2018年09月26日

犬の縄張り意識による攻撃性に注意!

 庭で放し飼いにしていると、犬は飼育スペースである庭と庭から見える範囲は自分の縄張りだと主張するようになる。
 庭での放し飼いは飼主の目が十分に届かず、犬は縄張りへ侵入しようとする来客や通行人に吠えるようになる。 通行人はただ通過するだけで吠えられたから立ち去るのではないのだが、犬にとっては自分が吠えることで通行人を追い払ったと勘違いする。
 この繰り返しが犬にとっての自己報酬となり、通行人への吠えはどんどん悪化していき近所迷惑となる。攻撃性が増せば、来客や脱走時に人を噛むかもしれない。 対策を怠れば罰則を受けることもある。
posted by IT難民 at 06:21| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

犬の脱走防止策を徹底しよう!

 いまだに、飼犬による咬傷事故が日本各地で起きている。多くが自宅敷地内に塀を設け、放し飼いにされていた犬によるもの。 何の罪もない人が犬に襲われる不幸と、騒ぎを起こした犬の多くが警察官の発砲により命を落としている不幸を考え、飼主は万全な注意をしなければならない。
 どの犬にも共通している部分があるが、自宅敷地外にノーリードで出た犬は自由になった喜びよりは見知らぬ世界に戸惑って興奮してしまう。
 愛玩用の小型犬なら周囲の人の反応も異なるかもしれないが、放し飼いにされている犬の多くは大型犬。 女性や子供が甲高い声で騒いだり、警察や消防団が出動すると、犬は恐怖を感じ人を噛んでしまうことが多い。
 1人噛めばさらに興奮が高まり次々に人を襲うことになるが、犬が悪いのではない。飼主が犬を敷地外に出さないよう、十分に注意していれば防ぐことができる。
 塀の種類にもよるが、犬が地面に穴を掘って塀の外へ出てる・飛び越える・塀の破損・飼主や来客の出入り口の閉め忘れなどが脱走の要因となる。
 万全を期すには、庭の中でも犬の飼育スペースを限定し、二重柵を設けるなどの対策や放し飼いにせず長めの鎖などできちんとつないでおくことだ。 脱走防止策を怠れば、罰則を受けることもある。
 また、万が一の脱走に備えて首輪やマイクロチップを付けておこう。首輪には、狂犬病予防注射済票と鑑札を付けておくことが法律で義務づけられている。 保護されるとマイクロチップの有無や、済票と鑑札の登録番号から飼主を探すことができるので必ず付けておこう。
 なお、犬の登録と狂犬病に関しては”狂犬病予防法”という法律によって罰則も定められている。
posted by IT難民 at 06:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を庭で放し飼いにする場合の注意点

 犬を庭で放し飼いにするということは、ここでは塀などで囲われた庭の中で鎖などに繋がず、犬が庭の中を自由に移動できる状態という定義とする。
 庭を塀などで囲われていても、犬を放し飼いにするなら注意すべき点がたくさんあり、中でも特に迷惑なのが脱走と鳴き声(吠え)である。
 この2つに関しても、愛玩動物に関する法律・条約には罰則が定められている。 条例に基づく罰則では、罰金や拘留、または過料といった罰則がある。
posted by IT難民 at 05:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

犬を庭で放し飼いにする場合の注意点

 犬を庭で放し飼いにするということは、ここでは塀などで囲われた庭の中で鎖などに繋がず、犬が庭の中を自由に移動できる状態という定義とする。
 庭を塀などで囲われていても、犬を放し飼いにするなら注意すべき点がたくさんあり、中でも特に迷惑なのが脱走と鳴き声(吠え)である。
 この2つに関しても、愛玩動物に関する法律・条約には罰則が定められている。 条例に基づく罰則では、罰金や拘留、または過料といった罰則がある。
posted by IT難民 at 06:48| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を庭で放し飼いにする場合に気を付ける法律と罰則について

 犬を庭で放し飼いにするときには、国が定める”動物の愛護及び管理に関する法律”(通称:動物愛護法や動愛法)に定められた法律・基準や地方公共団体が定める”動物の愛護及び管理に関する条例”の内容に沿って注意する点がいくつかあり、怠った場合には罰則もありうる。
 犬を庭で放し飼いにすることついて、この動物愛護法の中には「柵で囲われた自己の保有地以外の放し飼いは禁止」とある(ノーリードでの散歩もこれに含まれる)。
 中には広大な土地を持ち、その中で犬を自由に放し飼いにしている飼主もいるかと思うが、原則として保有地内でも犬が保有地の外へ出てしまわないように柵や塀などで囲う責任がある。
 他にも外で犬を飼育するにあたって様々な基準が設けられており、犬のしつけはもちろん、糞尿による悪臭や被毛の飛散防止に努めることや逸走(脱走)防止のための対策を万全にする、犬の鳴き声などで近隣に迷惑を掛けないようにするなどの責任がある。
 放し飼いに対する動物愛護法の基準には法律的な拘束力がないため違反に対する罰則はないのだが、地方公共団体の定める動物愛護条約には条約違反による罰則が定められている。
 また、動物愛護法の法律の中にも「地方公共団体の措置(規制や罰則)」として罰則について定められている。
posted by IT難民 at 06:47| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

犬を庭で放し飼いにする場合に気を付ける法律と罰則について

 犬を庭で放し飼いにするときには、国が定める”動物の愛護及び管理に関する法律”(通称:動物愛護法や動愛法)に定められた法律・基準や地方公共団体が定める”動物の愛護及び管理に関する条例”の内容に沿って注意する点がいくつかあり、怠った場合には罰則もありうる。
 犬を庭で放し飼いにすることついて、この動物愛護法の中には「柵で囲われた自己の保有地以外の放し飼いは禁止」とある(ノーリードでの散歩もこれに含まれる)。
 中には広大な土地を持ち、その中で犬を自由に放し飼いにしている飼主もいるかと思うが、原則として保有地内でも犬が保有地の外へ出てしまわないように柵や塀などで囲う責任がある。
 他にも外で犬を飼育するにあたって様々な基準が設けられており、犬のしつけはもちろん、糞尿による悪臭や被毛の飛散防止に努めることや逸走(脱走)防止のための対策を万全にする、犬の鳴き声などで近隣に迷惑を掛けないようにするなどの責任がある。
 放し飼いに対する動物愛護法の基準には法律的な拘束力がないため違反に対する罰則はないのだが、地方公共団体の定める動物愛護条約には条約違反による罰則が定められている。
 また、動物愛護法の法律の中にも「地方公共団体の措置(規制や罰則)」として罰則について定められている。
posted by IT難民 at 07:54| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬をめぐるトラブルの解決法

 犬をめぐるトラブルが民法に関わるものである場合は、当事者同士の話し合いである「民事調停」や「斡旋・仲裁」といった解決法がある。一方、刑法に関わるものである場合は警察に犯罪事実を告知し、捜査をしてもらう必要がある。どの方法がベストなのかがわからない場合は、国が設立した法的トラブル解決のための総合案内所「法テラス」にひとまず相談するというのも手だ。
・民事調停 斡旋・仲裁
 自分自身がトラブルを起こした場合やトラブルに巻き込まれた場合、いきなり弁護士を雇って裁判に持ち込んでしまうと時間もお金もかかってしまう。こうした事態を避けるため、裁判所には民事調停という制度が設けられている。これは決まった日時に裁判所が当事者双方を呼び出し、間に一般市民から選ばれた調停委員と裁判官が入って話合いを行うというものだ。目的は勝ち負けを決めることではなく、話し合いによって両者が合意できる点を見つけること。
 扱われるのは民事に関する紛争全般で、具体的には金銭の貸し借り、物の売買、交通事故、土地や家屋の貸し借りをめぐる紛争などが含まれる。
 斡旋手続とは、当事者間での話し合いによる解決が困難な場合、第三者が斡旋人となって双方の言い分を聞き、争点を整理した上で和解を斡旋するというもの。民事調停における第三者が調停委員や裁判官だったのに対し、斡旋手続においては主として弁護士が間に入る。当事者の合意があれば、手続の途中で次の「仲裁」手続に移行することもできる。
 仲裁とは弁護士会や行政書士会が行う裁判外紛争解決手続の一種で、仲裁人(主として弁護士)が双方の言い分をよく聞き、争点や事実関係を整理した上で最終的に仲裁判断をして解決するというもの。当事者双方が「仲裁人の判断に従う」と約束していることが前提となる。仲裁人を裁判所の外にいる裁判官と考えれば分かりやすい。仲裁判断は裁判における確定判決と同一の効力を有するので「そんな判断は納得いかない」といったわがままはもう通用しない。
・民事裁判
 話し合いで解決できない場合は、裁判所で民事裁判を起こして判断を求める。裁判手続では、当事者双方の主張や情報に基づいて裁判官が判断を下し、最終的な判決を出して争いに決着をつける。
 請求額が140万円以下の場合は簡易裁判所、請求額が140万円超もしくは獣医療過誤訴訟のような複雑な案件は地方裁判所の管轄となる。また相手への請求金額が60万円以下の場合は、審議を1日で終了させる少額訴訟という手続も用意されている。
 裁判が始まってからも進行具合によっては話し合いでの解決を勧められることがある。話し合いに決着がつけば、裁判は判決を待たずに終了。
・刑事裁判
 傷害罪、器物損壊罪、動物愛護管理法違反など何らかの罰則が定められている法律の違反があった場合には刑事上の処分を求めて刑事裁判が行われることもある。流れは「警察への告訴・告発→警察による捜査→検察による起訴→刑事裁判→判決」というもの。
・刑事事件の流れ 告訴・告発
 告訴とは犯罪を受けた被害者が行う犯罪事実の告知で、例えば「隣人がわざと私に犬をけしかけて足首を噛まれた」などが含まれる。一方、告発は誰でも行うことができる犯罪事実の告知で、例えば「隣人が犬を蹴飛ばしていた」などがある。
 告訴や告発は最寄りの警察署や事件のあった場所を管轄している警察署に口頭または書面で行う。似たような言葉で「被害届」というものがあるが、これは犯罪事実があった ことの届出に過ぎない。犯人を処罰したいという明白な意思がある場合は告訴や告発をしたほうがいいだろう。
・捜査
告訴や告発を受けた警察はその犯罪事実を取り調べ証拠収集などの捜査を開始する。
・起訴
捜査の結果を受けた検察官が、被疑者の性格や年齢といった状況を考えて訴追の必要性を判断する。必要ないと判断された場合は不起訴、必要と判断された場合は刑事裁判となる。なお100万円以下の罰金・科料に相当する事件の場合は略式起訴という手続が行われることがある。これは通常の起訴手続を簡略化したものであり、「軽微な犯罪」の代名詞と考えられることもしばしば。残念ながら動物虐待事件の多くは、この略式起訴で終わらされる。
・刑事裁判・判決
裁判官が検察側と弁護側の主張を聞き、最終的な判決を下す。有罪判決が下った場合は刑期、執行猶予期間、罰金額が決められる。
posted by IT難民 at 07:53| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

犬をめぐるトラブルの解決法

 犬をめぐるトラブルが民法に関わるものである場合は、当事者同士の話し合いである「民事調停」や「斡旋・仲裁」といった解決法がある。一方、刑法に関わるものである場合は警察に犯罪事実を告知し、捜査をしてもらう必要がある。どの方法がベストなのかがわからない場合は、国が設立した法的トラブル解決のための総合案内所「法テラス」にひとまず相談するというのも手だ。
・民事調停 斡旋・仲裁
 自分自身がトラブルを起こした場合やトラブルに巻き込まれた場合、いきなり弁護士を雇って裁判に持ち込んでしまうと時間もお金もかかってしまう。こうした事態を避けるため、裁判所には民事調停という制度が設けられている。これは決まった日時に裁判所が当事者双方を呼び出し、間に一般市民から選ばれた調停委員と裁判官が入って話合いを行うというものだ。目的は勝ち負けを決めることではなく、話し合いによって両者が合意できる点を見つけること。
 扱われるのは民事に関する紛争全般で、具体的には金銭の貸し借り、物の売買、交通事故、土地や家屋の貸し借りをめぐる紛争などが含まれる。
 斡旋手続とは、当事者間での話し合いによる解決が困難な場合、第三者が斡旋人となって双方の言い分を聞き、争点を整理した上で和解を斡旋するというもの。民事調停における第三者が調停委員や裁判官だったのに対し、斡旋手続においては主として弁護士が間に入る。当事者の合意があれば、手続の途中で次の「仲裁」手続に移行することもできる。
 仲裁とは弁護士会や行政書士会が行う裁判外紛争解決手続の一種で、仲裁人(主として弁護士)が双方の言い分をよく聞き、争点や事実関係を整理した上で最終的に仲裁判断をして解決するというもの。当事者双方が「仲裁人の判断に従う」と約束していることが前提となる。仲裁人を裁判所の外にいる裁判官と考えれば分かりやすい。仲裁判断は裁判における確定判決と同一の効力を有するので「そんな判断は納得いかない」といったわがままはもう通用しない。
・民事裁判
 話し合いで解決できない場合は、裁判所で民事裁判を起こして判断を求める。裁判手続では、当事者双方の主張や情報に基づいて裁判官が判断を下し、最終的な判決を出して争いに決着をつける。
 請求額が140万円以下の場合は簡易裁判所、請求額が140万円超もしくは獣医療過誤訴訟のような複雑な案件は地方裁判所の管轄となる。また相手への請求金額が60万円以下の場合は、審議を1日で終了させる少額訴訟という手続も用意されている。
 裁判が始まってからも進行具合によっては話し合いでの解決を勧められることがある。話し合いに決着がつけば、裁判は判決を待たずに終了。
・刑事裁判
 傷害罪、器物損壊罪、動物愛護管理法違反など何らかの罰則が定められている法律の違反があった場合には刑事上の処分を求めて刑事裁判が行われることもある。流れは「警察への告訴・告発→警察による捜査→検察による起訴→刑事裁判→判決」というもの。
・刑事事件の流れ 告訴・告発
 告訴とは犯罪を受けた被害者が行う犯罪事実の告知で、例えば「隣人がわざと私に犬をけしかけて足首を噛まれた」などが含まれる。一方、告発は誰でも行うことができる犯罪事実の告知で、例えば「隣人が犬を蹴飛ばしていた」などがある。
 告訴や告発は最寄りの警察署や事件のあった場所を管轄している警察署に口頭または書面で行う。似たような言葉で「被害届」というものがあるが、これは犯罪事実があった ことの届出に過ぎない。犯人を処罰したいという明白な意思がある場合は告訴や告発をしたほうがいいだろう。
・捜査
告訴や告発を受けた警察はその犯罪事実を取り調べ証拠収集などの捜査を開始する。
・起訴
捜査の結果を受けた検察官が、被疑者の性格や年齢といった状況を考えて訴追の必要性を判断する。必要ないと判断された場合は不起訴、必要と判断された場合は刑事裁判となる。なお100万円以下の罰金・科料に相当する事件の場合は略式起訴という手続が行われることがある。これは通常の起訴手続を簡略化したものであり、「軽微な犯罪」の代名詞と考えられることもしばしば。残念ながら動物虐待事件の多くは、この略式起訴で終わらされる。
・刑事裁判・判決
裁判官が検察側と弁護側の主張を聞き、最終的な判決を下す。有罪判決が下った場合は刑期、執行猶予期間、罰金額が決められる。
posted by IT難民 at 06:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の飼主が守るべき法律

 犬を飼い始めた瞬間から、飼主に対しては全国統一の法律、都道府県レベルの条例、一般常識というさまざまなレベルで義務が発生する。以下は日本国内に暮らしている限り絶対に守らなければならない最低限のルールだ。動物愛護法および環境省告示の内容を簡潔にまとめてある。これらを守っていないような場合は、いわゆる「動物虐待」とみなされる。最低限のルールは以下の通り。
・給餌
適切な量の餌や水を与えること。餌を与えずにガリガリにしたり、逆に餌を与えすぎてブクブク太らせたりしない。
・健康管理
 病気やケガをした場合は速やかに動物病院を受診すること。おなかに腫瘍ができて歩くたびに地面を擦っていたり、骨折して足を引きずっているのに放置しない。
・しつけ・訓練
 適切な方法でしつけを行うこと。鳴き止まないからと行って犬を蹴飛ばしたり石を投げつけてはいけない。
・飼育環境
 犬にとって快適な飼育環境を整えること。屋外の場合はエアコンの室外機の風が当たる場所に犬小屋をおかない、吹雪の中、犬を外に放置しない、外につなぐ際は道路や通路に接しないようにするなど。屋内の場合は常に清潔にする、脱走しないようドアや窓を常にチェックする、災害時の準備をしておくなど。
・公共マナー
 公共の場所を汚したり他人に迷惑をかけないこと。犬を放し飼いにしない、散歩するときはリードにつける、散歩中に出したうんちやおしっこを放置しない、ベランダでブラッシングをして抜け毛を飛散させない、夜中の鳴き声で近隣住人に迷惑をかけないなど。
・頭数制限
 管理能力を超えて飼育頭数を増やさないこと。事前に去勢手術や避妊手術を行い繁殖制限をするなど。
・終生飼養
 遺棄しないこと。むやみに飼育放棄して保健所や動物愛護センターに犬を持ち込まないこと。どうしても飼育が困難な場合は譲渡するよう最大限の努力をするなど。
 上記した最低限のルールに加え、ほとんどの都道府県では動物の飼育に関する条例を設けている。また狂犬病予防法により、犬の登録を行うことと年1回狂犬病予防注射を受けることが義務づけられている。犬の飼い主は法律のほか条例の内容もしっかりと把握して遵守しなければなりません。守らない人には罰則が設けられている。
posted by IT難民 at 06:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

犬の飼主が守るべき法律

 犬を飼い始めた瞬間から、飼主に対しては全国統一の法律、都道府県レベルの条例、一般常識というさまざまなレベルで義務が発生する。以下は日本国内に暮らしている限り絶対に守らなければならない最低限のルールだ。動物愛護法および環境省告示の内容を簡潔にまとめてある。これらを守っていないような場合は、いわゆる「動物虐待」とみなされる。最低限のルールは以下の通り。
・給餌
適切な量の餌や水を与えること。餌を与えずにガリガリにしたり、逆に餌を与えすぎてブクブク太らせたりしない。
・健康管理
 病気やケガをした場合は速やかに動物病院を受診すること。おなかに腫瘍ができて歩くたびに地面を擦っていたり、骨折して足を引きずっているのに放置しない。
・しつけ・訓練
 適切な方法でしつけを行うこと。鳴き止まないからと行って犬を蹴飛ばしたり石を投げつけてはいけない。
・飼育環境
 犬にとって快適な飼育環境を整えること。屋外の場合はエアコンの室外機の風が当たる場所に犬小屋をおかない、吹雪の中、犬を外に放置しない、外につなぐ際は道路や通路に接しないようにするなど。屋内の場合は常に清潔にする、脱走しないようドアや窓を常にチェックする、災害時の準備をしておくなど。
・公共マナー
 公共の場所を汚したり他人に迷惑をかけないこと。犬を放し飼いにしない、散歩するときはリードにつける、散歩中に出したうんちやおしっこを放置しない、ベランダでブラッシングをして抜け毛を飛散させない、夜中の鳴き声で近隣住人に迷惑をかけないなど。
・頭数制限
 管理能力を超えて飼育頭数を増やさないこと。事前に去勢手術や避妊手術を行い繁殖制限をするなど。
・終生飼養
 遺棄しないこと。むやみに飼育放棄して保健所や動物愛護センターに犬を持ち込まないこと。どうしても飼育が困難な場合は譲渡するよう最大限の努力をするなど。
 上記した最低限のルールに加え、ほとんどの都道府県では動物の飼育に関する条例を設けている。また狂犬病予防法により、犬の登録を行うことと年1回狂犬病予防注射を受けることが義務づけられている。犬の飼い主は法律のほか条例の内容もしっかりと把握して遵守しなければなりません。守らない人には罰則が設けられている。
posted by IT難民 at 06:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする