2018年10月29日

犬を選ぶときの注意点

 自分たちの望むベットライフを想像して、それに合った犬を選ぶことが第一です。例えば、ドッグスポーツを楽しみたいならば、活動性の高い犬種を。もちろん、飼い主側も犬に十分な運動をさせる時間と体力が必要になります。
 また、集合住宅や住宅密集地で飼うのならば、テリトリー意識が強くなく、あまり吠えない犬種が良いかもしれません。純血種は人間が目的をもって作り出しているので、犬種にそれぞれ特性があります。ルックスだけにとらわれず、長所と短所を理解した上で犬種を決めましょう。また、同じ犬種でも子犬によって支配的なタイプやひっこみ思案など性格はさまざま。極端な性格でないほうを初心者にはすすめたい。
posted by IT難民 at 06:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の主な入手先と注意点

・ペットショップ
 早い時期に親犬や兄弟犬から引き離されている場合や長期間展示されている子犬は、社会経験が不足している場合もある。スタッフに飼育期間や飼育環境などを確認し、病気予防など健康管理も万全なところを選ぶことだ。
・ブリーダー
 子犬の健康に気遣い愛情をもって接しているのはもちろん、食事とトイレの場所が区別された清潔な環境であり、親犬や兄弟犬、さまざまな人間とも接触する機会が多いところを選ぼう。さらに、親犬の性格が良く病気予防など健康管理も万全なところがおすすめである。なかには劣悪な環境で飼育する営利目的で大量生産タイプのブリーダーもいるので注意しよう。
・動物愛護施設
 施設によっては、スタッフがあなたのライフスタイルや生活環境に合う犬をアドバイスしてくれる。譲渡には、去勢・避妊やしつけ講習会参加などの条件がある場合が多くなっている。犬によっては精神的に不安定な場合や保護生活が長いと新しい環境に慣れにくい面などもあるので注意しよう。
・里親募集
 個人レベルのやりとりが中心になるので、譲渡条件などのトラブルのないように確認を。提示されている内容だけでなく、実際の子犬を見て、飼育環境や飼育状態など納得できるかどうか判断しよう。
posted by IT難民 at 06:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

犬の主な入手先と注意点

・ペットショップ
 早い時期に親犬や兄弟犬から引き離されている場合や長期間展示されている子犬は、社会経験が不足している場合もある。スタッフに飼育期間や飼育環境などを確認し、病気予防など健康管理も万全なところを選ぶことだ。
・ブリーダー
 子犬の健康に気遣い愛情をもって接しているのはもちろん、食事とトイレの場所が区別された清潔な環境であり、親犬や兄弟犬、さまざまな人間とも接触する機会が多いところを選ぼう。さらに、親犬の性格が良く病気予防など健康管理も万全なところがおすすめである。なかには劣悪な環境で飼育する営利目的で大量生産タイプのブリーダーもいるので注意しよう。
・動物愛護施設
 施設によっては、スタッフがあなたのライフスタイルや生活環境に合う犬をアドバイスしてくれる。譲渡には、去勢・避妊やしつけ講習会参加などの条件がある場合が多くなっている。犬によっては精神的に不安定な場合や保護生活が長いと新しい環境に慣れにくい面などもあるので注意しよう。
・里親募集
 個人レベルのやりとりが中心になるので、譲渡条件などのトラブルのないように確認を。提示されている内容だけでなく、実際の子犬を見て、飼育環境や飼育状態など納得できるかどうか判断しよう。
posted by IT難民 at 09:26| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

犬に出会う方法

 犬の入手には、ペットショップやブリーダーから購入する、一般家庭で生まれた子犬を譲り受ける、動物保護施設から引き取るなどの方法がある。
 純血種の子犬を入手するなら、信頼のおけるプロのブリーダーから購入し、親兄弟の犬たちと触れ合いの時間をたっぷり持たせ、生後8週間(約2ヵ月)ぐらいの時期に引き取るのがおすすめである。しかし、なかには犬を命ではなくモノとして扱う悪質な業者がいるのも事実。衝動買いをせずにじっくり調べて、実際に足を運んで決めよう。
posted by IT難民 at 07:16| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

犬を迎える心構え

 犬の寿命は犬種によってもさまざまだが、健康で安全な環境だと比較的長く家族として暮らせる動物である。犬を飼うということは、その犬の面倒を一生みるということ。食事はもちろん、散歩や排泄の処理、しつけ、安全管理、病気の予防などすべてが命を預かる飼主の責任だ。
 5年後、10年後の散歩などの生活シーンを想像してみることだい。犬と暮らす毎日はとても素敵なものだが、犬を理解せずに飼いはじめると悲劇がおこる場合がある。飼う前にきちんと情報を集めて検討しておくことである。
・犬を飼えなくなる主なケース
  転勤の際の引越し先がペット禁止の場合
・家族にアレルギーが出た場合
しつけが悪く近所から苦情がきたが対処できない場合
 飼主が犬をコントロールできずに人を攻撃した場合
家族の介護や赤ちゃんの世話のため、犬の散歩など面倒がみれない場合
  飼主が病気や怪我になり、犬の散歩や世話ができない場合
posted by IT難民 at 06:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を迎える心構え

 犬の寿命は犬種によってもさまざまだが、健康で安全な環境だと比較的長く家族として暮らせる動物である。犬を飼うということは、その犬の面倒を一生みるということ。食事はもちろん、散歩や排泄の処理、しつけ、安全管理、病気の予防などすべてが命を預かる飼主の責任だ。
 5年後、10年後の散歩などの生活シーンを想像してみることだい。犬と暮らす毎日はとても素敵なものだが、犬を理解せずに飼いはじめると悲劇がおこる場合がある。飼う前にきちんと情報を集めて検討しておくことである。
・犬を飼えなくなる主なケース
  転勤の際の引越し先がペット禁止の場合
・家族にアレルギーが出た場合
しつけが悪く近所から苦情がきたが対処できない場合
 飼主が犬をコントロールできずに人を攻撃した場合
家族の介護や赤ちゃんの世話のため、犬の散歩など面倒がみれない場合
  飼主が病気や怪我になり、犬の散歩や世話ができない場合
posted by IT難民 at 06:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

室内飼い?それとも外飼い?

犬は飼主家族とともにいるのが自然である。もともと犬は群れのなかで暮らす動物なので、室内犬や外飼い向きの犬種というのはなく、皆、飼主家族と一緒にいることが最も自然な状態である。犬は、飼主家族と同じ屋根の下に住み、いっしょに外出することを望んでいると考えることだ。
それに人間と同じように、犬にも安心して眠れる場所が必要。外だと夜中に見知らぬ人が通ったり、不審な物音がする度に緊張する。 実際、屋外で長時間繋がれて生活する犬は、寂しさや不安、退屈、運動不足からよく吠え、モノを壊し、攻撃的になりやすい傾向がある。
 さらに室内で暮らす犬のほうが家族と接する時間が多くなるので、コミュニケーションがとりやすく、しつけもうまくいき、体調の変化にも早く気がつくはず。結果的に、室内飼いのほうが犬との生活から得られる楽しみも大きくなるのではないか。
posted by IT難民 at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

狂犬病予防法

 日本には昭和25年以降、狂犬病予防法という法律があり、飼い犬に年に一度の予防接種を義務付けている。
・犬の登録申請、変更事項の届出、鑑札の着用を怠った場合は、20万円以下の罰金。
・犬の狂犬病予防接種、注射済票を付けない場合は、20万円以下の罰金。
・狂犬病に罹った犬、罹った疑いのある犬、もしくはこれらの犬等に噛まれた犬の所在を保健所に届けなかった場合や隔離しなかった場合は、30万円以下の罰金。
・狂犬病に関する義務を放棄し、予防員の指示に従わなかった場合は20万円以下の罰金。
・狂犬病発生に伴う、けい留命令、殺害禁止、死体引渡し、検診及び予防注射、犬の移動制限、交通の遮断又は制限、集合施設の禁止に違反した場合は、20万円以下の罰金。
 現在、日本では狂犬病の発生はないが、世界にはまだ、狂犬病の脅威にさらされている国々が数多く残っている。
 犬、人間ともに致死率の高い病気だけに、その予防については法でかなり厳しく義務付けられている。
posted by IT難民 at 06:09| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

動物愛護管理法が定める違反と罰則

 動物愛護管理法は愛護動物を保護するため、人間に対してさまざまな義務と罰則を制定している。どんな内容なのか、抽出してみよう。
 愛護動物をみだりに殺傷したり、傷つけた場合、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、みだりに給餌、給水をやめることで愛護動物を衰弱させた場合は、100万円以下の罰金、愛護動物を遺棄した場合は100万円以下の罰金、多頭飼いで周辺の生活環境を損ない、都道府県知事の改善命令に違反した場合は50万円以下の罰金、特定動物を不正な手段によって入手した場合、許可なく飼育・保管した場合、都道府県の知事の許可を得ずに特定動物の飼養または保管に関する事項を変更した場合などは、6ヵ月以下の懲役または100万円以下の罰金、特定動物(*)の飼養又は保管に関する事項に変更があった日から30日以内に、都道府県知事に届出をしなかった場合、6ヵ月以下の懲役または100万円以下の罰金。
*特定動物とは…人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物として政令が定めるワニ、タカ、マムシなどの動物。特定動物の飼養または保管を行う場合は、設備やその他の基準をクリアし、個体ごとに、飼養区域の都道府県知事の許可を受ける必要がある。
posted by IT難民 at 07:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物は法律上「モノ」なの?

 ペットや動物に関する事件が頻繁に報じられている。業者による犬の大量遺棄事件、ボウガンの矢が突き刺さったコハクチョウが死んだ事件、高校の教師が生徒に指示をして子猫を生き埋めにした事件……。記憶に新しいところだけでも、これだけある。
 こういう事件が起きると、しばしば、法律上の動物の位置づけが枕詞のように語られる。
 「動物は(ペットは)法律上『モノ』だから……」
 そして、だからこうした問題が起きるのだ、なくならないのだ――というようにネガティブな方向に話が展開することが多いように感じられる。
 しかし本当にそうなのか。法律上「モノ」でなくなれば、こうした悲しい事件はなくなるのか。
 確かに、誰にもなじみ深い法律である「民法」では、動物は有体物として「動産」に含まれている。また、他人が所有する動物を故意に殺傷すれば、「刑法」の「器物損壊罪」に問われることになる。
 だからといって法律は、動物を椅子やテーブルなどの「モノ」と同一の扱いをしているわけではない。動物には命や感受性があるのだから。
 動物愛護法では、動物は「命あるものである」と記されている。自分の所有する「モノ」をわざと壊しても「もったいない!」と怒られるくらいで済むが、ペットである犬や猫を理由もなく殺傷すれば、「愛護動物殺傷罪」として刑事責任を問われることになる。
 また器物損壊罪についても、その条文では「他人の物を損壊し、又は傷害した」と定めている。後半の「傷害した」は動物を傷つける行為を想定しており、動物と「モノ」とを明確に区別している。
 法律の条文だけではなく、裁判所でも、動物は「モノ」とは違うと考えられている。損害賠償の一般的な考え方として、「モノ」が壊されたときはその物の価値を賠償すれば足り、原則として慰謝料などの請求は認められない。
 例えば、交通事故の被害に遭い、あなたの愛車が大破してスクラップになってしまったとしよう。この場合、同一車種、同一年式の車の中古車相場を調べ、その相場程度の金額しか賠償されない。「愛車と別れさせられた」ことによる慰謝料は認められない。
 これに対して、「家族の一員であった愛犬」が車にひかれてしまった場合、裁判では、愛犬の命を突然奪われてしまった飼主の精神的苦痛に対する慰謝料が認められているのだ。
 そろそろ「動物は法律上『モノ』である」という言い方はやめるべきではないか。
 「法律では命あるものとされている」
 という枕詞が当たり前のように使われる世の中になってほしい。
 将来的にはドイツのように、民法に「動物は物ではない」と明記され、憲法に「動物の保護」がうたわれるようになるといいかもしれない。ただ、一足飛びで到達できるものでは決してない。また、法律や憲法にこうしたことが明記されることで、ただちに動物をとりまく状況がバラ色になるわけでもないのだが…。
 いつの時代でも、動物が適切に取り扱われるように関係者が努力を重ねること、動物や他者にやさしい社会をつくることが大切ではないか。
posted by IT難民 at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする