,住所などがわかるように名札や首輪,マイクロチップなどを装着し,飼い主が誰であるかわかるように明示しているか聞いたところ,犬については,「すべての犬に明示している」と答えた者の割合が30.4%,「一部の犬に明示している(一部の犬は明示していない)」と答えた者の割合が3.0%,「明示していない」と答えた者の割合が65.4%となっている。
 ねこについては,「すべてのねこに明示している」と答えた者の割合が16.2%,「一部のねこに明示している(一部のねこは明示していない)」と答えた者の割合が2.1%,「明示していない」と答えた者の割合が80.9%となっている。
 性別に見ると,犬については,「明示していない」と答えた者の割合は,男性で高くなっている。
  エ 所有者明示の方法
 犬またはねこを「飼っている」と答えた者で,所有者明示を「すべてしている」,または「一部している」と答えた者(犬168人,ねこ43人)に,どのような方法で明示しているか聞いたところ,犬については,「首輪」を挙げた者の割合が86.9%と最も高く,以下,「名札」(28.6%)などの順となっている。(複数回答,上位2項目)
 ねこについては,「首輪」を挙げた者の割合が88.4%と最も高く,以下,「名札」(14.0%)などの順となっている。(複数回答,上位2項目)
  オ 所有者明示をしていない理由
 犬またはねこを「飼っている」と答えた者で,所有者明示を「していない」,または「一部していない」と答えた者(犬344人,ねこ195人)に,明示をしていない理由は何か聞いたところ,犬については,「明示する必要がないと考えるから」を挙げた者の割合が70.1%と最も高く,以下,「動物がいやがるから(かわいそうだから)」(14.2%),「面倒だから」(12.5%)などの順となっている。(複数回答,上位3項目)
 ねこについては,「明示する必要がないと考えるから」を挙げた者の割合が73.3%と最も高く,以下,「動物がいやがるから(かわいそうだから)」(17.9%),「面倒だから」(10.3%)などの順となっている。(複数回答,上位3項目)
  カ 去勢・不妊手術をしているか
 犬またはねこを「飼っている」と答えた者(犬503人,ねこ235人)に,去勢または不妊手術をしているか聞いたところ,犬については,「すべての犬に手術をしている」と答えた者の割合が21.1%,「一部の犬に手術をしている(一部の犬は手術していない)」と答えた者の割合が4.2%,「手術をしていない」と答えた者の割合が73.6%となっている。
 ねこについては,「すべてのねこに手術をしている」と答えた者の割合が63.8%,「一部のねこに手術をしている(一部のねこは手術していない)」と答えた者の割合が6.4%,「手術をしていない」と答えた者の割合が28.1%となっている。
 性別に見ると,犬については,「すべての犬に手術をしている」と答えた者の割合は,女性で,「手術をしていない」と答えた者の割合は,男性で,それぞれ高くなっている。
  キ 去勢・不妊手術をしていない理由
 犬またはねこを「飼っている」と答えた者で,去勢または不妊手術を「していない」または「一部していない」と答えた者(犬391人,ねこ81人)に去勢・不妊手術をしていない理由を聞いたところ,犬については,「手術する必要がないと考えるから」を挙げた者の割合が59.1%と最も高く,以下,「かわいそうだから」(18.2%)などの順となっている。(複数回答,上位2項目)
 ねこについては,「手術する必要がないと考えるから」を挙げた者の割合が43.2%と最も高く,以下,「手術費用が高いから」(19.8%),「かわいそうだから」(17.3%),「まだ子ねこだから」(17.3%)などの順となっている。(複数回答,上位4項目)
  ク ねこの飼育方法
 ねこを「飼っている」と答えた者(235人)に,どのように飼っているか聞いたところ,「室内で飼っている」と答えた者の割合が54.0%,「主に室内で飼うようにしている」と答えた者の割合が22.1%,「放し飼いにしている」と答えた者の割合が23.8%となっている。
  ケ ペットを飼わない理由
 ペットを「飼っていない」と答えた者(1,396人)に,ペットを飼わない理由を聞いたところ,「十分に世話ができないから」を挙げた者の割合が46.5%と最も高く,以下,「死ぬとかわいそうだから」(35.0%),「集合住宅(アパート・マンションなど一戸建てでないもの)であり,禁止されているから」(24.6%),「家や庭が汚れるから」(16.9%),「動物が嫌いだから」(16.8%)などの順となっている。(複数回答,上位5項目)
 前回の調査結果と比較して見ると,「家や庭が汚れるから」(13.3%→16.9%),「動物が嫌いだから」(13.9%→16.8%)を挙げた者の割合が上昇している。
 都市規模別に見ると,「死ぬとかわいそうだから」を挙げた者の割合は,小都市で,「集合住宅(アパート・マンションなど一戸建てでないもの)であり,禁止されているから」を挙げた者の割合は,大都市,中都市で,それぞれ高くなっている。
 性別に見ると,「十分に世話ができないから」,「家や庭が汚れるから」を挙げた者の割合は,女性で高くなっている。
 年齢別に見ると,「死ぬとかわいそうだから」を挙げた者の割合は,50歳代で,「集合住宅(アパート・マンションなど一戸建てでないもの)であり,禁止されているから」を挙げた者の割合は,20歳代,30歳代で,「動物が嫌いだから」を挙げた者の割合は,70歳以上で,それぞれ高くなっている。
 住居の形態別に見ると,「十分に世話ができないから」,「死ぬとかわいそうだから」,「家や庭が汚れるから」,「動物が嫌いだから」を挙げた者の割合は,一戸建てで高くなっている。
posted by IT難民 at 07:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

動物愛護の法律と条令

 動物愛護の法律と条令は人の生活を守るためであり、犬の生活を守るためでもある。法律や条令で基準や罰則が定められているが、犬を飼う上で他人に迷惑を掛ける飼い方をしないのは当たり前。
 リードを付けずに散歩をしているのも他の人に迷惑だし、法律・条令違反である。「少しくらいなら大丈夫」とか「誰もいないから」という身勝手な理由で常識のない飼い方をすると、飼主が罰則を受けるだけでなく、最悪何の罪もない犬が飼主のしりぬぐいを負わされることもある。
 今一度、飼育方法や散歩中の振る舞いを見直そう。 飼主のモラルが低下すれば飼育されている犬は、とばっちりを受けるだけで幸せにはなれないのだ。
posted by IT難民 at 06:03| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の縄張り意識による攻撃性に注意!

 庭で放し飼いにしていると、犬は飼育スペースである庭と庭から見える範囲は自分の縄張りだと主張するようになる。
 庭での放し飼いは飼主の目が十分に届かず、犬は縄張りへ侵入しようとする来客や通行人に吠えるようになる。 通行人はただ通過するだけで吠えられたから立ち去るのではないのだが、犬にとっては自分が吠えることで通行人を追い払ったと勘違いする。
 この繰り返しが犬にとっての自己報酬となり、通行人への吠えはどんどん悪化していき近所迷惑となる。攻撃性が増せば、来客や脱走時に人を噛むかもしれない。 対策を怠れば罰則を受けることもある。
posted by IT難民 at 06:01| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする